NUROモバイルのバリュープラスを徹底レビュー!デメリットは!?

NUROモバイル バリュープラス レビュー

この記事は、NUROモバイルのバリュープラスを、実際に使ったレビューを紹介しています。

デメリット・メリットをまじえて、分かりやすくまとめいるので参考にしてください。

なお、NUROモバイルは、ソニーグループが運営する業界最安値クラスの格安SIMです。

それでは、NUROモバイルのバリュープラスを紹介していきます。

NUROモバイル・バリュープラスをレビュー

初めに、NUROモバイルから送られてくる、SIMカードや同梱物を紹介します。

契約内容は、以下のとおりです。

  • プラン:バリュープラス (VMプラン5GB)
  • SIMタイプ:音声通話付きSIM
  • 月額:990円
  • 回線:au

届いた様子や同梱物を紹介

SIMカードは、NUROモバイルに申し込み後、3日目に到着しました。

発送は、申し込み完了後の翌日にされました。

NUROモバイル バリュー1プラス レビュー

同梱物は以下の3点です。

  1. SIMカード(auSIM)
  2. 納品書
  3. NUROモバイル 設定マニュアル

他社のようにチラシは一切入っておらず、なにを見たらよいかスグに分かります。

NUROモバイル バリュープラス レビュー2

au回線を契約したので「auSIMカード」が入っています。

SIMサイズは、「標準SIM、microSIM、nanoSIM」に対応しています。

NUROモバイル バリュープラス レビュー3

SIMカード裏面です。

利用者向けページのログインに必要な「SIM電話番号」と「パスワード」が記載されています。

NUROモバイル バリュープラス レビュー4

NUROモバイル・バリュープラスの基本情報

NUROモバイル・バリュープラスの基本情報を紹介します。

SIMタイプは、以下の3つから選べます。

  1. 音声通話付き SIM
  2. データ通信+SMS SIM
  3. データ通信専用 SIM

それぞれの月額料金は以下の通りです。

バリュープラス 月額料金
音声通話付き データ通信+SMS データ通信専用
VSプラン
3GB
792円 792円 627円
VMプラン
5GB
990円 990円 825円
VLプラン
10GB
1,485円 1,485円 1,320円

バリュープラスの基本情報は以下の通りです。

バリュープラス 基本情報
契約事務手数料 3,300円
SIMカード準備料:440円
契約解除料 0円
MNP転出手数料 0円
国内通話料金 11円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字
最低利用期間 なし
利用開始月 無料
SIMタイプ SIMカード
利用回線 ドコモ 4G、5G
au 4G、5G
ソフトバンク 4G、5G
(契約時に選択)
節約モード ✕ 未対応
データ繰り越し ◯ 対応
データチャージ 1GB:550円
テザリング ◯ 対応
Wi-Fiスポット ✕ 未対応
メールアドレス ✕ 未対応
留守番電話 月額:330円
国内通話オプション 5分かけ放題:月額490円
10分かけ放題:月額880円
LINE年齢認証 ✕ 未対応
申し込み方法 オンライン
サポート オンラインチャット、電話
支払い方法 クレジットカード

≫ NUROモバイル 公式サイトへ

NUROモバイル・バリュープラスのデメリットは4つ

最初に、NUROモバイルのバリュープラスの4つのデメリットを紹介します。

4つのデメリットは以下の通りです。

  1. 通信速度は混雑時に低下する
  2. 低速モードに対応してない
  3. eSIMを提供してない
  4. 契約事務手数料が必要

それぞれ、解説していきます。

デメリット➀:通信速度は混雑時に低下する

NUROモバイルの通信速度は、昼休みと夕方の混雑時に低下します。

理由は、NUROモバイルも他社の格安SIMと同じく、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアから回線を借りて運営しているためです。

これが、UQモバイルやLINEMOなどの、キャリアサブブランドなら、キャリアメイン回線を使って常に高速通信します。

なお、NUROモバイルも、混雑時以外は問題なく高速通信できます。

以上のように、NUROモバイルは混雑時に速度低下します。

デメリット➁:低速モードに対応してない

NUROモバイルは、多くの格安SIMで利用可能な低速(節約)モードに未対応です。

低速モードは、通信速度が低速化される代わりに、データ消費しないというサービスです。

つまり、低速モードならデータ節約が可能です。

ただ、低速モード時の速度は、200~300kbpsになり、LINEメッセージやSNSは可能ですが、Web閲覧や動画視聴は使い物になりません。

以上のように、NUROモバイルは低速モードに対応していません。

デメリット➂:eSIMを提供してない

NUROモバイルは、eSIM未提供で一般的のSIMカードを提供しています。

これにより、eSIM対応スマホをお持ちの方も、NUROモバイルではSIMカードを使用します。

なお、eSIMを提供している格安SIMは、ahamoやLINEMOなどのキャリアサブブランド系のみです。

eSIMのメリットは、従来のようにスマホへSIMカードを挿す必要がなく、プロファイルをインストールすると開通します。

以上のように、NUROモバイルはeSIM未提供です。

デメリット➃:契約事務手数料が必要

NUROモバイルのバリュープラスは、契約手数料3,300円が必要です。

最近は、povoのように契約手数料0円の格安SIMもあり、それに比べると余計な出費といえます。

ただ、他社から「音声通話付きSIM」へ乗り換えなら「バリュープラスお乗り換え特典」により、契約手数料0円です。

ちなみに、NUROモバイルのNEOプラン(20GB)は、契約手数料0円になっています。

以上のように、バリュープラスは初期費用に契約手数料3,300円が発生します。

NUROモバイル・バリュープラスのメリットは7つ

つづいて、NUROモバイルのバリュープラスの7つのメリットを紹介します。

7つのメリットは以下の通りです。

  1. 業界最安値級の料金プラン
  2. 利用開始月は無料
  3. 基本通話料は他社の半額
  4. 3ヶ月ごとにデータプレゼント
  5. 回線は3キャリアから選べる
  6. 5Gに対応している
  7. データ繰り越しできる

それぞれ、解説していきます。

メリット➀:業界最安値級の料金プラン

NUROモバイルのバリュープラスは、格安SIMの中で最安値級です。

音声通話付きSIM(電話・SMS・データ通信)は、3GBを月792円から使え、10GBは月1,485円といったように、コスパ抜群です。

データ通信専用SIM(データ通信)は、3GBを月627円から使え、10GBは1,320円になり、ネット専用回線を格安で持てます。

後述しますが、NUROモバイルのバリュープラスは、他社と比較しても抜群の安さを誇ります。

以上のように、バリュープラスは俊逸な料金プランです。

メリット➁:利用開始月は無料

NUROモバイルのバリュープラスは、利用開始月の料金は無料です。

そのため、お得な申し込みタイミングは月初で、2~3日後にSIMカードが届くので、約1ヶ月分を0円タダで使えます。

少しでも、安く使うなら月初めから利用しましょう。

なお、通話料やオプション料金などは、通常どおり発生します。

格安SIMでは、利用開始月は日割りが一般的になり、無料なのはNUROモバイルを含め2~3社です。

以上のように、NUROモバイルなら利用開始月の基本料金は無料です。

メリット➂:基本通話料は他社の半額

NUROモバイルは、基本通話料は11円/30秒と他社の半額です。

他社の基本通話料は、22円/30秒が一般的ですが、それに比べNUROモバイルなら電話代を確実に安くなります。

電話利用が多い方には、5分かけ放題を月490円、10分かけ放題を月880円の2つが用意されています。

くわえて、NUROモバイルなら通話専用アプリは不要で、使い慣れたスマホの通常アプリを使えます。

以上のように、NUROモバイルの通話料を他社より安いです。

メリット➃:3ヶ月ごとにデータプレゼント

NUROモバイルのバリュープラスは「Gigaプラス」により、3ヶ月ごとにデータプレゼントされます。

Gigaプラスですが、VMプラン(5GB)なら3GBを、VLプラン10GBなら6GBを、3ヶ月毎にデータ量を受け取れます。

年間で見ると、VMプラン(5GB)は年20GBを、VLプラン10GBは年24GBを、それぞれ増量されます。

このように、実質データ量が増えますので、料金値引き同じ効果があります。

以上のように、バリュープラスは3ヶ月ごとにデータを無料付与されます。

メリット➄:回線は3キャリアから選べる

NUROモバイルのバリュープラスは、「ドコモ・au・ソフトバンク」の3大キャリアから回線を選べます。

各社のサービスエリアに、大きな違いはありませんので、イメージやブランドで選ぶのもいいでしょう。

3社のサービスエリアは以下で確認できます。

回線選びの1例ですが、今ドコモSIMを使っていて、もう一方をソフトバンクSIMにすると、どちらか通信障害になった時のカバーにもなります。

以上のように、バリュープラスは3大キャリアから回線を選択できます。

メリット➅:5Gに対応している

NUROモバイルは、「ドコモ・au・ソフトバンク」の回線を選びますが、いずれも5G利用は無料です。

5Gの利用方法は「ご利用者向けページ」の「5Gオプション」から手続きできます。

5Gは、前世代の4Gに比べ20倍近く高速通信しますので、5Gエリアの方はぜひ利用しましょう。

なお、5G人口カバー率は、auの90%がトップで、ソフトバンクの85%、ドコモの70%と続いています。

以上のように、NUROモバイルは高速5Gを利用できます。

メリット➆:データ繰り越しできる

NUROモバイルは、余ったデータを自動的に翌月に繰り越しされます。

データ繰り越し条件は以下の通りです。

仮に、5GBプランで2GB余った場合は、翌月は5GB+2GB=7GBのデータ量を利用できます。

繰り越したデータ量の利用期限は翌月末までになり、例えば、4月に繰り越したデータ量は5月末が有効期限です。

なお、データ繰り越し未対応の格安SIMはデータを損します。

以上のように、NUROモバイルはデータ量を無駄なく活用できます。

≫ NUROモバイル 公式サイトへ

NUROモバイル・バリュープラスを使った感想

NUROモバイル・バリュープラスを実際に使った感想をまとめました。

現在、NUROモバイルを検討中の方は参考にしてください!

残念なところ
  1. 昼休みと夕方は速度が遅い
  2. テザリングすると遅い
  3. eSIMを早く提供してほしい
  4. LINE年齢認証に対応してない
良いところ
  1. マイページがシンプルで使いやすい
  2. プラン変更が簡単にできる
  3. 乗り換えで契約手数料が無料になった
  4. 専用アプリ不要で通話料が安い
  5. au5Gを使える
  6. データ繰り越しができる
  7. 3ヶ月ごとにデータを無料付与される

以上のとおり、残念なところも良いところも両方があります。

≫ NUROモバイル 公式サイトへ

NUROモバイル・バリュープラスを他社と比較

ここでは、NUROモバイルのバリュープラスを他社と料金比較しました。

以下は、各社の「音声通話付きSIM」プランを比較しています。

3GB 5GB 10GB
NUROモバイル
公式サイトへ
792円 990円 1,485円
LINEMO
公式サイトへ
990円
OCNモバイルONE
公式サイトへ
990円 1,760円
イオンモバイル 1,078円 1,298円 1,848円
mineo 1,518円 1,958円
J:COMモバイル 1,078円 1,628円 2,178円
 UQモバイル 1,628円
 ワイモバイル 2,178円

以上のように、主要な格安SIMと比較しても、NUROモバイルは安いことが分かります。

しかし、通信速度はサブブランド系の「LINEMO」や「OCNモバイルONE」の方が断然に速いです。

そのため、料金と速度の両方を重視する方は、契約手数料0円のLINEMOをおすすめします。

まとめ

ここまで、NUROモバイルのバリュープラスを徹底レビューしてきました。

なんと言っても、NUROモバイルのバリュープラスは、月額料金の安さが最大のメリットです。

新規・乗り換えを問わず、安い格安SIMを利用したい人は、NUROモバイルを検討してみましょう。

NUROモバイルにすれば、あなたのスマホ代も年間2~3万の節約できますよ!

それでは、安い格安SIMを利用して、お得なスマホ生活を送ってください!

≫ NUROモバイル 公式サイトへ

格安SIM

Posted by wifi-park