LINEMO 評判

LINEMO

LINEMOはソフトバンクが運営する、2021年3月サービス開始の新しいMVNOブランドです。

3GBのミニプランは月額990円、20GBのスマホプランは月額2,728円で、それぞれデータ通信・音声通話・SMSが利用できます。

回線は、自社のソフトバンク4G・5Gを利用し、格安SIMとは思えない高速通信が可能になっています。

eSIMにも対応でデュアルSIMでの運用可能になっており、新規はもちろんもう1つの電話番号を持つこができます。

最大の特徴は、LINEギガーフリーによりLINEアプリのデータ量がカウントされず、LINEが無制限使い放題になることです。

このページでは、LINEMOの実測値やメリット・デメリットなどのサービス全般を解説しています。

3つのおすすめポイント!

LINEアプリがデータ量無制限で利用できる

格安SIMだけどソフトバンク5G回線が使える

スマホプランはPayPay10,000円分がプレゼント

ページ目次

LINEMOのキャンペーン情報

LINEMOは、現在お得なキャンペーンを開催しています。

検討中の方は、今LINEMOに申込むと2つのキャンペーンによりお得に契約するこができます。

キャンペーン内容は以下の通りです。

PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン

LINEMO PayPayボーナス

LINEMOは、「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」を開催しています。

キャンペーンにより、スマホプラン・ミニプランのどちらもPayPayボーナスがもらえます。

  • スマホプラン:PayPayボーナス10,000円相当
  • ミニプラン:PayPayボーナス3,000円相当

新規加入や他社から乗換えで、LINEMOへ申込むとキャンペーンが適用になります。

キャンペーン期間:2021月6月5日~終了日未定

ただし、ソフトバンク・ワイモバイルからの乗換えはキャンペーン対象外です。

通話オプション割引キャンペーン

LINEMO 通話オプション割引キャンペーン

LINEMOは、通話料金が割引になる「通話オプション割引キャンペーン」を開催しています。

☑ 国内通話5分以内かけ放題オプションの「通話準定額」月額550円が1年間無料になる。

☑ 国内通話かけ放題オプションの「通話定額」月額1,650円が1年間1,100円割引になる。

以上のように、通話準定額と通話定額の2つある通話オプションが割引になります。

キャンペーン期間:2021月3月17日~終了日未定

LINEMOのキャンペーンに申込む

LINEMOの料金プランと概要

LINEMOの料金プランやオプションの基本情報になります。

2つのプランがあり、3GBのミニプランと20GBのスマホプランから選ぶことができます。

LINEMO プラン内容
ミニプラン スマホプラン
月間データ量 3GB 20GB
月額基本料金 990円 2,728円
通話料金 22円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字
契約事務手数料 0円
契約解除料 0円
開始月料金 日割り
最低利用期間 なし
SIMカード マルチSIMカード
eSIM 対応
利用回線 ソフトバンク 4G、5G
テザリング 利用可・無料
支払い方法 クレジットカード
口座振替
LINEMO オプション
国内通話5分以内
かけ放題オプション
月額:550円
国内通話
かけ放題オプション
月額:1,650円
データチャージ 1GB:550円

≫ LINEMO|公式サイトへ

LINEMOのメリットは7つ

それでは、LINEMOの特徴やメリットを見ていきましょう。

今から、7つのメリットをそれぞれ解説していきます。

ミニプランは格安の月額990円

LINEMOミニプランは、3GBを月額990円の格安で利用できます。

ミニプランを、代表的な格安SIMと月額料金の比較してみました。

月額料金 データ容量
LINEMO 990円 3GB
mineo 1,158円 3GB
UQ mobile 1,628円 3GB
ワイモバイル 2,178円 3GB

このように、他社と比較するとLINEMOが圧倒的に安いことが分かります。

また、料金が安いだけではなく、3GBを使い切っても300kbpsで利用可能になっています。

ソフトバンク回線で速度が速い

LINEMOは、自社のソフトバンク回線使っています。

一般的な格安SIMとは違い、キャリア回線そのまま使えますので、回線が混雑しにくく快適な速度で使えます。

これにより、圧倒的に通信速度が速く、高品質な通信網が利用できます。

5Gにも対応していますので、5Gエリア内であればさらに高速通信が可能になります。

eSIMに対応している

LINEMOも、eSIMに対応してます。

eSIMとは、スマホにSIMカードを挿す必要がなく、スマホ本体に内蔵された一体型のSIMです。

これにより、物理SIMをスマホに挿して、eSIMを組み合わせればデュアルSIMでの運用が可能です。

デュアルSIMであれば電話番号を2つ持つこができ、1つは仕事用、もう1つはプライベート用といったように、メインSIM・サブSIMとして使い分けることもできます。

なお、eSIMを利用するには、eSIM対応機種を必要になりますので、契約前にお手持ちのスマホを確認しましょう。

テザリンが無料で利用できる

LINEMOは、テザリングが無料で利用できます。

テザリングより、パソコンやタブレットでもWiFiが利用できるのがメリットになります。

月額2,728円のスマホプランなら、月間20GB使えますので、テザリングによりパソコンでも相応の事ができます。

このように、LINEMOもあらかじめテザリング機能が、契約に含まれていますので手続き不要で利用できます。

最低利用期間なしで解約自由

LINEMOは最低利用期間がなく、いつでも契約解除料0円で解約ができます。

大手キャリアのような、年単位の契約縛りや高額な違約金がありませんので、解約をためらうことがありません。

LINEMOより、条件のよい格安SIMがあればスグに乗り換えることができます。

このように、解約ハードルが低いので、お試し感覚や気軽に契約できるメリットがあります。

LINEギガフリーでLINE使い放題

LINEMOは「LINEギガフリー」により、LINEアプリのデータ量はカウントされません。

これにより、LINEアプリでのトーク、音声通話、ビデオ通話を無制限で高速通信ができます。

LINEをどれだけ使っても、データ量が減りませんので大幅なデータ節約なること間違いなしです。

さらに、ミニプラン3GB、スマホプラン20GBを使い切っても、LINEアプリだけは速度が落ちません。

5分以内かけ放題が1年間無料

LINEMOは、国内5分以内かけ放題オプションが1年間無料で利用できます。

通話オプションは2つがあり、キャンペーンにより以下の料金になっています。

LINEMO 通話オプション
国内通話5分以内
かけ放題オプション
「通話準定額」
月額:550円
月額:0円
国内通話
かけ放題オプション
「通話定額」
月額:1,650円 
月額:1,100円

このように、通話準定額なら1年間無料で、通話定額なら1年間月額1,100円で、通話オプションが1年間お得に利用できます。

≫ LINEMO|公式サイトへ

LINEMOのデメリットは4つ

つづいて、LINEMOのデメリットや注意点を見ていきましょう。

メリットの多いLINEMOですが、デメリットもありますのでそれぞれ解説していきます。

キャリアメールは使えない

LINEMOはソフトバンクのキャリメールは利用できません。

3大キャリアであれば、ソフトバンク「softbank.ne.jp」、docomo「docomo.ne.jp」、au「ezweb.ne.jp」のように、キャリアメールが提供されていました。

しかし、キャリアからLINEMOに乗換えた場合は、キャリアメールが使用できなくなります。

様々なサービス(Facebook、Instagram、Twitter、Tik Tok)等にキャリアメールで登録している場合、事前にメールアドレスを変更しておく必要があります。

利用できなくなる事を後から気付いても、時すでに遅いので覚えておきましょう。

留守番電話と転送電話はできない

LINEMOは、留守番電話と転送電話は利用できません。

これまで、留守番電話サービスを使っていた場合は、大きなデメリットになるでしょう。

また、転送電話機能もありませんので、こちらも何かと使い勝手が悪くなります。

SIMフリー端末やSIMロック解除が必要

LINEMOは、今のところスマホのセット販売をしていません。

そのため、SIMフリースマホかSIMロック解除スマホを用意する必要があります。

SIMフリースマホを持っていればすぐに利用できますが、SIMロックの掛かったスマホはキャリアでロック解除する必要があります。

なお、ソフトバンク、ドコモ、auで購入した端末は、基本的にすべてSIMロックが掛かっています。

SIMロックは簡単な手続きで解除できますので、以下より手続きしてください。

SIMロック解除 専用サイト

サポートはチャットのみ

LINEMOは、オンライン契約専用になっています。

契約から解約まで、すべてオンライン上での手続きになり、対人でのやりとり一切できません。

サポートも同様で、分からないことやトラブルがあっても、チャットでの対応になります。

このように、すべてにおいてオンラインチャットでのやりとりになります。

≫ LINEMO|公式サイトへ

LINEMOがおすすめな人!

LINEMOをおすすはできるのは以下のような人です!

  • LINEヘビーユザーの人
  • 電話番号を2つ持ちたい人
  • 速度の速い格安SIMを使いたい人
  • 1,000円以下のスマホ持ちたい人
  • 解約時の違約金を0円にしたい人

いくつか当てはまる人は、LINEMOの契約を検討してみてはいかがでしょうか!

今からそれぞれについて説明していきます。

LINEヘビーユザーの人

LINEMOは、LINEギガフリーによりLINEのデータ量はノーカウントです。

そのため、LINEヘービーユーザーの人は、これほどお得に使える格安SIMはありません。

さらに、契約データ量を使い切っても、LINEだけは引続き高速通信ができます。

電話番号を2つ持ちたい人

LINEMOも、eSIMに対応していますので電話番号を2つ持つことができます。

今使っているSIMカードにeSIMを加えれば、デュアルSIMでの運用が可能です。

仕事用の電話番号、プライベート用の電話番号といった便利な使い方ができます。

ミニプランであれば月額990円なので、お小遣い感覚でもう1つの電話番号が持てます。

速度の速い格安SIMを使いたい人

格安SIMといえば、速度が遅いイメージがありますが、LINEMOであれば高速通信ができます。

いくら安いSIMでも、速度がでなければ使いものになりません。

LINEMOなら、ソフトバンクのキャリア回線を使いますので、速い回線を使い人には超おすすめです。

実際の速度は「LINEMOの速度検証」で確認できます。

1,000円以下のスマホ持ちたい人

LINEMOの3GBミニプランであれば、月額990円で1,000円を切ったスマホが持てます。

使っていないスマホがあれば、SIMだけ購入し月額990円のスマホが出来上がります。

また、契約手数料も0円なので、初期費用0円で格安スマホを持つことができます。

解約時の違約金を0円にしたい人

LINEMOは、解約時の違約金が0円です。

最低利用期間もないので、乗換えや不要になった場合はいつでも解約できます。

また、解約時のSIM返却も不要で解約時の手間も省けます。

≫ LINEMO|公式サイトへ

LINEMO・ahamo・Povoを比較

3大キャリアのサブブランドLINEMO・ahamo・Povoを比較してみました。

ちなみに、ahamo、Povo、LINEMOの順で、サブブランドが登場しました。

3社の料金比較

最初に3社の料金を比較してみましょう。

データ通信量 月額料金 音声通話
LINEMO
(ソフトバンク)
20GB
(スマホプラン)
2,728円 22円 / 30秒
ahamo
(ドコモ)
20GB 2,970円 22円 / 30秒
Povo
(au)
20GB 2,728円 22円 / 30秒

表のように、料金やデータ量は横一線なり価格面での大きな差はありません。

同じく、通話料金も横一線となっています。

3社のサービス比較

続いて、3社のキャンペーンやサービスを比較してみましょう。

現在キャンペーンを開催しているのは、LINEMOとahamoの2社になります。

キャンペーン キャリアメール LINEデータ量
LINEMO
(ソフトバンク)
PayPay
10,000円分
(スマホプラン)
利用不可 ノーカウント
ahamo
(ドコモ)
dポイント
7,000ポイント
利用不可 カウント
Povo
(au)
なし 利用不可 カウント

3社の中でLINEアプリが使い放題なのは、名前が示すようにLINEMOだけです。

LINEは、多くの人が利用するアプリなので、データ量がカウントされるのとノーカウントでは大きな違いになります。

余ったデータ量を他で利用できるメリットがあります。

キャリアメールは3社とも利用できませので、Gメールやヤフーメール等を使う必要があります。

LINEMOの口コミと評判

ここでは、LINEMOのTwitter上での評判や口コミを見ていきましょう。

LINEMO遅い?

この方のいう通り、下り7.06Mbpsは若干遅い感じがします。

ただ、この速度であればネットは問題なく利用できます。

LINEMOの審査は早い

LINEMOの審査は、基本的に誰でも通りますが簡単な審査があります。

この方のように、入力内容や提出書類に不備がなければすぐに申込み完了します。

ミニプランで速度制限になる

月間3GBのミニプランを利用している方です。

下り0.26Mbpsで、速度制限にかかると超遅いですね。

LINEMOは快調に速い

LINEMOは快調との口コミです。

下り90.39Mbpsもでると超快適でしょうね。素晴らしい速度です。

LINEMOは4Gでも速い

LINEMOは、ソフトバンクの4G・5G回線が使えます。

この方は4G回線で、下り96.3Mbpsの爆速です。

3GBミニプランでも余裕

この方は、ミニプランにプラン変更したのでしょうか?それとも乗換えでしょうか?

いずれにしても、3GBで余裕とのことです。

楽天とLINEMOのデュアルSIM

LINEMOのスマホプラン20GBと契約した方です。

楽天モバイルとLINEMOで、デュアルSIM運用をされているようです。

ポイント

LINEMOのTwitter上での評判は上々のようです。

とくに速度に関しては、ソフトバンク回線が使えるとあって、かなり高速通信している様子です。

格安SIMで、これだけの速度が出ているのは、あまり見たことがありません。

今のところ、料金も安く通信環境も抜群なのでLINEMOはおすすめできます。

≫ LINEMO|公式サイトへ

LINEMOの通信速度を検証

LINEMOの通信速度を検証しましたので参考にしてください。

通信速度ですが、パソコンで動画やVODを快適に視聴するには、下り15Mbps以上が必要です。

スマホであれば、下り10Mbps以上であらゆるネットサービスを快適に利用できます。

LINEMOの実際の速度は以下の通りです。

① 下り:40.86Mbps 上り:3.28Mbps|ソフトバンク

40.86Mbps 計測

② 下り:39.87Mbps 上り:3.68Mbps|ソフトバンク

39.87Mbps 計測

③ 下り:34.30Mbps 上り:3.82Mbps|ソフトバンク

34.30Mbps 計測

④ 下り:55.39Mbps 上り:2.46Mbps|ソフトバンク

55.39Mbps 計測

⑤ 下り:49.15Mbps 上り:3.37Mbps|ソフトバンク

49.15Mbps 計測

ポイント

LINEMOの通信速度は、キャリア回線なみの速度がでており、格安SIMな中でも上々の速さです。

平均通信速度は以下の通りです。

  • 下り平均:43.91Mbps
  • 上り平均:3.32Mbps

格安SIMは、速度が出ないという印象がありますが、ソフトバンクのメイン回線を使いますので、かなりの高速通信をしているのがわかります。

4G回線でも下り40Mbps以上でますので、5G回線あれば下り300Mbpsはでると思います。

先にもお話しましたが、LINEMOはソフトバンク5G回線も利用できます。

≫ LINEMO|公式サイトへ

LINEMOの初期設定(APN設定)方法

LINEMO、SIMカードの初期設定(APN設定)と開通手続きを紹介します。

AndroidとiPhoneの設定方法を、それぞれ解説していきます。

事前に用意するもの

LINEMOの開通や初期設定に必要な物は以下の通りです。

  • LINEMOのSIMカード
  • SIMロック解除端末、又はSIMフリー端末
  • SIMピン

SIMカードは、端末に合わせて事前に切り抜いおきましょう。SIMピンを持っていな場合はクリップや安全ピンで代用できます。

AndroidのAPN設定をする

Android端末のAPN設定は以下の通りです。

1、「設定」⇒「ネットワークとインターネット」⇒「モバイルネットワーク」⇒「詳細設定」⇒「アクセスポイント名」

2、右上の「+」をタップし、APN情報を入力します。

3、右上の「︙」をタップし保存します。

4、以上でAPN設定完了です。

APN情報
名前 LINEMO
APN plus.acs.jp
ユーザー名 lm
パスワード lm
MCC 440
MNC 20
認証タイプ CHAP
APNタイプ default,mms,supl,hipri

iPhoneのAPN設定をする

iPhone端末のAPN設定は以下の通りです。

1、「設定」⇒「一般」⇒「情報」

2、数秒待つと「キャリア設定アップデート」ポップアップ表示されるので「アップデート」をタップします。

3、画面左上のステータスバーに「LINEMO」と表示されます。

4、以上でAPN設定完了です。

LINEMOのよくある質問

ここでは、LINEMOに関する質問や知りたいことを解説しています。

LINEMOの解約方法は?

LINEMOの解約は、「My Menu」から解約手続きができます。

手続き方法は、以下の通りです。

  1. 電話番号とパスワードを入力しログインする
  2. 右上のメニューボタンをタップする
  3. 「回線の停止・解除」をタップする
  4. 案内に従って停止・解除手続きを行う

解約時のSIM返却は不要です。

プラン変更のタイミングは?

LINEMOもMy Menuからプラン変更ができます。

スマホプラン、ミニプラン間同士の変更は何度でも可能です。

プラン変更のタイミングは翌月1日で、月初から変更したプランでの利用ができます。

5G回線に対応していますか?

LINEMOは、ソフトバンクの4Gと5G回線のどちらも利用できます。

速度は、圧倒的に5G回線の方が速いので、5Gエリア及び5G端末であれば超高速通信が可能です。

5G利用エリアは、ソフトバンク「サービスエリアマップ」より確認できます。

今使っているスマホは利用できますか?

LINEMOは、SIMフリー端末やSIMロック解除端末であれば基本的に利用可能です。

手持ちの端末が利用できるかは、LINEMO公式サイト内の「動作確認端末」で確認できます。

また、手持ちの端末が、eSIMや5G対応端末なのかを調べることもできます。

今の電話番号は引き継げますか?

LINEMOはMNPを利用することで、現在使っている電話番号を引き継ぐことができます。

現在使っている通信会社でMNP予約番号を取得し、LINEMO申込み時に取得したMNP予約番号を入力してください。

申込み画面で「今の番号をそのまま利用する」→「LINEモバイル」を選択し、乗換え画面でMNP予約番号を入力します。

口座振替での支払いは可能ですか?

LINEMOは、口座振替での支払いも可能で、末締めの翌月26日が引き落とし日になります。

支払い方法の変更したい場合は「My Menu」から手続きできます。

キャリア決済はできますか?

LINEMOは、キャリア決済「ソフトバンクまとめて支払い」を利用できます。

キャリア決済から、PayPayへのチャージも可能でより便利になっています。

ただ、ソフトバンクやワイモバイルからLINEMOへ乗り換えた場合、キャリア決済は引き継がれません。

LINEMO契約後に、新たに登録し直す必要があります。

海外でもそのまま使えますか?

LINEMOは、利用中の端末が海外でもそのまま使えます。

WiFiや音声通話も利用でき、申込みはMy Menuからできます。

海外パケットし放題の対象国であれば、以下の料金で利用できます。

海外パケット料金
海外パケットし放題
25MBまで
1日:0円~1,980円
海外パケットし放題
25MB以上
1日:2,980円

なお、音声通話とSMSは海外パケットし放題の適用対象外です。

LINEMOのまとめ

LINEMOは、ソフトバンクのサブブランドになり、ドコモならahamo、auならpovoといったように、総務省の値下げ要請から誕生した大手キャリアの新しいMVNOです。

3社ともに、申込みはオンランン限定とし、コストを掛けない分だけ料金は安くなっており、今までにない低料金でスマホが利用できます。

LINEMOも、3GBのミニプランは月額990円、20GBのスマホプランは月額2,728円といったように、3大キャリアの中で最安値を打ち出しました。

さらにLINEギガフリーにより、LINEアプリでのデータ使用量がノーカウントになり、データ無制限の使い放題になっています。

キャリアメールが使えない、対人サポートは受けれないといったデメリットはありますが、気にならない人であれば、スマホ料金を確実に安くすることができます。

回線も格安SIMは遅いというイメージがありますが、自社のソフトバンク回線を使いますのでキャリア同等の高速通信が可能です。

デメリットも理解したうえで、LINEMOは選らんでもけっして損のない格安MVNOになっています。

PayPay10,000円プレゼント

LINEMO|公式サイトへ

LINEが使い放題

ポケットWiFi

Posted by wifi-park