楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える手順!デメリットも解説!

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換え

この記事では「楽天モバイル」から「ワイモバイル」へ乗り換える手順を紹介しています。

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるケースの多くは、利用エリアや電波状況を改善したい方です。

ワイモバイルなら3GB/月2,970円で使え、ソフトバンク・プラチナバンドを利用して広いエリアで高速通信が可能です。

乗り換え方法を詳しく知りたい方はこの記事を、ワイモバイルへすぐに乗り換えたい方は、以下の公式キャンペーンサイトからどうぞ!

≫ ワイモバイル乗り換えキャンペーン

ページ目次

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えに必要な物は5つ

最初に、楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えに必要な物を5つ紹介します。

事前に用意しておくと、スムーズな乗り換えが行えますので、あらかじめ準備しておきましょう。

乗り換えに必要な物は以下の5つです。

  1. ワイモバイルの対応機種
  2. MNP予約番号
  3. 本人確認書類
  4. クレジットカードか通帳
  5. メールアドレス

それぞれについて解説していきます。

➀ ワイモバイルの対応機種

まず、楽天モバイルで使っていたスマホが、ワイモバイルで利用可能か確認しましょう。

確認方法は、ワイモバイルの「対応端末一覧」で行えますので、事前に調べてみて下さい。

ワイモバイルの対応端末か確認できたら、つづいて楽天モバイルでMNP予約番号を発行します。

➁ 楽天モバイルMNP予約番号

次に、楽天モバイルで使っていた電話番号を、ワイモバイルで使うため、楽天モバイルでMNP予約番号を取得します。

発行手順は、以下の「MNP予約番号を発行する」でくわしく解説していますので、手順に従って発行してください。

ちなみに、MNP予約番号の発行は、5分程度の簡単な手続きです。

➂ 本人確認書類

ワイモバイルは申し込み時に、以下の本人確認書類が求められますので、現住所記載の本人確認書類を準備しましょう。

「運転免許証、マイナンバーカード、日本国パスポート、健康保険証+補助書類、住民基本台帳カード+補助書類、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳」

詳しくは、ワイモバイルの「本人確認書類」をご覧ください。

➃ クレジットカードか通帳

ワイモバイルの支払い方法は、クレジットカードと口座振替の2通りがあります。

どちらも、契約者本人名義のものをご用意ください。なお、契約者と支払い名義が異なる場合は補助書類が必要です。

以上のように、ワイモバイルは口座振替に対応しているので、クレジットカードをお持ちでない方も申し込みできます。

➄ メールアドレス

ワイモバイルの申し込みにはメールアドレスが必要です。

現在、楽天モバイルで使っているメールや、GmailやYahoo!メール等の無料メールでもOKです。

なお、楽天モバイルの「楽メール」は、ワイモバイルに乗り換えると基本的に使えませんので、ワイモバイルの申し込みには使わないで下さい。

≫ ワイモバイルに申し込む

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える手順

それでは、楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える手順を解説します。

乗り換える手順は次のとおりです。

  1. 楽天モバイルでMNP予約番号を発行する
  2. ワイモバイルで乗り換え手続きを行う
  3. ワイモバイルの開通手続きを行う
  4. ワイモバイルの初期設定(APN設定)をする

それぞれについて解説していきます。

手順➀:楽天モバイルでMNP予約番号を発行する

まず、楽天モバイルのMNP予約番号発行までの、6ステップを画像付きで紹介します。

冒頭でもお伝えした通り、楽天モバイルの電話番号をワイモバイルで使うためには、MNP予約番号が必要です。

手続きは5分程度で終わりますので、以下の手順に沿って進めていきましょう。


➀「my 楽天モバイル」にログインして「≡」をタップ

楽天モバイル MNP_1

➁「契約プラン」をタップ

楽天モバイル MNP_2

➂「その他のお手続き」の「各種手続きはこちら」をタップ

楽天モバイル MNP_3

➃「解約のお手続き」の「他社へのお乗り換え(MNP)」をタップ

楽天モバイル MNP_4

➄ アンケートに答え「MNP予約番号を発行する」をタップ

楽天モバイル MNP_5

➅ 発行された「MNP予約番号情報」を確認・保管する

楽天モバイル MNP_6

ポイント

MNP予約番号を取得したら、楽天モバイル側の手続きは完了です。

なお、MNP予約番号の有効期限は15日間ですが、ワイモバイルへ乗り換える際に有効期限は10日以上必要です。

つまり、実質4日間で予約番号は有効期限切れになるので、すみやかにワイモバイルの手続きを進めていきましょう。

手順➁:ワイモバイルで乗り換え手続きを行う

ワイモバイル申し込みの流れ

次に、ワイモバイルの乗り換え手続き、10ステップを画像を交えて紹介します。

申し込み途中で、MNP予約番号を求められますので、案内に従って入力してください。

手続きは20分程で完了しますので、以下の手順に沿ってゆっくり進めていきましょう。


➀ ワイモバイルオンラインストアにアクセス

最初に「ワイモバイル オンラインストア」にアクセスする

「SIMカード」か「eSIM」を選択してタップ

ymobile_app_1

➁ SIMカードの購入

「料金プラン」や「オプション」を選択して「次へ」をタップ

ymobile_app_2

➂ 料金明細

料金明細の「申込み手続きを開始する」をタップ

ymobile_app_3

➃ 連絡先登録
・メールアドレス認証
・のりかえ予定の携帯電話番号
・連絡先電話番号
➄ お客さま情報入力
・MNP予約番号
・MNP予約番号有効期限
・ご契約者情報
・ネットワーク暗証番号
・お支払い情報
➅ 本人確認書類をアップロード
➆ 入力内容確認
➇ 重要説明事項
➈ お申し込み完了
➉ 申し込み完了メールが届く

ポイント

以上で、楽天モバイルからワイモバイルへの乗り換え手続きは完了です。

SIMカードなら、SIMカード到着後にワイモバイルの回線切替を行います。

eSIMなら、このままワイモバイルの回線切替を進めていきます。

手順➂:ワイモバイルの回線切替を行う

続いて、ワイモバイルの回線切替き方法を、Web切替と電話切替ごとに紹介します。

SIMカードなら商品到着後に、eSIMなら申し込み完了後に、それぞれ回線切替できます。

回線切替方法は次のとおりです。

Webで切り替える場合

回線切替手続き受付時間 09:00~20:30

オンライン回線切替受付ページにアクセスする
➁ 申し込み完了メールに記載された「WEB受注番号」を入力
➂「いますぐ回線を切り替える」をタップ
➃ 回線切替完了

電話で切り替える場合

回線切替手続き受付時間 10:00~19:00

➀ 切替窓口「0800-100-1847」に電話する
➁ 音声ガイダンスが流れる
➂ ガイダンスに従って「電話番号」と「暗証番号」を入力
➃ 回線切替完了

ポイント

回線切替が完了し、ワイモバイル回線が開通すると、楽天モバイルは自動的に解約されます。

手順➃:ワイモバイルの初期設定(APN設定)をする

最後に、ワイモバイルのAPN設定を行います。

ワイモバイル APN設定方法
APN設定 iPhone APN設定方法 Android APN設定方法

APN設定手順は、上のワイモバイル公式サイトにアクセスして、手順に沿って進めて下さい。

具体的な手順は以下の通りです。

スマホの電源をOFFにして、ワイモバイルのSIMカードをSIMトレイに取り付ける。

SIMトレイに、SIMカードとSDカードなどを取り付けたら、SIMスロットへゆっくり挿し込む。

スマホの電源を再投入して、ワイモバイル公式サイトに記載された手順に沿ってAPN設定を行う。

以上、APN設定を完了したら、早速インターネットへアクセスしてみましょう。

≫ ワイモバイルに申し込む

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えタイミングは?

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えるタイミングは、いつでも大丈夫です。

まず、楽天モバイルの料金プランは、データ使用量に応じた従量制のため、利用分しか請求されません。

かけ放題やオプションサービスも、解約月は日割り計算されます。くわえて、解約違約金も無料です。

つまり、楽天モバイルは、どのタイミングで解約してもデメリットはありません。

次に、乗り換え先のワイモバイルは、利用開始月の料金は日割り計算されるので、月初でも月末に契約しても同じです。

以上のとおり、楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えタイミングは、まったく気にする必要ありません。

≫ ワイモバイルに申し込む

楽天モバイルとワイモバイルの基本情報をおさらい

乗り換えを迷っている方は、楽天モバイルとワイモバイルの基本情報を、もう一度確認してみましょう。

以下で、2社のプラン内容を比較して、乗り換えの目安にしてください。

楽天モバイル ワイモバイル
運営会社 楽天モバイル ソフトバンク
利用回線 楽天 4G、5G ソフトバンク 4G、5G
SIMタイプ eSIM、SIMカード eSIM、SIMカード
月額料金 0GB~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB~無制限:3,278円
(Rakuten UN-LIMIT VII)
3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
(シンプルS/M/L)
通話オプション 15分かけ放題:月額1,100円 10分かけ放題:月額770円
かけ放題:月額1,870円
基本通話料金 22円 / 30秒
Rakuten Link / 無料
22円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字
Rakuten Link / 無料
3.3円 / 70文字
契約事務手数料 0円 0円
(店舗契約は3,300円)
契約解除料 0円 0円
最低利用期間 なし なし
開始月料金 日割り 日割り
低速モード ◯ 対応
(パートナー回線エリア)
✕ 未対応
データ繰り越し ◯ 対応
テザリング ◯ 対応 ◯ 対応
Wi-Fiスポット ◯ 対応:月額398円 ◯ 対応:無料
キャリアメール ◯ 対応:無料 ◯ 対応:無料
留守番電話 ◯ 対応:無料 ◯ 対応:無料
LINE年齢認証 ◯ 対応 ◯ 対応
キャッシュバック 楽天ポイント 8,000円分 PayPay 8,000円分
キャリア決済 楽天モバイルキャリア決済 ワイモバイルまとめて支払い
支払い方法 クレジットカード、楽天デビットカード、口座振替 クレジットカード、口座振替

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えデメリットは4つ

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えるデメリットを紹介します。

おもなデメリットは次の4つです。

  1. 月額料金は高くなる
  2. かけ放題は有料利用になる
  3. 楽天ポイント還元率がダウンする
  4. 海外利用は無料で使えなくなる

それぞれを解説していきます。

デメリット➀:月額料金は高くなる

楽天モバイル ワイモバイル
月額料金 ~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
~無制限:3,278円
3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えると、月額料金は高くなります。

2社の比較可能な3GBプランを見ても、楽天モバイルなら3GB/月1,078円ですが、ワイモバイルは3GB/2,178円と割高です。

くわえて、楽天モバイルはデータ使用量に応じた従量制で、最大月額3,278円でデータ無制限で利用できます。

参考までに、格安SIMは多数ありますが、データ無制限で使えるのは、楽天モバイルのみです。

以上のとおり、月額料金は楽天モバイルより、ワイモバイルの方が高いです。

デメリット➁:かけ放題は有料利用になる

楽天モバイル ワイモバイル
かけ放題 無料 月額1,870円
専用アプリ 必要 不要

楽天モバイルは、通話アプリ「Rakuten Link」を使うと無料かけ放題です。

ただ、Rakuten Linkは、楽天モバイルユーザー専用アプリのため、他社へ乗り換えると利用できません。

一方、ワイモバイルのかけ放題は月額1,870円です。

しかし、ワイモバイルのかけ放題は、面倒な専用アプリは不要で、スマホの標準アプリを使えます。

以上のように、楽天モバイルならかけ放題は無料ですが、ワイモバイルのかけ放題は有料です。

デメリット➂:楽天ポイントの還元率がダウンする

楽天モバイルを解約すると、楽天ポイントの還元率はダウンします。

楽天モバイルユーザーは、「SPU」によって楽天市場での買い物は、楽天ポイントを最大3倍付与される特典があります。

そのため、とくに楽天市場のヘービーユーザーは、ワイモバイルへの乗り換えると、楽天ポイントの影響は大きいです。

また、楽天ポイントで楽天モバイルの料金を支払っていた場合も同様です。

以上のとおり、楽天経済圏でポイント運用をしている方はデメリットになります。

デメリット➃:海外利用は無料で使えなくなる

楽天モバイル ワイモバイル
海外利用料金 ~2GB:無料 / 月 ~25MB:0円~1,980円 / 日
25MB~:2,980円 / 日
利用可能な国・地域 67の国と地域 114の国と地域

楽天モバイルは、月間2GBまで、海外67の国と地域でインターネットを無料で使えます。

一方、ワイモバイルは、1日あたり25MB以上使うと、日額2,980円掛かります。

しかも、25MBというデータ量は、動画を2~3分しか見れない容量で、はっきり言って使いものになりません。

このように、海外利用なら楽天モバイルの方が圧倒的にお得です。

以上をふまえて、海外利用の多い方は、ワイモバイルへの乗り換えは慎重に行う必要があります。

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えメリットは7つ

ワイモバイルSIMカード

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えるメリットを紹介します。

おもなメリットは次の7つです。

  1. 家族で使うと料金が安くなる
  2. ソフトバンク・プラチナバンドを使える
  3. 通信速度が速くなる
  4. Wi-Fiスポットを無料で使える
  5. PayPayポイントの還元率が上がる
  6. 乗り換えでPayPayポイントが貰える
  7. Yahoo!プレミアム会員費が無料になる

それぞれを解説していきます。

メリット➀:家族で使うと料金が安くなる

楽天モバイル
(Rakuten UN-LIMIT VII)
ワイモバイル 家族割
(シンプルS/M/L)
 月額料金 ~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
~無制限:3,278円
3GB:990円
15GB:2,090円
25GB:2,970円

上の表は、楽天モバイルとワイモバイル「家族割」の料金比較です。

楽天モバイルには、家族割引はありませんので、家族で利用しても月額料金は変わりません。

対して、ワイモバイルなら2回線目以降は家族割が適用され、全プラン1,188円割引されます。

これにより、人気のシンプルS(3GB)を月990円で使え、楽天モバイルの~3GB月1,078円より安く利用できます。

以上をふまえて、家族や1人2回線で利用する方は、ワイモバイルをおすすめします。

メリット➁:ソフトバンク・プラチナバンドを使える

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えると、ソフトバンク・プラチナバンドを使えます。

プラチナバンドは総務省が管轄し「ドコモ・au・ソフトバンク」の3キャリアにしか割り当てていません。

そのため、プラチナバンド未割り当ての楽天モバイルは、地下鉄・地下やビル内で電波を掴めないエリアがあります。

これが原因で、料金の安い楽天モバイルから、他社へ乗り換える方がいます。

以上のように、ワイモバイルならプラチナバンドを使って、快適なスマホ利用できます。

メリット➂:通信速度が速くなる

参考サイト:みんなのネット回線速度

楽天モバイル ワイモバイル
下り平均速度 36.63Mbps 68.39Mbps
上り平均速度 20.84Mbps 16.44Mbps
平均Ping値 51.09ms 40.19ms

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えると、通信速度は速くなります。

表のとおり、楽天モバイルの下り平均速度36.63Mbps、対してワイモバイルは下り平均速度68.39Mbpsです。

このように、ワイモバイルの方が30Mbps以上、高速通信しています。

つまり、楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えると、今より快適にインターネットを楽しめます。

以上のとおり、ソフトバンク主回線を使うワイモバイルなら、高速データ通信が可能です。

メリット➃:Wi-Fiスポットを無料で使える

楽天モバイル ワイモバイル
Wi-Fiスポット 月額:398円 月額:無料

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えると、Wi-Fiスポットが無料になります。

Wi-Fiスポットは、カフェやレストラン、ファーストフード、主要駅などで高速インターネットを利用できるサービスです。

楽天モバイルのWi-Fiスポット「楽天モバイルWiFi by エコネクト」は、月額398円の有料です。

一方、ワイモバイルなら約46万か所の「ソフトバンクWi-Fiスポット」を、無料かつ申し込み不要で利用できます。

このように、ワイモバイルなら外出先でも、インターネットを思う存分楽しめます。

メリット➄:PayPayポイントの還元率が上がる

ワイモバイルユーザーは、PayPayポイントの還元率がアップします。

これによりPayPay支払いで、PayPayモールなら最大20.5%、Yahoo!ショッピングなら最大18.5%のPayPayポイントを付与されます。

つまり、普段からPayPayを利用している方は、さらにお得なポイント運用をできます。

貯まったPayPayポイントは、ワイモバイルの支払いにも充当できるので、スマホ料金の節約も可能です。

以上のように、ソフトバンクグループのワイモバイルとPayPayは相性は抜群です。

メリット➅:乗り換えでPayPayポイントが貰える

シンプルS シンプルM/L
新どこでももらえる特典 3,000ポイント 10,000ポイント
SIMトク!キャンペーン特典 3,000ポイント 3,000ポイント
 合計ポイント 6,000ポイント 13,000ポイント

ワイモバイルは、他社から乗り換え(MNP)で、PayPayポイン最大13,000ptをプレゼントされます。

キャンペーン対象は、乗り換え(MNP)で「SIMカードのみ」か「eSIMのみ」いずれかの申し込みです。

このように、SIMのみ購入で適用されますので、今のスマホそのままでワイモバイル乗り換えるだけです。

キャンペーン適用には、ワイモバイルの「キャンペーンサイト」からエントリーが条件のため、事前に登録しておきましょう。

以上のとおり、ワイモバイルは他社から乗り換えで、PayPayポイントをGETできます!

メリット➆:Yahoo!プレミアム会員費が無料になる

つづいて、楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えるメリットの7つ目です。

ワイモバイルユーザーなら、月額508円の「Yahoo!プレミアム」の会員費が無料になります。

例えば、ヤフオク!をよく利用する方は、Yahoo!プレミアム会費を毎月支払っていると思いますが、これがタダになります。

さらに、Yahoo!プレミアム会員なら「電子書籍ビューン読み放題、バスケットLIVE見放題、Yahoo!トラベルポイント5倍」等々の、お得な特典がいっぱいです。

このように、ワイモバイルユーザーは、Yahoo!プレミアムサービスを無料で使い倒せます!

≫ ワイモバイルに申し込む

楽天モバイルからmineoへ乗り換える時によくある質問

ここでは、楽天モバイルからmineoへ乗り換える時によくある質問をまとめています。

楽天モバイル解約後にSIMカード返却は?

楽天モバイルは、乗り換えや解約後のSIMカード返却は不要です。ご自分で廃棄しても構いません。

郵送での廃棄を希望する方は、以下の住所へ普通郵便で送ってください。


〒143-0006
東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
楽天モバイル RSIM回収係

楽天モバイルで分割払い中の端末は使える?

楽天モバイルで分割払い中の端末は、ワイモバイルに限らず格安SIM各社で使えます。

ただし、分割払いの残債分は、クレジットカード会社への支払いは継続します。

補足になりますが、楽天モバイルの端末は、すべてSIMフリー端末です。

ワイモバイルのeSIMってなんですか?

eSIMとは、スマホに内蔵された「本体一体型SIM」になり、SIMカードの挿入は不要です。

開通手続きは、契約後に発行されるQRコードを読み取り、プロファイルをインストールすると完了です。

なお、eSIM利用はeSIM対応スマホが必要です。

楽天モバイルとワイモバイルの併用の選択肢は?

あなたも、楽天モバイルとワイモバイルの併用を検討してみませんか?

楽天モバイルとワイモバイルの2社を併用しているユーザーは多数います。

併用すると、両社の良いとこどりができ、安価で2社のサービスを利用できるメリットがあります。

なので、楽天モバイルの契約を残しつつ、ワイモバイルと新規契約して併用するのもおすすめです。

楽天モバイルとワイモバイルの併用は、以下の記事でくわしく解説しているので参考にしてください。

楽天モバイルからワイモバイル以外へ乗り換える場合は?

楽天モバイルから他社へ乗り換え手順を紹介している記事一覧です。

楽天モバイルから乗り換える手順
楽天モバイルからahamoへ乗り換える
楽天モバイルからmineoへ乗り換える
楽天モバイルからOCNモバイルONEへ乗り換える
楽天モバイルからIIJmioへ乗り換える
楽天モバイルからNUROモバイルへ乗り換える
楽天モバイルからLINEMOへ乗り換える

楽天モバイルから乗り換えを検討している方は、それぞれの記事をチェックしてみて下さい。

ご自身にピッタリな乗り換え先が見つかるかもしれません。

いずれも、キャリアブランドや大手通信会社が運営する人気の格安SIMで、多くのユーザーが利用中です。

まとめ

以上、楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える手順とデメリット・メリットを紹介しました。

なんと云っても、ワイモバイルは、高品質なソフトバンク回線を割安で使えるメリットがあります。

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える方は、楽天モバイルの通信品質や利用エリアがおもな要因です。

対して、ソフトバンクブランドのワイモバイルは、プラチナバンドを使えるので電波状況は抜群です。

つまり、ワイモバイルに乗り換えれば、データ通信品質は格段に上昇しストレスフリーな通信が可能となります。

楽天モバイルからワイモバイルへの乗り換えは、簡単にできますので、さっそく進めていきましょう!

では、ワイモバイルへ乗り換えて、快適なスマホライフを送ってください!

≫ ワイモバイル 公式サイトへ

格安SIM

Posted by wifi-park