LINEMOとIIJmioの併用は最強!デュアルSIMのメリットを解説!

PR

LINEMO IIJmio(みおふぉん) 併用

この記事では「LINEMO」と「IIJmio」を併用した、デュアルSIMのメリットを解説しています。

先にお伝えすると、LINEMOとIIJmioの最安プランなら、月額1,840円の格安で併用可能です。

そんな、併用先2社の特徴をかんたんに紹介します。

3GB/月990円~!LINEアプリ使い放題のLINEMO!

2GB/850円~!格安SIM最安クラス料金のIIJmio!

それでは、LINEMOとIIJmioの併用について解説していきますので、引き続きご覧ください。

【併用】LINEMOとIIJmio(みおふぉん)の基本情報をおさらい

LINEMO IIJmio 併用 SIMカード

まず、LINEMOとIIJmio(みおふぉん)の併用にあたって、2社の基本情報を確認してみましょう。

以下では、2社の料金プランやサービス内容を確認できます。

LINEMO IIJmio
運営会社 ソフトバンク インターネットイニシアティブ
利用回線 ソフトバンク 4G、5G ドコモ 4G、5G
au 4G、5G
(契約時に選択)
SIMタイプ eSIM、SIMカード eSIM、SIMカード
月額料金 3GB:990円
20GB:2,728円
(ミニプラン/スマホプラン)
2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
30GB:2,700円
40GB:3,300円
50GB:3,900円
(ギガプラン/音声SIM)
通話オプション 5分かけ放題:月550円
かけ放題:月1,650円
5分かけ放題:月500円
10分かけ放題:月700円
かけ放題:月1,400円
基本通話料金 22円 / 30秒 11円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字
契約事務手数料 無料 3,300円
SIMカード発行手数料:433円~446円
契約解除料 無料 0円
最低利用期間 なし 利用開始日の当月末まで
開始月料金 日割り 日割り
節約(低速)モード ✕ 未対応 ◯ 対応
データ繰り越し ✕ 未対応 ◯ 対応
テザリング ◯ 対応:無料 ◯ 対応:無料
Wi-Fiスポット ✕ 未対応 ◯ 対応:月398円
メールアドレス ✕ 未対応 ◯ 対応:月330円
留守番電話 ◯ 対応:月220円 ◯ 対応:月330円
LINE年齢認証 ◯ 対応 ◯ 対応
キャッシュバック paypay 最大10,000円分
キャリア決済 ソフトバンクまとめて支払い ✕ 未対応
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード

LINEMOとIIJmioのキャンペーン情報

LINEMO キャンペーン情報

LINEMOのミニプラン(3GB)へ新規契約・他社から乗り換えで、PayPay5,940円分プレゼント!

同時にミニプラン(3GB)増量キャンペーンで、半年間6GB/月990円で使える!

LINEMOのスマホプラン(20GB)へ他社から乗り換えで、PayPay12,000円分プレゼント!

≫ LINEMO 公式サイトへ *

IIJmio キャンペーン情報

IIJmioの「音声SIM」全プランが最大6ヶ月間/月440円割引または最大3ヶ月間/半額!

IIJmioの通話定額「5分、10分、かけ放題」が最大6ヶ月間/月410円割引!

≫ IIJmio 公式サイトへ *

LINEMOとIIJmioを併用した料金シミュレーション

それでは、LINEMOとIIJmioを併用した料金を解説しています。

2社の基本料金プランは、LINEMOなら「ミニプラン・スマホプラン」、IIJmioなら「ギガプラン/音声SIM」です。

併用した場合の月額料金

最初に、LINEMOとIIJmioを併用した月額料金をご案内いたします。

LINEMO
ミニプラン/スマホプラン
IIJmio
ギガプラン/音声SIM
2社合計
月額料金 3GB:990円
20GB:2,728円
2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
30GB:2,700円
40GB:3,300円
50GB:3,900円
併用料金案 ① 3GB
月990円
2GB
月850円
5GB
月1,840円
併用料金案 ② 3GB
月990円
10GB
月1,500円
13GB
月2,490円
併用料金案 ③ 3GB
月990円
20GB
月2,000円
23GB
月2,990円

以上、LINEMOとIIJmioを併用料金案①~③を紹介しました。

LINEMOは3GBと20GBの2プランがあり、IIJmioは2GB~50GBまでの8プランがあります。

最安の併用プランは、LINEMOの3GB/月990円と、IIJmioの2GB/月850円で、合わせて5GBを月額1,840円で使えます。

データ容量を多く使うなら、LINEMOの3GB/月990円と、IIJmioの20GB/月2,000円を、合わせて23GBを月額2,990円で利用可能です。

このように、LINEMOの3GB(ミニプラン)月990円をメインにして、IIJmioを併用するとコスパ抜群です。

以上のとおり、LINEMOとIIJmioの併用は、合わせて5GBを月1,840円から利用できます。

併用した場合の通話料金

次に、LINEMOとIIJmioを併用した通話料金は以下のとおりです。

LINEMO IIJmio
基本通話料 30秒 / 22円 30秒 / 11円
通話オプション 5分かけ放題:月550円
かけ放題:月1,650円
5分かけ放題:月500円
10分かけ放題:月700円
かけ放題:月1,400円
通話オプション
キャンペーン料金
5分かけ放題:7ヶ月間無料
かけ放題:7ヶ月間月額1,100円

ご覧のように、LINEMOなら通話割引キャンペーンにより、5分かけ放題を7ヶ月間無料で利用できます。

一方、IIJmioは、基本通話料30秒/11円で他社の半額で使えます。格安SIMでは、基本通話料30秒/22円が一般的です。

この2社の通話オプションは、面倒な専用アプリ不要で、スマホの標準通話アプリを使えます。

このように、LINEMOなら5分かけ放題が7ヶ月間無料、IIJmioなら基本通話料は他社の半額です。

以上のとおり、LINEMOとIIJmioを併用すれば、通話料金を大幅に節約できます。

併用時の契約事務手数料

続いて、LINEMOとIIJmioの契約事務手数料は次のとおりです。

LINEMO IIJmio
契約事務手数料 無料 3,300円
SIMカード発行手数料:433円~446円

LINEMOは、初期費用となる契約事務手数料は無料0円です。

このように、LINEMOなら無料契約できるので、余計な出費がありません。

一方、IIJmioは、契約事務手数料3,300円+433円=3,733円が発生します。

もう一点お伝えすると、LINEMOとIIJmioともに解約や乗り換えにともなう「契約解除料」と「MNP転出手数料」は無料です。

以上のとおり、LINEMOとIIJmioの併用は、契約事務手数料3,733円で済みます。

LINEMOとIIJmioのデュアルSIM運用案!

この章では、LINEMOとIIJmioのデュアルSIM運用案を紹介します。

LINEMO IIJmio
デュアルSIM案 ① eSIM eSIM
デュアルSIM案 ② eSIM SIMカード
デュアルSIM案 ③ SIMカード eSIM
デュアルSIM案 ④ SIMカード SIMカード
使用回線 SoftBank ドコモ、au
(契約時に選択)

以上、LINEMOとIIJmioのデュアルSIM運用案は①~④です。

LINEMOとIIJmioともに、eSIMとSIMカードを提供していて、申し込み時にどちらかのSIMを選べます。

このように、2社ともにeSIMとSIMカードを提供しているので、端末スペックに合わせた、デュアルSIM運用が可能です。

たとえば、eSIM対応のスマホなら「eSIM+SIMカード」といった組み合せをできます。

さらに、IIJmioでも購入可能な、iPhone 13シリーズ以降であれば、「eSIM+eSIM」eSIM×2のデュアルSIM運用ができます。

以上のとおり、デュアルSIMスマホなら、SIMタイプに合わせた組み合せが可能です。

ポイント

デュアルSIMする場合、DSDVかDSDA対応機がおすすめで、この2つはSIMの切り替え不要なので、2回線の電話を同時に待ち受け可能です。

iPhoneならXSシリーズ以降は、DSDVのデュアルSIMに対応しています。

AndroidのデュアルSIM端末なら「機種名 + DSDV」で検索し、対応しているか確認してみましょう。

LINEMOとIIJmioの併用デメリットは2つ

LINEMOとIIJmio 併用デメリット

ここでは、LINEMOとIIJmioの併用デメリットを2つ紹介します。

併用デメリットは次の2つです。

  1. IIJmioは混雑時に速度が低下する
  2. デュアルSIM対応のスマホが必要

それぞれのデメリットを解説していきます。

併用デメリット①:IIJmioは混雑時に速度が低下する

IIJmioの通信速度は、キャリアブランド系の格安SIMより速度が遅いです。

なぜなら、IIJmioは、ドコモなどのキャリアから回線を借りて運営しているため、回線混雑時(昼/夕方)に速度が低下します。

一方のLINEMOは、ソフトバンクブランドなので高速通信は折り紙つきです。

2社の実際の通信速度は、次項でくわしく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

以上のように、IIJmioはLINEMOのような高速通信は望めません。

併用デメリット②:デュアルSIM対応のスマホが必要

格安SIMを併用する場合は、デュアルSIM対応スマホが必要です。

このため、デュアルSIMスマホを持っていない方は、事前に用意しなくてはなりません。

前述しましたが、おすすめ機種はDSDVかDSDA対応機で、この2つはSIMの切り替え不要により、2回線の電話を同時待ち受け可能です。

iPhoneならXSシリーズ以降は、DSDVのデュアルSIMに対応しています。

以上のとおり、LINEMOとIIJmioの併用はデュアルSIM対応スマホが必須です。

LINEMOとIIJmioの併用メリットは5つ

LINEMOとIIJmio 併用メリット

続いて、LINEMOとIIJmioの併用メリットを5つ紹介します。

併用メリットは次の5つです。

  1. 合せて月額1,840円の格安運用できる
  2. LINEMOはLINEアプリが完全使い放題
  3. 1台のスマホで2つの電話番号を持てる
  4. LINEMOはキャッシュバックがある
  5. 一方の通信障害をカバーをできる

それぞれのメリットを解説していきます。

併用メリット①:合せて月額1,840円の格安運用できる

LINEMOとIIJmioの併用は、月額1,840円から格安運用できます。

料金内訳は、LINEMOなら3GB月990円、IIJmioなら2GB月850円、合わせて5GB月額1,840円です。

LINEMOは「7ヶ月間5分かけ放題無料、テザリング、+メッセージ、5G」などの機能や無料サービスあり。

IIJmioは「データ繰り越し、低速モード、テザリング、データシェア、5G」などの機能や無料サービスあり。

以上のように、月額1,840円の格安で2社のサービスをフルに利用できます!

併用メリット②:LINEMOはLINEアプリが完全使い放題

LINEMOは、LINEギガフリーにより、LINEアプリが完全使い放題です。

これにより、LINEアプリの「トーク、音声通話・ビデオ電話」などを、どれだけ使ってもデータ消費しません。

これらは、LINEとLINEMOは、ソフトバンクグループなので、グループ特典によるものです。

利用者が多い、LINEアプリが使い放題とあって、LINEMOに乗り換える方も多数います。

以上をふまえ、LINEアプリをよく利用する方は、LINEMOは絶対にお得です。

併用メリット③:1台のスマホで2つの電話番号を持てる

LINEMOとIIJmioの併用すると、2つの電話番号を持てます。

LINEMOとIIJmio(音声SIM)は、電話、SMS、データ通信の3機能が付いた「音声通話付きSIM」です。

電話番号を2つ持つ最大メリットは、仕事用やプライベートなど電話番号の使い分けをできる点です。

さらに、現在は様々なサービスでSMS認証を求められるので、電話番号が2つあると利便性が高まります。

このように、LINEMOとIIJmioの併用すると、2つの電話番号を運用できます。

併用メリット④:LINEMOはキャッシュバックがある

LINEMOは、申し込みキャンペーンでPayPay最大10,000円分をキャッシュバック中です!

3GB(ミニプラン)は、新規契約と乗り換えともに、PayPay2,970円分をプレゼントされます。

これにより、3GB(ミニプラン)は3ヶ月間実質無料です。

20GB(スマホプラン)は、新規契約はPayPay3,000円分、乗り換えならPayPay10,000円分を、それぞれプレゼントされます。

以上のとおり、LINEMOならキャッシュバックを利用してお得に申し込めます。

併用メリット⑤:一方の通信障害をカバーをできる

LINEMOとIIJmioを併用すると、一方が通信障害なった時のカバーをできます。

LINEMOは、ソフトバンクブランドですので、ソフトバンク回線を使用します。

一方、IIJmioは、契約時にドコモとauのどちらか選択しますが、仮にドコモを選らんだとしましょう。

これにより、もしソフトバンク回線に通信障害が起きた場合、その間は、IIJmioのドコモ回線を使っていればOKです。

こういったように、LINEMOとIIJmioの併用は、通信障害時の備えとなりいざと云う時も安心です。

LINEMOとIIJmioの実際の通信速度

ここでは、LINEMOとIIJmioの実際の通信速度を紹介します。

格安SIMを併用する場合、料金と並んで重要なのが通信速度です。

LINEMO IIJmio
下り平均速度 46.15Mbps 10.42Mbps
上り平均速度 3.25Mbps 4.35Mbps
回線 SoftBank 4G Docomo 4G
測定画像
(画像クリックで拡大)
LINEMOの通信速度 IIJmioの通信速度

上の表は、LINEMOとIIJmioの通信速度を、5回計測した上り・下りの平均速度です。

LINEMO(SoftBank 4G)は、下り平均45.53Mbps、下り最大55.39Mbpsを計測。

IIJmio(Docomo 4G)は、下り平均10.42Mbps、下り最大11.65Mbpsを計測。

ご覧のとおり、2社の通信速度は4倍以上の開きがあります。理由は次のとおりです。

LINEMOは、ソフトバンクが運営しますので、ソフトバンクメイン回線を使って、キャリア同等の速度を叩きだします。

一方、IIJmioは、ドコモやauから回線を借りている運営しているため、それなりの通信速度です。

以上のように、LINEMOは高速通信しますが、IIJmioの通信速度は遅いです。

高速5G利用について

LINEMOとIIJmioともに、高速大容量通信5Gに対応しています。

LINEMOなら「ソフトバンク5G」を、IIJmioなら「ドコモ5G・au5G」いずれかを、それぞれ利用できます。

参考までに、5G人口カバー率は、ソフトバンク92%、au90%、ドコモ88%、楽天モバイル(非公表)と続いています。

5Gは、前世代の4Gに比べ20倍近く速いので、5Gエリアの方はぜひ利用しましょう。

以上のとおり、LINEMOとIIJmioともに、5G対応により超高速通信が可能です!

まとめ

ここまで、LINEMOとIIJmioの併用したデュアルSIM運用を紹介しました。

最後にもう一度、2社を併用するメリット・デメリット確認してみましょう。

LINEMOとIIJmio
併用メリット
LINEMOとIIJmio
併用デメリット
  1. 合せて月額1,840円の格安運用できる
  2. LINEMOはLINEアプリが完全使い放題
  3. 1台のスマホで2つの電話番号を持てる
  4. LINEMOはキャッシュバックがある
  5. 一方の通信障害をカバーをできる
  1. IIJmioは混雑時に速度が低下する
  2. デュアルSIM対応のスマホが必要

LINEMOは、LINEアプリを使い放題なうえ、3GB/月990円はサブブランドの中で安値です。

さらに、LINEMOはソフトバンクブランドで、キャリアメイン回線を使い通信品質は抜群です。

一方、IIJmioは、格安SIMの老舗ブランドで、多くのユーザーが利用しています。

IIJmioの特徴は、料金は最安値級なうえに、付帯サービスが充実していて料金以上の価値があります。

こういったように、LINEMOならキャリア通信品質で、IIJmioなら機能充実&格安料金で、それぞれ利用できます。

それでは、LINEMOとIIJmioを併用して、良いとこどりのお得なスマホライフを送ってください!

格安SIM

Posted by wifi-park