IIJmioのタイプDとタイプAの違いを徹底比較!どっちがいい?

PR

IIJmio タイプD タイプA 比較

この記事では、IIJmio(みおふぉん)のタイプDとタイプAを比較して、違いを紹介しています。

最初にお伝えすると、タイプDはドコモ回線、タイプAはau回線といったように、基本的な違いは利用回線です。

ただし、通信速度や利用端末などに違いがありますので、失敗しないようにこの記事を参考にしてください。

それでは、IIJmioのタイプDとタイプAの違いを解説していきます。

IIJmioのタイプDとタイプAの違いは回線!

IIJmio タイプA タイプD

IIJmioは申し込み時に、タイプDとタイプAのどちらかの回線を選べます。

前述しましたが、IIJmioにおけるタイプDとタイプAの違いは、利用回線の違いです。

タイプDならドコモ回線を、タイプAならau回線を、それぞれ利用します。

IIJmioのSIMは4種類

IIJmioには以下の4種類のSIMがあります。

この記事では、もっとも一般的な音声SIMをメインに解説しています。

  1. 音声SIM (電話、データ通信、SMS)
  2. SMS SIM (SMS、データ通信)
  3. データSIM (データ通信)
  4. データeSIM (データ通信)

音声SIMは、皆さんも利用している「電話・データ通信・SMS」の3つの機能を備えたSIMです。

タイプDとタイプAの料金プランは共通

IIJmioギガプラン(音声SIM)の、タイプDとタイプAの料金プランは共通です。

料金プランと概要
(音声SIM タイプD/タイプA)
月額料金 2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
基本通話料 11円 / 30秒
通話オプション 5分かけ放題:月500円
10分かけ放題:月700円
かけ放題:月1,400円
契約事務手数料 3,300円
SIMカード発行手数料 タイプD:433円
タイプA:446円
eSIM発行手数料 タイプD:433円
タイプA:220円
契約解除料 無料
データ繰り越し ◯ 対応
低速モード ◯ 対応
テザリング ◯ 対応
SIMタイプ eSIM、SIMカード
使用回線 タイプD:ドコモ 4G/5G
タイプA:au 4G/5G

このように、データプランは2GB~20GBの5つがあり、格安SIMの中でも最安値級の料金です。

参考までに、20GBプランを他社と比較すると、ahamoは月2,970円ですが、IIJmioなら月2,000円なので月970円安く使えます。

IIJmioに申し込む

IIJmioのタイプDとタイプAを比較

IIJmioのタイプDとタイプAを4項目で比較しましたので、気になる項目をチェックしてみてください。

4つの比較項目は次のとおりです。

それぞれについて解説していきます。

比較①:タイプDとタイプAの実際の通信速度

IIJmio、タイプDとタイプAの実際の通信速度を比較です。

タイプD(ドコモ) タイプA(au)
下り平均速度 21.34Mbps 18.82Mbps
上り平均速度 3.60Mbps 5.56Mbps
回線 ドコモ 4G au 4G
測定画像
(画像クリックで拡大)
IIJmio タイプD 通信速度 IIJmio タイプA 通信速度

上の表は、タイプDとタイプAの通信速度を5回計測した上り・下りの平均速度です。

ご覧のとおり、実際の通信速度は、タイプDのドコモ回線の方が速いです。

下り平均速度を比べると、タイプAの「18.82Mbps」に対し、タイプDは「21.34Mbps」とやや速いです。

格安SIMは、遅いという定評ありますが、IIJmioに関して使える速度になっていますのでご安心下さい。

こういったように、通信速度はタイプDのドコモ回線の方が速いです。

比較②:タイプDとタイプAの利用エリア(4G/5G)

IIJmio、タイプDとタイプAの利用エリアの比較です。

タイプD(ドコモ) タイプA(au)
4Gエリア
人口カバー率
99% 99%
5Gエリア
人口カバー率
88% 90%
サービスエリア ドコモ au

表のとおり、ドコモとauは、前世代の4G人口カバー率は99%を達成していますので差はありません。

第5世代の5G人口カバー率は、au90%に対して、ドコモ88%になっています。

IIJmioの5G利用は、タイプDとタイプAともに5Gオプションは無料なので、5Gエリアの方はすぐに利用できます。

5Gは、前世代の4Gに比べ20倍近く高速通信しますので、5Gエリアの方はぜひ利用しましょう。

以上のように、5GエリアはタイプAのau回線の方が、やや広いエリアで利用できます。

比較③:タイプDとタイプAのSIMタイプ

IIJmio、タイプDとタイプAのSIMタイプの比較です。

タイプD(ドコモ) タイプA(au)
SIMカード
eSIM
SIMカード発行手数料 433円
433円(eSIM)
446円
220円(eSIM)

IIJmioの音声SIMは、タイプDとタイプAともにSIMカードとeSIMを提供しています。

eSIMは、スマホに内蔵された「本体一体型SIM」で、従来のようにSIMカードの挿入は不要です。

eSIMを利用する場合、eSIM対応スマホが必要なので、ご自身のスマホが対応しているか確認しましょう。

もし、SIMタイプに迷ったら、SIMカードを選らんおけば間違いありません。

以上のとおり、IIJmioの音声SIMは、SIMカードとeSIMから選べます。

比較④:タイプDとタイプAの利用端末

IIJmio、タイプDとタイプAの利用端末の比較です。

タイプD(ドコモ) タイプA(au)
SIMフリー端末 ◯ 利用可 ◯ 利用可
SIMロック端末 ◯ 解除後利用可 ◯ 解除後利用可
VoLTE対応端末 ◯ 利用可 ◯ 利用可
VoLTE非対応端末 ◯ 利用可 ✕ 利用不可
IIJmio 動作確認端末

あなたのスマホが「動作確認済み端末」かチェックする

最初に、SIMフリー端末お持ちの方は、IIJmioに限らず全ての格安SIMで利用できます。

次に、SIMロック端末お持ちの方は、購入したキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の各ショップでロック解除すると利用可能です。

続いて、VoLTE対応端末について説明いたします。

タイプDのドコモ回線は、VoLTE対応・非対応機のどちらも利用できます。

タイプAのau回線は、VoLTE対応機は利用できますが、VoLTE非対応機(かなり古い機種)は使えません。

VoLTE対応機かは「機種名+VoLTE対応」で検索すると、スグに分かります。

以上のように、タイプDは幅広い機種に対応してるのでなにかと安心です。

なお、IIJmioでスマホセット購入すると、初期設定済みで届くので、設定が苦手な人もスグに利用できます!

IIJmioの格安スマホ見る

IIJmioのタイプDをおすすめする人

IJmioのタイプD(ドコモ回線)をおすすめする人は、次のような方です。

  1. ドコモから乗り換える人
  2. ahamoから乗り換える人
  3. 山間部や海岸部で利用する人
  4. 高速通信したい人
  5. 今より料金を安くしたい人

以上のように、ドコモやahamoからIIJmioに乗り換えても、同じドコモ回線を使いますので、端末との相性がよいので安心です。

ドコモ最大の特徴は、キャリア最大の基地局を保有していますので、山間部や海でも電波が入ることです。

また、タイプDには帯域制限がなく、大量にデータ通信しても契約データ量内であれば、通信速度は遅くなりません。

最大のメリットは、他社からIIJmioに乗り換えれば、業界最安値クラスで使えるので、年間数万円の節約が可能です。

注意点としては、通信速度は同じドコモ回線でも、IIJmioでは、ドコモブランドのahamoのような速度はでません。

IIJmioタイプDに申し込む

IIJmioのタイプAをおすすめする人

IIJmioのタイプA(au回線)をおすすめする人は、次のような方です。

  1. auから乗り換える人
  2. UQモバイルから乗り換える人
  3. 5Gを広いエリアで使いたい人
  4. eSIMを利用する人
  5. 今より料金を安くしたい人

以上のように、auやUQモバイルからIIJmioに乗り換えても、同じau回線を使いますので、端末との相性がよいので安心です。

5G利用もauなら、キャリアNo.1の人口カバー率90%を誇り、広いエリアで高速5G通信を実現します。

SIMタイプも、タイプAにおいてもeSIMを利用できますので、他社とのデュアルSIM運用も可能です。

最大のメリットは、IIJmioに乗り換えると、格安SIM最安値級の料金により、確実にスマホ代の節約ができます。

注意点としては、通信速度は同じau回線でも、IIJmioでは、auブランドのUQモバイルのような速度はでません。

IIJmioタイプAに申し込む

まとめ

ここまで、IIJmioのタイプDとタイプAを比較して違いを紹介してきました。

最後にタイプDとタイプAの要点をまとめみました。

  • タイプDはドコモ回線、タイプAはau回線
  • タイプDとタイプAともにeSIM対応
  • タイプDの方が通信速度は速い
  • タイプDはドコモ系から乗り換えがおすすめ
  • タイプAはau系から乗り換えがおすすめ
  • タイプAはVoLTE非対応機は利用できない

どちらにするか迷ったら、タイプDのドコモ回線を選んでおくと良いでしょう。

IIJmioの魅力は、何と言っても格安SIMの中で、最安値級の料金プランと付帯サービスの充実です。

くわえて、IIJmio(みおふぉん)は、IIJが運営する老舗通信会社で、多くのユーザーが利用する信頼の格安SIMです。

それでは、料金の安いIIJmioを利用して、コスパよくインターネットを楽しみましょう!

IIJmioに申し込む

格安SIM

Posted by wifi-park