レビュー!Softbank プリペイドSIMをSIMフリー端末で使う方法

Softbank プリペイドSIM 10GB レビュー

Amazonで「Softbank プリペイドSIM 10GB」を購入してみました。

Softbankの4G回線に対応した「プリペイドSIMカード」で、SIMフリー端末にセットするとWiFiへアクセスできます。

このページでは、プリペイドSIMの設定や使い方を、モバイル端末を実際に使って解説しています。

開封レビュー

Softbank プリペイドSIMの開封レビューです。

Amazonから届く

Amazonに注文し、2日後に届きました。

Softbank プリペイドSIM Amazonから届く

同梱物

送られてきた、同梱物は以下の3点になります。

  1. Softbank プリペイドSIM
  2. SIMピン
  3. 取扱説明書

Softbank プリペイドSIM 同梱物

Softbank プリペイドSIM 表

SIMカードの表は真っ白で「SoftBank」のロゴ等は入っていません。

Softbank プリペイドSIM 表

Softbank プリペイドSIM 裏

右上に【DATA】Prepaid SIM Travel(BW10)と記載があります。

Softbank プリペイドSIM 裏

SIMカードの切り取り

Softbank プリペイドSIMは「マルチSIM」になっています。

以下の3サイズに対応しています。

  • 標準SIM
  • microSIM
  • nanoSIM

端末のSIMサイズに合わせてカードを切り取ります。

nanoSIMへ切り取り

切り取り方法は、指先で押すと簡単に外すことができます。

1番小さい「nanoSIM」へ切り取りました。

Softbank プリペイドSIM 切り取り

Softbank プリペイドSIM 設定と使い方

SIMフリー端末「GlocalMe U3」と「GlocalMe U2s」で「Softbank プリペイドSIM」を使う方法です。

簡単な設定で、直ぐにWiFiへアクセスできます。

SIMフリー端末「U3」でSoftbank SIMを使う

SIMフリー端末「GlocalMe U3」で「Softbank プリペイドSIM」を利用する方法です。

GlocalMe U3は、軽量・コンパクトでモバイル端末では人気機種になっています。

この端末は、ポケットWiFi「地球WiFi」で使っていたもので、解約後SIMフリー端末として利用しています。

GlocalMe U3 表

モバイル端末「GlocalMe U3」の表面です。

黒のシンプルなデザインで、スタイリッシュな端末になっています。

GlocalMe U3 表

GlocalMe U3 裏

モバイル端末「GlocalMe U3」の裏面です。

本来は、裏面に「SSID・パスワード」が記載されてシールが貼っています。

写真の端末は、シールは剥がして保管しています。

GlocalMe U3 裏

スマホとサイズ比較

「5.8インチ・スマホ」と「GlocalMe U3」と、端末サイズの比較です。

スマホよりコンパクトなのがわかります。

GlocalMe U3 サイズ比較

SIMピン・SIMトレー

SIMピンを刺して、本体から「SIMトレー」を取出します。

SIMトレーを破損しないように、ここは慎重に作業しましょう。

GlocalMe U3 SIMピン・SIMトレー

SIMトレー取出し

本体からSIMトレーを取出しました。

GlocalMe U3 SIMトレー取出し

SIMカードセット

SIMトレーに「nanoSIM」をセットします。

GlocalMe U3 SIMカードセット

SIMトレーをセット

SIMトレーを本体へセットします。

カチッとするまでゆっくり差し込んでください。

以上で、SIMカードのセット完了です。

GlocalMe U3 セット完了

端末APN設定

つづいて「GlocalMe U3」の「APN設定」をしていきます。

APN設定は、各キャリア(docomo、au、SoftBank、楽天モバイル、他)によって違います。

ここでは「SoftBank」のAPN設定を中心にお話します。

なお、各キャリアの設定は「◯◯ APN情報」でググると調べることができます。

SoftBank 4G・5G APN設定

SoftBankは、4G・5G回線ともに以下のAPN設定になります。

  • APN:plus.4g
  • ユーザー名:plus
  • パスワード:4g

SoftBank APN情報

SSIDへ接続

端末電源を入れて、パソコンやスマホから「GlocalMe U3」の「SSID」を探して接続します。

SSID・パスワードは「GlocalMe U3」本体裏面で確認できます。

パスワードを入力し保存します。

GlocalMe U3 SSID接続

SSIDとパスワード

端末裏面にSSIDとパスワードが記載されたシールが貼ってあります。

GlocalMe U3「SSID・パスワード」

端末管理画面

ブラウザのアドレスバーへ「192.168.43.1」と入力します。

端末管理画面が表示されますので、ユーザー名とパスワードを入力しログインします。

  • ユーザー名:admin
  • パスワード:admin

以下は、スマホでのログイン画面です。U3の管理画面はスマホ対応しています。

GlocalMe U3「管理画面」

➀ APN設定方法

ログイン後、画面右下の「設定」をタップします。

以降「SIMカード管理 > APN設定 > APN 追加」の順に進んでいきます。

GlocalMe U3「管理画面・SIMカード管理」

➁ APN設定方法

以下の「APN情報」を入力します。

  • APN:plus.4g
  • ユーザー名:plus
  • パスワード:4g
  • APN権限:PAP/CHAP
  • APNタイプ:デフォルト

GlocalMe U3「管理画面・APN設定」

➂ APN設定完了

画面右上の「保存」をタップします。

「APN変更が完了しました。」と画面表示されます。

以上で「APN設定」は完了です。

GlocalMe U3「管理画面・APN設定完了」

以上で、WiFiへアクセスできますが、繋がらない場合は端末を再起動してみてください。

端末再起動

端末を再起動後、WiFiマークが約30秒点滅し、点灯に変わるまで待ちます。

WiFiマークが点灯するとOKです。

GlocalMe U3「WiFiマーク」

ポイント

以上が、SIMフリー端末「GlocalMe U3」で「Softbank プリペイドSIM」を使う方法です。

ここでは「Softbank SIM」の話を進めてきましたが、他社SIM「docomo、au、SoftBank、OCN、格安SIM」なども利用できます。

例外的なSIMでなければ、利用できますので「SIMフリー端末」を1台持っていると重宝します。

SIMフリー端末「U2s」でSoftbank SIMを使う

SIMフリー端末「GlocalMe U2s」で「Softbank プリペイドSIM」を利用する方法です。

GlocalMe U2sは、U3の前モデルになりますが、いまだにモバイル端末では根強い人気があります。

この端末は、ポケットWiFi「どんなときもWiFi」で利用していたもので、解約後SIMフリー端末として使っています。

どんなときWiFiは、2020年2~4月に大規模障害を起こし、当局から行政指導が入った問題の業者です。

なお、障害による補償策で無料解約ができました。

GlocalMe U2s 表

モバイル端末「GlocalMe U3」の表面です。

色はゴールドとグレーがあり、軽量・コンパクトでシンプルなデザインになっています。

GlocalMe U2s 表

GlocalMe U2s 裏

モバイル端末「GlocalMe U2s」の裏面です。

裏面に「SSID・パスワード」が記載されたシールが貼ってあります。

GlocalMe U2s 裏

スマホとサイズ比較

「5.8インチ・スマホ」と「GlocalMe U2s」と、端末サイズの比較です。

スマホよりコンパクトな作りになっています。

GlocalMe U2s サイズ比較

カバー取り外し

表面カバーを取り外し、SIMカードを入れる準備をします。

SIMサイズは、以下の2通りに対応しています。

  • 標準SIM
  • microSIM

GlocalMe U2s カバー取り外し

SIMカードを入れる

SIMスロットへ「microSIM」をいれます。

SIMカードのチップ面を下にして、カチッとするまで差し込みます。

なお、標準SIM・microSIMのどちらを差しても使えます。

SIMをセットしたら、カバーを取り付けます。

GlocalMe U2s SIMカードを入れる

SSIDへ接続

端末電源を投入し、パソコンやスマホから「GlocalMe U2s」の「SSID」を探して接続します。

SSID・パスワードは「GlocalMe U2s」本体裏面で確認できます。

パスワードを入力し保存します。

GlocalMe U2s「SSID接続」

SSIDとパスワード

端末裏面にSSIDとパスワードが記載されたシールが貼ってあります。

GlocalMe U2s「SSID・パスワード」

端末管理画面

ブラウザのアドレスバーへ「192.168.43.1」と入力します。

端末管理画面が表示されますので、ユーザー名とパスワードを入力しログインします。

  • ユーザー名:admin
  • パスワード:admin

以下は、スマホでのログイン画面です。U3の管理画面はスマホ対応しています。

GlocalMe U2s「管理画面」

➀ APN設定方法

ログイン後、画面右下の「設定」をタップします。

以降「SIMカード管理 > APN設定 > APN 追加」の順に進んでいきます。

GlocalMe U2s「SIMカード管理」

➁ APN設定方法

以下の「APN情報」を入力します。

  • APN:plus.4g
  • ユーザー名:plus
  • パスワード:4g
  • APN権限:PAP/CHAP
  • APNタイプ:デフォルト

GlocalMe U2s「APN設定」

APN設定完了

画面右上の「保存」をタップします。

「APN変更が完了しました。」と画面表示されます。

以上で「APN設定」は完了です。

GlocalMe U2s「APN設定完了」

以上で、WiFiへアクセスできますが、繋がらない場合は端末を再起動してみてください。

端末再起動

端末を再起動後、WiFiマークとアンテナマークが約60秒点滅します。

WiFiマークが点灯に変わるとOKです。

GlocalMe U2s「WiFiマーク」

Softbank プリペイドSIM 実際の通信速度

SoftBank SIMで、モバイルルーター「GlocalMe U3」と「GlocalMe U2s」の速度検証をしてみました。

GlocalMe「U3」を使って速度検証

モバイルルーター「GlocalMe U3」の速度検証結果です。

GlocalMe U3「速度検証」

① 下り:48.29Mbps 上り:3.43Mbps|SoftBank

48.29Mbps 計測

② 下り:45.63Mbps 上り:5.23Mbps|SoftBank

45.63Mbps 計測

③ 下り:16.54Mbps 上り:6.46Mbps|SoftBank

16.54Mbps 計測

GlocalMe U3の、速度検証結果は以下の通りです。

  • 下り平均速度:36.82Mbps
  • 上り平均速度:5.04Mbps

いい感じで下り速度がでており、この速度であればネットや動画も軽快に視聴できます。

下り最速は「48.92Mbps」を計測しました。

GlocalMe「U2s」を使って速度検証

モバイルルーター「GlocalMe U2s」の速度検証結果です。

GlocalMe U2s「速度検証」

① 下り:44.93Mbps 上り:4.91Mbps|SoftBank

44.93Mbps 計測

② 下り:28.44Mbps 上り:4.31Mbps|SoftBank

28.44Mbps 計測

③ 下り:21.33Mbps 上り:5.75Mbps|SoftBank

21.33Mbps 計測

GlocalMe U2sの、速度検証結果は以下の通りです。

  • 下り平均速度:31.57Mbps
  • 上り平均速度:4.99Mbps

「U3」より遅いですが、こちらもいい感じで速度がでており、この速度であればネットや動画も軽快に視聴できます。

下り最速は「44.93Mbps」を計測しました。

GlocalMe「U3・U2s」端末スペック

GlocalMe「U3」と「U2s」の端末スペックです。

端末スペック
機種名 GlocalMe U3 GlocalMe U2s
U3 U2s ゴールド
サイズ 122 x 66 x 10mm 127 x 65.7 x 14.2mm
重さ 125g 151g
下りスピード 最大 150Mbps 最大 150Mbps
上りスピード 最大 50Mbps 最大 50Mbps
連続使用可能時間 12時間 12時間
インターフェイス Type-C USB Type-B USB
同時接続台数 10台 5台
バッテリー容量 3,000mAh 3,500mAh
WiFi規格 2.4GHz IEEE802.11b/g/n
メーカーサイト U3 U2s

「U3」「U2s」ともにスペック上では、下り最速150Mbps・上り最速50Mbpsとなっていますが、実際の速度はそこまでは出ません。

あくまでもカタログスペックです。

Softbank プリペイドSIM デメリット・メリット

Softbank プリペイドSIMのデメリット・メリットについてです。

Softbank プリペイドSIM メリット

Softbank プリペイドSIMのメリットを見ていきましょう。

予備のWiFiとして使える

プリペイドSIMを一枚持っていれば予備のWiFiとして利用できます。

・メインのWiFiが、速度制限に掛かって使いものにならない。

・2台目のWiFiがどうしても必要になった。

・スマホがギガ不足になりテザリングが使えない。

このような場合、プリペイドSIMがあればいつでも対応可能です。

面倒な手続きは一切不要

プリペイドSIMは、面倒な手続きは一切不要です。

一般的なWiFiのような、契約時に本人確認書類や支払い情報を登録する必要がありません。

クレジットカード等で、支払いを済ませばSIMカードが送られてきます。

初期費用が掛からない

WiFiや格安SIMと契約すると、判を押したように初期費用の契約事務手数料3,300円が必ず発生します。

しかし、プリペイドSIMなら初期費用が0円です。

解約違約金が無い

プリペイドSIMは、解約違約金が発生しません。

一般的なWiFiや格安SIMのような、高額な解約違約金を支払う必要がありません。

通信速度が速い

Softbank プリペイドSIMは、通信速度が速いです。

速度検証では、下り速度「16.54~48.29Mbps」を計測し、かなりの高速通信をしています。

いくら安くても速度が遅いSIMでは使いものになりませんが、Softbank プリペイドSIMは、キャリアSIMなので速いです。

Softbank プリペイドSIM デメリット

Softbank プリペイドSIMのデメリットを見ていきましょう。

電話番号は付与されない

プリペイドSIMは、データ専用SIMなので「電話番号」は付与されません。

なお、通話アプリを利用する「LINE、ZOOM、Skype」等は利用できます。

SIMフリー端末が必要

プリペイドSIMを利用するには「SIMフリー端末」が必要になります。

お持ちでなければ、Amazonなどで購入しなければなりません。

有効期限がある

プリペイドSIMには「3ヶ月~6ヶ月」の有効期限があります。

SIMカードによって期間は違いますが、有効期限を過ぎると利用できません。

SoftBank プリペイドSIMをお得に購入する

Softbank プリペイドSIMを、購入する際は参考にしてみてください。

SoftBank プリペイドSIMカード 10GB

有効期限は「約6ヶ月」で、データ容量は「10GB」になります。

  • Amazon:2,300円
  • 楽天市場:3,048円
  • Yahoo!:3,009円

Amazonが「2,300円」で最安値です。

どこよりもプリペイド

容量を多く使う方は「どこよりもプリペイド」をご案内します。

データ容量は「1日1.5GB」使え、月間最大「31.5GB」まで利用できます。

プリペイドSIMとしては容量が多く、テレワークや出先での仕事用にもおすすめできます。

SIMフリー端末「JT101」が別売りされていますので、SIMと端末のセット購入もできます。

どこよりもプリペイド
31日プラン 61日プラン 91日プラン
金額 3,960円 7,238円 9,812円
データ容量 1日1.5GB
(最大31.5GB)
1日1.5GB
(最大91.5GB)
1日1.5GB
(最大136.5GB)
有効期限
(開通日から)
31日間 61日間 91日間
端末 8,800円(別売り)
回線 docomo 4G
支払い方法 Paidy翌月払い(コンビニ/銀行)

こちらも、プリペイドSIMになりますので、初期費用や解約違約金は発生しません。

≫ どこよりもプリペイド公式へ

SIMフリー端末をお得に購入する

SIMフリー端末を、購入する際は参考にしてみてください。

【SIMフリー】NEC Aterm モバイルルーター MP02LN SW

安心の日本メーカー「NECプラットフォームズ」製で、ベストセラーになっているのモバイルルーターです。

軽量・コンパクトなハイスペック端末で、使い安さと高速通信を兼ね備えています。

連続使用時間は「10時間」です。

  • Amazon:8,100円
  • 楽天:9,250円
  • Yahoo!:8,700円

Amazonが「8,100円」で最安値です。

【SIMフリー】Wi-Fi モバイルルーター JT101 4GLTE

カードサイズのモバイルルーターで、軽量コンパクトな作りになっています。

価格も安く設定等も簡単なので、SIMフリー入門機としてもおすすめです。

連続使用時間は「8時間」です。

  • Amazon:4,700円
  • 楽天:6,405円
  • Yahoo!:5,579円

Amazonが「4,700円」で最安値です。

格安SIM

Posted by wifi-park