どこよりもWiFi 評判

ページ目次

どこよりもWiFi|特徴について

どこよりもWiFi
どこよりもWiFi おすすめ3ポイント

どこよりもWiFiは2021年4月20日より、新料金プラン「どこよりもピタッとプラン」発表されました。

従来のプランは廃止され「スタンダード 100GB」「プレミム 200GB」の2プランへリニューアルされました。

月額料金は業界初の「段階定額制」になり、使った分だけの支払いでより無駄なく使えます。

  • スタンダード 100GB:最大月額3,400円
  • プレミアム 200GB:最大月額4,400円

2プランともに業界最安値で、従来のプランより「安く・無駄なく・効率的」に利用できます。

回線は安定のdocomo 4GLTEを採用し、広域エリアで使える高速ポケットWiFになっています。

このページでは、どこよりもWiFiの料金やメリット・デメリットをくわしく解説しています。

どこよりもWiFi|キャンペーン

現在、どこよりもWiFiの開催中キャンペーンはありません。

Left Caption
このページで「どこよりもWiFi」がわかります!

≫ どこよりもWiFi|公式サイトへ

どこよりもWiFi|料金プラン

どこよりもWiFi 料金プラン

どこよりもWiFiは、2年契約の「2年割」と、契約期間なしの「通常料金」があります。

月額料金は、使った分だけを支払う「段階定額制」になっています。

データ容量は「100GB、200GB」から選ぶことができます。

ピタッとプラン|スタンダード・プレミアム

スタンダードは「最大100GB」まで、プレミアムは「最大200GB」まで利用できます。

データ使用量が5GBなら「月額料金 900円」、50GBなら「月額料金 2,900円」といったようになります。

ピタッとプラン 2年割
スタンダード  プレミアム
月間容量 最大100GB 最大200GB
0~5GB 900円
5~20GB 1,900円
20~50GB 2,900円
50~100GB 3,400円
100~150GB —– 3,900円
150~200GB —– 4,400円
契約期間 2年(自動更新)
解約違約金 10,450円
ピタッとプラン 通常料金
スタンダード  プレミアム
月間容量 最大100GB 最大200GB
0~5GB 1,400円
5~20GB 2,400円
20~50GB 3,400円
50~100GB 3,900円
100~150GB —– 4,400円
150~200GB —– 4,900円
契約期間 なし
解約違約金 0円
プラン共通事項
事務手数料 3,300円(初期費用)
初回月 日割り
端末代金 レンタル無料
端末補償 月額440円(オプション)
端末発送 翌日発送(土日祝を除く)
使用回線 docomo 4GLTE
海外利用 不可
支払方法 クレジットカード
初期契約解除制度 8日間(クリーングオフ)

いずれのプランも、契約容量を超えると速度制限になりますが、低速(128Kbps)でネット接続可能になっています。

機器補償サービス|月額440円

機器補償サービス(月額440円)は、端末故障時に無料で交換してくれるオプションサービスです。

端末が壊れたり故障すると「新品または中古品」と交換してくれます。

盗難、紛失、経年劣化は、補償対象外になっています。

加入条件

  • 契約時のみ申し込み可能
  • 途中加入は不可
ポイント

機器補償サービスに未加入の場合、端末の修理・交換費用は19,800円になります。

≫ どこよりもWiFi|公式サイトへ

どこよりもWiFi|端末スペック

どこよりもWiFiの採用端末は「JT101」の1機種です。

モバイルルーター|JT101

JT101は、現在流行りのクラウドSIMではなく「物理SIM」を、挿す従来の端末になっています。

実績も十分なモバイルルーターで、軽量コンパクト(クレジットカードサイズ)で持ち運びにも便利です。

JT101

JT101 仕様
サイズ 58 x 92 x 厚さ13mm
重さ 90g
液晶サイズ 1.44インチ
同時接続台数 10台
下りスピード 最大 150Mbps
上りスピード 最大 50Mbps
連続使用可能時間 8時間
インターフェイス Micro USB 2.0
メモリー Nand 1GB + DDR 1GB
WiFi規格 2.4GHz IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 2,700mAh
SIMサイズ 標準SIM

≫ どこよりもWiFi|公式サイトへ

どこよりもWiFi|メリットは6つ

はじめに、どこよりもWiFiの特徴とメリットを見ていきましょう。

使った分だけ支払う段階定額制

どこよりもWiFiは、使った分だけ支払う「段階定額制」です。

使った分だけ支払うので「効率的」に利用でき、無駄なランニングコストが抑えれます。

  • 0~5GB:900円
  • 5~20GB:1,900円
  • 20~50GB:2,900円
  • 50~100GB:3,400円 ←スタンダードここまで
  • 100~150GB:3,900円
  • 150~200GB:4,400円 ←プレミアムここまで

スタンダード(100GB)は「4段階」、プラミアム(200GB)は「6段階」の料金設定になっています。

20GBまでしか使わなければ「月額1,900円」で、50GBであれば「月額2,900円」の支払いです。

この料金体系は、ポケットWiFiの中でも格安になっています。

例えば、プレミアム(200GB)と契約しても、5GB以内であれば「月額900円」の支払いで済みます。

100GB・200GBプランは業界最安値

どこよりもWiFiは、大容量プラン「100GB・200GB」では業界最安値になっています。

ピタッとプラン

  • 100GB:月額3,400円
  • 200GB:月額4,400円

とくに「200GB」他社WiFiに比べ圧倒的な安さになっています。

同様なサービス「GMO ギガゴリWiFiワールド」と比較すると一目瞭然です。

どこよりもWiFi ギガゴリWiFi
100GB 3,400円 3,917円
200GB 4,400円 6,050円
違約金 10,450円 17,600円~
契約期間 2年 2年

契約容量までWiFi使い放題

どこよりもWiFiは「月間100GB・200GB」の大容量データ通信ができます。

他社のような「1日3GB・3日10GB」と、言った制限がなく契約容量まで高速通信ができます。

このように、データ使用量が「100GB・200GB」と、わかりやすいので安心です。

100GBでできること

100GBで、どれくらいのネットサービスが使えかは目安表をご覧ください。

200GBであればこの2倍を利用できます。

100GBの目安
YouTube(標準画質) 410時間
YouTube(高画質) 150時間
Netflix(標準画質) 330時間
Netflix(高画質) 40時間
TVer(低画質) 500時間
サイト閲覧 333,000ページ
LINE(音声通話) 3,400時間
LINE(ビデオ通話) 660時間
Skype(音声通話) 2,900時間
Google Map 140,000回
参考サイト:hi-hoDMM mobile

以上のように、You Tube、動画配信サービス(VOD)も十分に楽しめます。

相当なヘービーユーザーでない限り、ギガ不足といった心配はありません。

契約縛りあり・なしからも選べる

どこよりもWiFiは、契約縛りの「あり・なし」からも選ぶことができます。

ピタッとプラン 2年割

2年契約縛りで月額料金は業界最安値で利用できます。

  • 初期費用:3,000円
  • 違約金:10,450円
  • 契約期間:2年
  • 自動更新:2年
  • プラン:100GB、200GB

ピタッとプラン 通常料金

契約縛りがなくいつでも解約できますが「2年割」より割高になります。

  • 初期費用:0円
  • 違約金:0円
  • 契約期間:なし
  • 自動更新:なし
  • プラン:100GB、200GB
ポイント

通常料金は、月額料金は割高になりますが「短期契約」や「5Gが本格化したら乗り換える」といった人にはおすすめです。

安定のdocomo LTE Xi回線

どこよりもWiFiは、docomoの4G LTE「クロッシィ」回線を採用しています。

docomo Xiのサービスエリアは、人口カバー率99%で4キャリア中で最大です。

NTTドコモの電波は非常に安定しており、通信品質ではdocomoが他社をリードしています。

他社では繋がりにくい、山間部や田舎でも電波が通りやすく、広域エリアで利用できるのも強みです。

端末は無料レンタル&翌日発送

どこよりもWiFiは、端末が無料レンタルされますので端末費用はかかりません。

送れてくる端末は、新品または新品状態の物です。

ただ、レンタル端末になりますので解約時は返却の必要があります。

端末は翌日発送

申込み完了後の翌日発送で、佐川急便にて送料無料で送られきます。

土日祝の、発送業務は休みです。

Left Caption
以上が、どこよりもWiFiのメリットと特徴でした。

≫ どこよりもWiFi|公式サイトへ

どこよりもWiFi|デメリットは4つ

つづいて、どこよりもWiFiのデメリットや注意点を見ていきましょう。

端末を壊すと弁済費用が高い

機器補償サービスに未加入で、端末を壊した場合、端末弁済費用は19,800円と高額です。

他社の弁済費用と比べ、高い訳ではありませんが「JT101」の実売価格は10,000円前後です。

せめて10,000円前後にしてほしいものです。

海外でWiFiが利用できない

どこよりもWiFiは、新プランになってから海外WiFiが利用できなくなりました。

前プラン迄は、海外でもそのままWiFiが利用できる便利な1面もありました。

原因は、クラウドSIMからdocomo SIMに変わったことによるものです。

これにより、国内専用WiFiになりましたので海外では利用できません。

プラン変更はできない

どこよりもWiFiは「100GB」と「200GB」のプランが用意されています。

しかし契約途中での、プラン変更は一切できません。

変更する場合は、一度解約してからの再契約になります。

100GB前後を利用する人は、余裕を見て200GBを選んでおくと安心です。

口座振替には未対応

どこよりもWiFiは、口座振替には対応していません。

支払い方法は、個人・法人問わずクレジットカードのみです。

このように、口座振替やデビットカード・プリペイドカードでの支払いはできません。

なお、クレジットカード不要のプリペイドSIM「どこもよりもプリペイド」があり、支払い方法は「振込み・後払い・代引き」も可能です。

Left Caption
以上が、どこよりもWiFiのデメリットや注意点でした。

≫ どこよりもWiFi|公式サイトへ

どこよりもWiFi|評判・口コミ

それでは、どこよりもWiFiのTwitterでの評判を見ていきましょう。

どこよりもWiFi遅い

どこよりもWiFiが遅いという口コミです。

この方の言うように0.02Mbpsでは使いものになりません、端末再起動すると復活する場合があります。

下り速度は26Mbpsで使える

この方は、USENの速度測定で、下り26.24Mbps・上り10.66Mbpsのスピードが出ているのがわかります。

通信速度は安定しているようです。

Ymobileより速い

この方は、同じ場所で速度測定し「Ymobile」より「どこよりもWiFi」の方が速かったようです。

40.47Mbpsの高速通信であれば、かなり快適です。

無制限終了で乗り換える

この方は、大炎上した「どんなときWiFi」から乗り換えられたようです。

ポケットWiFi各社で「無制限プラン」は廃止の方向になっています。

どこよりもWiFiと契約する

この方は、海上でも使われるようで、自宅での速度(18~30Mbps)は安定しているようです。

Twitter口コミ:まとめ

口コミからも「どこよりもWiFi」の通信速度が、だいたい安定しているのがわかります。

ポケットWiFiの中でも、高速系なのは間違いないようです。

ただ、速度が出ないとの口コミもあり利用環境によって遅い場合があるようです。

≫ どこよりもWiFi|公式サイトへ

どこよりもWiFi|通信速度レビュー

どこよりもWiFi 速度レビュー

それでは、どこよりもWiFiの通信環境を見ていきましょう。

ポケットWiFiを選ぶ際に、価格と通信スピードは重要なポイントになります。

そこで、通信スピードを計測してみました。

WiFi選びで大切なのは実際の速度です。

どこよりもWiFi|実際の通信速度

以下は、端末「JT101」でのスピードテストになります。

テストでは、時間帯によってバラつきもありますが、下り速度「39.28~44.14Mbps」を計測し「星4つ半」の評価です。

なお、動画配信サービス(Netflix、Hulu、U-NEXT等)やYouTubeをスムーズに視聴するには「15Mbp以上」のスピードが必要です。

① 下り:43.53Mbps 上り:1.31Mbps|docomo

43.53Mbps 計測

② 下り:34.94Mbps 上り:1.63Mbps|docomo

34.94Mbps 計測

③ 下り:44.14Mbps 上り:1.52Mbps|docomo

44.14Mbps 計測

④ 下り:44.12Mbps 上り:1.75Mbps|docomo

44.12Mbps 計測

⑤ 下り:39.28Mbps 上り:1.65Mbps|docomo

39.28Mbps 計測

ポイント

docomo回線は、回線が混み合う夜間においても、安定的に「34Mbps以上」を計測しました。

ポケットWiFiとしては、かなりの高速通信で問題なく使え、インターネットはもちろん、動画系サービスも軽快に視聴できます。

これ以上の速度が必要な場合は、固定光回線を引くことを検討しましょう。

通信速度の目安

通信速度の目安になり、下り速度「10Mbps」以上であれば特に問題なく使えます。

下り通信速度|快適度の目安
30Mbps~ 全てのサービスをストレスフリーで利用できる。
15~30Mbps 動画・ネットゲームも快適に楽しめる。
8~15Mbps 快適だが動画サービスによっては満足できない。
1~8Mbps LINE・SNS・ネット閲覧は問題なくできる。
~1Mbps 動画視聴は困難だがメールはできる。

上り速度については、普段あまり使わないで説明は省いていますが、主にSNSに動画や画像をアップする時に利用します。

そのため、上り速度は「1Mbps」も出ていれば十分と言えます。

≫ どこよりもWiFi|公式サイトへ

どこよりもWiFi|他社との比較

どこよりもWiFiを他社WiFiと比較してみました。

どこよりもWiFiとMugen WiFiを比較

どこよりもWiFiとMugen WiFiを比較してみましょう。

有利な点は赤色表示にしています。

どこよりもWiFi Mugen WiFi
月間容量 100GB  100GB
月額料金 最大3,400円 3,781円
(実質3,438円)
キャッシュバック なし 10,000円
契約期間 2年 2年
解約違約金 10,450円 9,000円
端末 レンタル無料 買取型・実質無料
回線 docomo 3大キャリア
海外利用 不可 OK
クーリングオフ 8日間 30日間

月額料金は「どこよりもWiFi」の方が安く、段階定額制なのでコスパがよいです。

ただ、料金以外は「Mugen WiFi」の方が条件がよく、回線は3大キャリア(docomo・au・SoftBank)が利用できます。

結論

料金重視なら「どこよりもWiFi」が圧倒的におすすめです。

端末スペックや利用回線を重視なら「Mugen WiFi」がおすすめです。

どこよりもWiFi|解約方法について

どこよりもWiFiの解約方法や更新について見ていきましょう。

更新

ピタッとプラン 2年割は、2年毎の自動更新で解約申請がない限りそのまま更新されます。

解約

解約する際は、専用の解約フォームから手続きできます。

ピタッとプラン 2年割

当月25日までに解約申請すると、当月末での解約になります。

26日以降に解約申請すると、翌月末での解約になります。

端末返却は当月末迄になります。

例:3月15日に申請 → 3月末で解約 → 3月末迄に端末返却

ピタッとプラン 通常料金

解約申請した月の、翌月末に解約になります。

端末返却は解約月の翌月5日迄になります。

例:5月15日に申請 → 6月末で解約 → 7月5日迄に端末返却

端末返却

端末本体を含む下記4点を返却ください。

  • 端末本体(SIMカード込)
  • 充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • 外箱

未返却の場合、弁済費用19,800円が発生しますので注意が必要です。

どこよりもWiFi|解約違約金

契約期間2年の「ピタッとプラン 2年割」は、途中解約する場合は以下の違約金が発生します。

違約金0円で解約できるのは、更新月の25ヶ月目になります。

ピタッとプラン 2年割|違約金
0~24ヶ月 10,450円
更新月(25ヶ月目) 0円
26ヶ月以降 10,450円
契約が「」なら、
更新月は「

解約違約金の10,450円は、他社WiFiと同程度の金額になっています。

≫ どこよりもWiFi|公式サイトへ

どこよりもWiFi|気になる点や良くある質問

どこよりもWiFiの気になる点やよくある質問についてです。

機器補償サービスは加入すべき?

どこよりもWiFi「機器補償サービス」は、月額440円で端末が故障・破損時に無料で交換してくれるサービスです。

月額440円なので、1年間に5,280円を支払うことになります。

料金の月額400円は他社と比べても安い方ですが、補償条件が他社より劣っています。

他社では「盗難・紛失」も補償している所もありますが、どこよりもWiFiは故障しか補償しておらず加入してもあまりメリットがありません。

また、端末は普段使いでは簡単には壊れるものではありません。

そのため、端末を大切に扱う人は不要なオプションですが、端末をよく落として壊したことのある人は加入しておくと安心といえます。

ポイント

どこよりもWiFiは、端末の初期不良は無償で交換してくれます。

法人契約はできますか?

どこよりもWiFiは「法人割」があり、以下の3プランが用意され、通常価格より割引されます。

  • 200GBプラン
  • 100GBプラン
  • 20GBプラン

検討中の担当者さまは「お問い合わせ」フォームより、以下の4事項を記載のうえ送信ください。

  • 会社名
  • 希望プラン
  • 台数
  • 補償加入

折り返し、見積書が送れてきます。

速度制限はありますか?

どこよりもWiFi「ピタッとプラン」は、1日7GBを超えると速度制限になります。

制限後の速度は「128Kbps」になり、メールやSNSはできますが、ネットや動画は使いものになりません。

ただ、制限は超過日の翌日だけなので、一般的なWiFiのように月末まで規制されることはありません。

1日7GBを超えた翌日に制限され、その後リセットされ通常通り高速通信できます。

通信エリア確認したい?

どこよりもWiFiは「docomo LTE」サービスエリア内で利用できます。

docomoには「電波のお困りごと窓口」があり、「電波を改善してほしいエリアがある」、「利用可能エリアか知りたい」といった場合、問合せることができメールで回答がもらえます。

データ使用量の確認できますか?

どこよりもWiFiのデータ使用量を確認する方法は以下の手順です。

U2s・U3端末の場合

アドレスバーに「192.168.43.1」と入力すると管理画面になります。

IDとPASSは「admin」と入力してください。

ログイン後、管理画面でデータ使用量が確認できます。

JT101端末の場合

端末画面で確認できます。通信カウンターは毎月リセットが必要です。

M629端末の場合

端末画面で確認できます。

端末発送日の指定したい?

どこよりもWiFiは、端末発送日を申し込み時に指定できます。

申し込み日から1ヶ月以内であれば可能です。

乗換えや新規契約で、使用予定日に合わせることで、無駄な出費を抑えることができます。

申し込み時に「発送希望日」を入力するだけです。

初期契約解除(クーリングオフ)はできますか?

どこよりもWiFiは、端末到着日より8日以内であれば、無料でクーリングオフができます。

  • 電波状態が悪い
  • 速度が異常に遅い
  • 契約内容と違った

こうのようの場合は「お問い合わせ」フォームより「初期契約解除」の旨をお伝え下さい。

その後、案内に従って「20日以内」に、端末一式をもれなく返却してください。

WiFiは、実際に使ってみないと電波状況はわかりませんので、届いて「ダメ」と思ったら直ぐに連絡しましょう。

どこよりもWiFi|運営会社

サービス名:どこよりもWiFi
運営会社:株式会社Wiz
設立:2012年4月
所在地:〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-25-15 South新大塚ビル12F
電話番号:03-4346-0708
資本金:60,000,000円
ホームページ:https://012grp.co.jp/

メモ

どこよりもWiFiの運営会社は「株式会社Wiz」は、ポケットWiFi事業者の中では規模は大きい方になります。

どこよりもWiFi|まとめ

どこよりもWiFiのピタッとプランは「100GB・200GB」の大容量WiFiで業界最安値です。

  • スタンダード(100GB):月額3,400円
  • スタンダード(200GB):月額4,400円

安いうえに、料金は段階定額制で「使った分だけを支払う」ので効率的にWiFiを利用できます。

契約形態も、縛りありの「2年割」、縛りなしの「通常料金」から選べ、自分にあったプラン選びができます。

通信環境は、速度検証結果でも他社WiFiより速いのは一目瞭然で「docomo LTE回線」の優位性がわかりました。

くわえてサービス開始以来、通信トラブルを起こしていないのも安心材料です。

どこよりもWiFiには、デメリットもありますが、それを補うメリットが多数あり、選んでも間違いのないポケットWiFiです。

どこよりもWiFi|公式サイトへ

8日以内ならクーリングオフOK