楽天モバイル・ポケットWiFi

ページ目次

楽天モバイル|ポケットWiFiについて

楽天モバイル ポケットWiFi
楽天モバイル おすすめ3ポイント

楽天モバイルから2020年12月8日に「ポケットWiFi」専用端末、3機種が発売されました。

  • Rakuten WiFi Pocket(実質無料)
  • Aterm MP02LN
  • AtermMR05LN RW

これまで「楽天モバイル=格安スマホ」のイメージでしたが「ポケットWiFi」も利用できるようになりました。

モバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket」の価格は1円で、アンケートに答えると無料になります。

気になる料金は「月額3,278円」「無制限・使い放題」で、文句なく業界最安値になっています。

このページでは、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の料金・速度・メリット・デメリットを詳しく解説しています。

楽天モバイル|3ヶ月無料キャンペーン

天モバイル 3カ月無料キャンペーン

現在、楽天モバイルは「プラン料金3カ月無料キャンペーン」を開催しています。

キャンペーン中に申込むと「Rakuten UN-LIMIT」を、3ヶ月間無料で利用できます。

最初の3ヶ月が無料で使えるうえに「初期費用0円」なので、タダでポケットWiFiが持てます。

さらに違約金も0円なので、いつでも無料解約できます。

キャンペーン期間:2021年4月8日~終了日未定

3カ月無料キャンペーン|内容
月額料金 3,278円
0円
月間容量 無制限
初期費用 0円
解約違約金 0円
端末代金 Rakuten WiFi Pocket
1円
0円
楽天ポイント 5,000ポイント付与

あまりにも、条件がよいので目を疑う人も居ると思いますが「本当」の話です。

自分も、4月7日に終了した「1年間無料キャンペーン」で、契約しましたが1円も請求されていません。

1円も払っていないのに「5,000円分」のポイントをすでにもらっています。

もはや、不思議レベルの楽天モバイルですが、これが「楽天グループ」の凄いところです。

≫ 楽天モバイル|公式サイトへ

Left Caption
今なら、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」が3ヶ月無料で使えます。

楽天モバイル|料金プランについて

楽天モバイル 料金プラン

現在は「3カ月無料キャンペーン」が適用されます。

最初に楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の料金を見ていきましょう。

料金は課金制で、利用した分だけを支払う形になり、1GB未満であれば0円です。

事務手数料も0円なので、初期費用が0円でポケットWiFiが持てます。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ|プラン内容
データ使用量
(課金制)
月額料金
(1回線目)
月額料金
(2~5回線目)
0GB~1GB 0円 980円
1GB~3GB 1,078円 1,078円
3GB~20GB 2,178円 2,178円
20GB~無制限 3,278円 3,278円
手数料・違約金
契約事務手数料 0円
契約解除料 0円
端末代金
機種名 価格 実質価格
Rakuten WiFi Pocket 1円 0円
Aterm MP02LN 13,800円 8,800円
Aterm MR05LN RW 23,800円 18,800円

スマホ交換保証プラス|端末保証オプション

スマホ交換保証プラスは、端末(モバイルルーターやスマホ)が故障・紛失した場合に交換してくれるサービスです。

月額715円のオプションになり任意加入になっています。

交換費用は、全機種一律「6,600円」になり、すぐに新しい端末が送られきます。

保証対象

  • 故障
  • 水没
  • 破損・全損
  • 盗難・紛失

加入条件

  • 新規契約時・機種変更時に加入する事

契約途中では加入できませんので、後から「やっぱり加入したい」と言うのは不可です。

≫ 楽天モバイル|公式サイトへ

楽天モバイル|ポケットWiFi端末について

楽天モバイルは、端末が3機種用意されています。

いずれもの端末も有料ですが、楽天ポイント5,000円分が貰えますので実質値引きになります。

モバイルルーター|3機種のスペック

端末スペック
機種 Rakuten
WiFi Pocket
Aterm
MP02LN
Aterm
MR05LN RW
サイズ mm 94.5 x 61.2 x 17.1 91 x 50 x 12 115 x 63 x 11
重さ 100g 71g 115g
下りスピード 150Mbps 150Mbps 150Mbps
上りスピード 50Mbps 50Mbps 50Mbps
連続使用可能時間 10時間 10時間 14時間
SIMサイズ 標準SIM nanoSIM nanoSIM×2
インターフェイス Micro USB Micro USB Micro USB
同時接続台数 10台 10台 16台
WiFi規格 IEEE802.11 b/g/n IEEE802.11b/g/n/ac
バッテリー容量 3,000mAh 1,670mAh 2,500mAh
メーカー Shenzhen Harvilon Aterm MP02LN Aterm MR05LN

Rakuten WiFi Pocket

  • 端末価格:1円
  • アンケート回答:△1円
  • 実質価格:0円
  • 楽天ポイント:5,000円分

こちらの「Rakuten WiFi Pocket」で、契約するのが1番お得です。

端末が0円になり、さらに楽天ポイントが5,000円分が貰えます。

Rakuten WiFi Pocket

Aterm MP02LN

  • 端末価格:13,800円
  • 楽天ポイント:5,000円分
  • 実質価格:8,800円

Aterm MP02LN

Aterm MR05LN RW

  • 端末価格:23,800円
  • 楽天ポイント:5,000円分
  • 実質価格:18,800円

Aterm MR05LN RW

≫ 楽天モバイル|公式サイトへ

楽天モバイル|メリットについて

それでは、楽天モバイルの特徴やメリットを見ていきましょう。

今なら3ヶ月間無料で使える

楽天モバイルは「3カ月無料キャンペーン」で、最初の3ヶ月間を無料で使えます。

利用開始日が「2021年4月1日」なら「2022年7月1日」までは無料で利用できます。

契約事務手数料0円

楽天モバイルは、契約時にお決まりの「契約事務手数料」が0円になっています。

ポケットWiFiや格安スマホを契約する際は、判で押したように3,300円の事務手数料が掛かります。

しかし、楽天モバイルなら0円です。

契約解除料0円で解約無料

楽天モバイルは、解約時に掛かる契約解除料が0円です。

キャリアでは見たことのない施策ですが、使わなくなったらいつでも無料で解約できます。

解約手続きもマイページから、サクっとできます。

1GBまでならずっーと月額0円

楽天モバイル 料金プラン

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は、1GBまでならずーっと無料です。

月額料金|課金制

  • 0GB~1GB:0円
  • 1GB~3GB:1,078円
  • 3GB~20GB:2,178円
  • 20GB~無制限:3,278円

1GB以上を使っても、料金が格安になっており、容量無制限で使った月でも「月額 3,278円」です。

もはや、契約しないと人は損するレベルの料金になっています。

持っているだけなら維持費0円

楽天モバイルは、1GBまでは月額料金が掛かりませんので、持ってるだけなら維持費が0円です。

初期費用も掛かりませんし、課金制なのでランニングコストが発生しません。

他社のような定額制だと利用の有無に関係なく料金が発生します。

楽天エリア内は無制限で使える

楽天モバイルは、自社エリア内であれば完全無制限で利用できます。

YouTubeやVODと云った動画配信サービスも、ギガ数を気にする事なく視聴できます。

インターネットが使い放題です。

お住まいの地域が、楽天サービスエリア内かは以下で確認できます。

キーワード入力で郵便番号を入れるとピンポイント検索できます。

楽天モバイル 通信エリア 札幌

上は、札幌近郊のエリアになります。

 濃いピンクが、楽天回線エリアになり無制限で利用できます。

薄いピンクは、パートナー回線エリア(au)になり月5GBまで利用できます。

楽天エリア外でも5GB使える

楽天モバイルは、パートナー回線エリアのauエリアでも月間5GB利用できます。

楽天エリア外でも、auなら日本中どこでも使えますので安心です。

エリア外でも1Mbpsなら無制限

パートナー回線エリアは、5GBを超えると速度制限になりますが、制限後の速度も「1Mbps」と緩い規制です。

そのため、速度制限になっても「1Mbps」で無制限に使えることになります。

1Mbpsになると動画は厳しいですが、スマホなら「SNS・ネット・メール」は問題なくできます。

データチャージができる

パートナー回線エリアで、5GBを使い切った場合はデータチャージ可能です。

1GBあたり500円で容量が追加でき、一度に最大5GBまで追加できます。

データチャージ料金
1GB 550円
2GB 1,100円
3GB 1,650円
4GB 2,200円
5GB 2,750円

追加購入したデータは、購入日から31日間有効です。

5,000ポイントがもれなく貰える

楽天モバイルに申込むと、もれなく全員に5,000ポイントが貰えます。

なぜか、SIMのみ契約でも5,000ポイント貰えますので、SIMだけ購入して使うのもOKです。

ポイント

0円で契約して、1円も払わないに「ポイント 5,000円分」もらえるという、意味不明の仕様になっていますが、これが楽天グループのワンダフルなところです。

4キャリア最安値は楽天モバイル

4キャリアの新プランで料金比較をしてみました。

4キャリア|料金比較表
無制限 20GB 事務手数料 解約違約金
楽天モバイル
UN-LIMIT
3,278円 2,178円 0円 0円
docomo
ahamo
なし 2,980円 0円 0円
au
povo
なし 2,728円 0円 0円
SoftBank
LINEMO
なし 2,728円 0円 0円

楽天モバイルが安いのが直ぐに分かります。

しかも、楽天以外は無制限で使えるプランがありません。

3ヶ月間無料は楽天モバイルだけ

繰り返しになりますが、大手キャリアで3ヶ月間無料で使えるのは「楽天モバイル」だけです。

それには「3カ月無料キャンペーン」が、開催している期間になります。

キャンペーンは、いつ終わるのかは分かりませんので、検討中の人はサクっと申込んだ方が良いです。

≫ 楽天モバイル|公式サイトへ

楽天モバイル|デメリットについて

つぎは、楽天モバイルのデメリットを見ていきましょう。

問合せ電話が繋がりづらい

楽天モバイルは、忙しすぎて問合せ電話が繋がりづらいです。

春の繁忙期にも重なっているのでしょう。

自動音声の案内になり、オペレーターさんにはなかなか繋がりません。

自分も問合せの電話しましたが、繋がるまで20分ほど掛かりました。

オペレーターさんの対応は親切でしたよ。

回線は選べない

先にもお話しとおり、楽天モバイルは「楽天回線」と「パートナー回線」があります。

しかし、回線を自分では選択できません。

楽天回線エリア内でも、パートナー回線エリアに繋がる場合があります。

実際に自分も、楽天回線エリア内でしたが、パートナー回線に繋がることがありました。

理由は、端末が電波の強い方を掴みに行くようで、場所によってはこのような現象がおきるようです。

楽天モバイル|Rakuten WiFi Pocketレビュー

2021年3月12日に、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」に申込みました。

この時点で、モバイルルーターの在庫は「Rakuten WiFi Pocket ブラック」だけになっていました。

  • Rakuten WiFi Pocket
  • AtermMP02LN
  • Aterm MR05LN RW

本来であれば、上の3機種から選べますが、人気のようで端末は入荷待ちの場合があります。

Rakuten WiFi Pocket|実機レビュー

2021年3月12日 申込み完了

楽天モバイルから申込み完了メールがきます。

主なメールの内容は以下の4点です。

  • お申込み番号:573******
  • プラン:Rakuten UN-LIMIT
  • 製品:Rakuten WiFi Pocket ブラック
  • SIMタイプ:nanoSIM

後は届くのを待つだけです。

楽天モバイル 申込み完了メール

2021年3月14日 荷物到着

申込みから2日目にヤマト運輸で届きました。

楽天モバイルの発送は超早いです。

楽天モバイル ヤマト運輸で届く

同梱されていた物

届いた次の日に開封してみました。

同梱されていた物は、以下の3点です。

  • Rakuten WiFi Pocket 白箱
  • スタートガイド
  • SIMカード

スタートガイドは、そこは日本の会社なので分かりやすく解説されています。

SIMカードを挿すだけで開通しますので、APN設定に慣れて居ない人でも手順通りにすると開通できます。

楽天モバイル以外の、APN設定方法も記載されおり「SIMフリー」端末としても使えます。

楽天モバイル 同梱物

Rakuten WiFi Pocket 本体

白箱を開けると「Rakuten WiFi Pocket ブラック」が入っています。

Rakuten WiFi Pocket ブラック

Rakuten WiFi Pocket 端末一式

  1. 端末本体
  2. ACアダプタ
  3. micro USB Type-Bケーブル
  4. クイックスタートアップガイド
  5. バッテリー

以上の5点になります。

Rakuten WiFi Pocket 端末一式

初期設定

これから「Rakuten WiFi Pocket」をセットしていきます。

裏面カーバーを外し、SIMカードとバッテリーを本体に取付けていきます。

Rakuten WiFi Pocket 設定

SIMカード

マルチサイズSIMになっていますので、以下3通りに対応しています。

  • 標準SIM
  • microSIM
  • nanoSIM

端末のSIMサイズに合わせて切り抜いて使います。

楽天モバイル マルチサイズSIM

SIMカード挿入

「Rakuten WiFi Pocket」SIMサイズは、標準SIMになっています。

挿すのはスムーズに行きますが、抜く時は引っかかるので壊さないように慎重に抜いてください。

Rakuten WiFi Pocket SIM挿入

バッテリー取付

Rakuten WiFi Pocketにバッテリーを取付けます。

Rakuten WiFi Pocket バッテリー取付

セット完了

Rakuten WiFi Pocketのセット完了しました。

後は電源を入れるだけです。

Rakuten WiFi Pocket セット完了

電源ボタンは右側面

上の、電源ボタンを長押しで端末が起動します。

下は、WPSボタンになっています。

Rakuten WiFi Pocket 電源・WPSボタン

端末電源を入れる

無事に端末が起動しました。

デイスプレーを見ると、4Gのアンテナが5本立っています。

Rakuten WiFi Pocket 電源ON

Wi-Fiへ接続

WPSボタンを3回押すと接続情報が表示されます。

  • SSID:Rakuten-F**
  • Password:0966****
  • IMEI:35858456*******

Rakuten WiFi Pocket 接続情報

パソコンでWi-Fi接続確認

表示された「SSID」に「パスワード」を入力すると接続できます。

Windows10で接続を確認できました。

Win10 Wi-Fi接続

≫ 楽天モバイル|公式サイトへ

楽天モバイル|通信速度レビュー

楽天モバイルの、実際の通信速度を計測しました。

端末は「Rakuten wifi pocket」と「Speed Wi-Fi NEXT W05」の2機種で行いました。

前述しましたが、楽天モバイルには自社回線の「楽天回線エリア」と「パートナー(au)回線エリア」の2つがあります。

速度検証で分かったことですが、楽天回線エリアの方が、パートナー回線エリアより圧倒的に速いです。

楽天回線では、下り「23Mbps」以上を常時計測しましたが、パートナー回線では「10Mbps」前後しかでません。

楽天回線エリア|実際の速度

それでは、楽天回線エリアの通信速度を見ていきましょう。

10回のテスト結果を掲載しています。

エリアコード 44011

事業者識別コード「440 11」楽天回線です。

① 下り:29.20Mbps 上り:12.68Mbps|Rakuten Mobile

29.20Mbps 計測

② 下り:31.77Mbps 上り:17.25Mbps|Rakuten Mobile

31.17Mbps 計測

③ 下り:30.36Mbps 上り:14.56Mbps|Rakuten Mobile

30.36Mbps 計測

④ 下り:29.34Mbps 上り:15.19Mbps|Rakuten Mobile

29.34Mbps 計測

⑤ 下り:24.20Mbps 上り:15.47Mbps|Rakuten Mobile

24.20Mbps 計測

⑥ 下り:30.22Mbps 上り:4.67Mbps|Rakuten Mobile

30.22Mbps 計測

⑦ 下り:23.62Mbps 上り:24.86Mbps|Rakuten Mobile

23.62Mbps 計測

⑧ 下り:29.80Mbps 上り:28.78Mbps|Rakuten Mobile

29.80Mbps 計測

⑨ 下り:29.16Mbps 上り:26.39Mbps|Rakuten Mobile

29.16Mbps 計測

⑩ 下り:31.55Mbps 上り:11.27Mbps|Rakuten Mobile

31.55Mbps 計測

楽天回線 速度まとめ

楽天回線エリアの通信速度は以下のようになりました。

  • 下り「23.62~31.77Mbps」
  • 上り「4.67~28.78Mbps」

かなりの高速通信しているのが分かり、ポケットWiFiとしては「星4つ半」の評価です。

この下り速度であれば、動画系サービスも快適に視聴でき、インターネットもサクサクです。

パートナー回線エリア|実際の速度

つづいて、パートナー回線エリア(au)の通信速度を見ていきましょう。

5回のテスト結果を掲載しています。

エリアコード 44053

事業者識別コード「440 53」パートナー回線au(KDDI)です。

① 下り:11.90Mbps 上り:5.31Mbps|au(KDDI)

11.90Mbps 計測

② 下り:11.02Mbps 上り:6.68Mbps|au(KDDI)

11.02Mbps 計測

③ 下り:9.71Mbps 上り:12.98Mbps|au(KDDI)

9.71Mbps 計測

④ 下り:10.65Mbps 上り:11.92Mbps|au(KDDI)

10.65Mbps 計測

⑤ 下り:11.00Mbps 上り:13.53Mbps|au(KDDI)

11.00Mbps 計測

パートナー回線 速度まとめ

パートナー回線エリア(au)の通信速度は、以下のようになりました。

  • 下り「9.71~11.90Mbps」
  • 上り「5.31~13.53Mbps」

はっきり云って遅いです。下りは最大で「11.90Mbps」しか出ていません。

ネット閲覧には問題ないスピードですが、重い動画なら正直厳しいレベルです。

パートナー回線に繋がると遅い事が分かりました。

Left Caption
楽天回線に繋がる方が速いのね!
Right Caption
パートナー回線(au)は遅いって聞くよ!
au本体は速いんだけどね!

≫ 楽天モバイル|公式サイトへ

楽天モバイル|回線接続先の確認方法

楽天モバイルは、楽天回線エリア内でもパートナーエリア(au)回線に繋がる場合があります。

パートナー回線エリアは、高速モードが月5GBまでになり、無制限で高速通信はできません。

原因は分かりませんが、おそらくは電波の強い方へ接続していると思われます。

楽天回線エリアに繋がると「無制限」で利用できるのに本当にもったいない話です。

パートナー回線auに繋がる?

楽天回線エリア内ですが、以下のように「KDDI Corporation」の電波を掴んでいます。

これだと、高速通信は5GBまでになります。

回線チェッカー KDDI 44051

パートナー回線エリアはデータ量が減る

パートナー回線に繋がると、以下のように付与された5GBのデータ高速モードが減っていきます。

これで、確実にパートナー回線に繋がっていることが分かります。

楽天回線に繋がるとデーターは減りません。

楽天モバイル データ高速モード

楽天回線エリアは「Rakuten Mobile Netwok, Inc.」となります。

以下のように、楽天回線に繋がると無制限で高速通信できます。

回線チェッカー 楽天モバイル 44011

回線チェッカーで確認する

通常の回線チェックでは、どちらも「Rakuten Mobile」と表示され、楽天回線かau(KDDI)回線のどちらに繋がっているか分かりません。

Android アプリ「回線チェッカー」を使うと、どちらの回線に繋がっているかが分かります。

≫ 楽天モバイル|公式サイトへ

楽天モバイル|楽天回線固定方法について

それでは「楽天回線エリア」に繋ぐ方法を見ていきましょう。

検証端末は「Rakuten WiFi Pocket」と「Speed Wi-Fi NEXT W05」の2つになります。

他にもあるようですが、検証済の端末で解説していきます。

Rakuten WiFi Pocket|楽天回線の固定方法

モバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket」で、楽天回線に固定する方法です。

比較的簡単に済みますので参考にしてください。

Rakuten WiFi PocketでWi-Fi接続する

最初にWi-Fi接続します。

本体右側の「WPS」ボタンを押すと「SSID/パスワード」が表示されます。

WPSボタンでSSID表示

パソコン・スマホ:SSID(Rakuten-****)に、Password(********)を入力し接続する。

スマホ:QRコードを読取って接続する。

Rakuten WiFi Pocket SSID表示

画面の味方

Rakuten WiFi Pocket 画面の見かた

管理画面へログインする

192.168.0.1」へアクセスします。

ログイン画面が表示されますので、以下を入力してください。

ユーザー名:admin
パスワード:admin

管理画面 ログイン

ネットワーク接続OFFにする

「ネットワークに接続」をタップして「OFF」にします。

192.168.0.1_1

「ネットワークに接続」が「OFF」になりました。

「成功」と表示されます。

192.168.0.1_2

接続設定

続いて「接続設定」をクリックします。

192.168.0.1_3

ネットワーク選択

「ネットワーク選択」をクリックし「手動」にチェックいれます。

これで、画面右の「適用」となっていたボタンが「検索」に変わります。

続いて「検索」をクリックします。

192.168.0.1_4

検索中となり「1~3分」待ちます。

「ネットワークリスト」が、表示されるまで待ちましょう。

192.168.0.1_5

ネットワークリスト表示される

リストが表示されました。

楽天回線は「44011」になりますので「オプション」にチェックを入れます。

下にスクロールして「登録」をクリックします。

192.168.0.1_6

登録が成功すると「成功」の画面になります。

これで「楽天回線 44011」に固定完了です。

192.168.0.1_7

ネットワーク接続ONに戻す

画面左上の(黄色)「Rakuten Mobile」を、クリックし管理画面トップに戻ります。

192.168.0.1_8

管理画面のトップに戻りました。

ネットワークに接続を「OFF」から「ON」に戻します。

これで全ての作業が完了です。

192.168.0.1_9

Speed Wi-Fi NEXT W05|楽天回線の固定方法

Speed Wi-Fi NEXT W05

WiMAX用モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」で、楽天回線に固定する方法です。

こちらは少し手間が掛かります。

管理画面へログインする

192.168.100.1」へアクセスします。

ログイン画面が表示されますので、以下を入力してください。

ユーザー名:admin
パスワード:IMEI下5桁

楽天モバイル|解約方法について

楽天モバイルの解約方法を見ていきましょう。

解約は「Web」と「アプリ」から手続きができます。

Webでの解約方法

①「My 楽天モバイル」へログイン

楽天モバイル 解約1

②メニューの「契約プラン」を選択

楽天モバイル 解約2

③「各種手続き」から「解約」を選択

楽天モバイル 解約3

④「次へ進む」を選択

楽天モバイル 解約4

⑤アンケートに回答し「申し込む」をクリック

楽天モバイル 解約5

⑥解約完了

手続きが完了後、登録メールアドレスに「解約完了のお知らせ」メールが届きます。

以上、楽天モバイルの解約方法でした。

SIMカードの返却方法

楽天モバイル解約後は「SIMカード」の返却が必要です。

下記返送先へ送料自己負担でお送りください。

<返送先住所>

143-0006
東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
楽天モバイル RSIM回収係

楽天モバイル|まとめ

楽天モバイルがポケットWiFiとし使えることがご理解いただけたと思います。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は、なんといっても無制限ギガを「月額3,278円」と云う格安料金で使える大きなメリットがあります。

3大キャリアの「docomo・au・SoftBank」も、新プランを出していますが「20GB」までしか使えません。

これだけでみても「楽天モバイル」が、いかにお得なのかが分かります。

サービスエリアも2021年夏には、人口カバー率「96%」を突破する予定で、今年中には日本中を使えるようになります。

メリットをもう一度見ていきましょう。

  1. 月額料金が3ヶ月間無料
  2. 初期費用0円
  3. 端末「Rakuten WiFi Pocket」0円
  4. 容量無制限の使い放題
  5. 他社より高速通信ができる
  6. 解約違約金0円

これだけの条件で、契約できるポケットWiFiは、今のところ日本中どこを探してもありません。

請求0円

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 請求0円

月額料金が「タダ」なのも本当で、上の画像のように請求額は「0円」になっています。

また、もしも使い物にならなければ「無料解約」しれば良いだけです。

このように「楽天モバイル」は、選らんでも決して損のないポケットWiFiになっています。

3ヶ月無料!初期費用・違約金0円!

楽天モバイル|公式サイトへ

5,000ポイントがもらえる