LINEMOのかけ放題オプションは2タイプ!専用アプリは不要!

PR

LINEMO かけ放題オプション

この記事では、LINEMOのかけ放題オプションを全解説しています。

まず、LINEMOのかけ放題オプションは、通話準定額(5分かけ放題)、通話定額(かけ放題)の2タイプがあります。

なんといっても、LINEMOは「基本料金プラン」と「かけ放題オプション」どちらもサブブランド最安値になり、スマホ代の大幅節約を可能です。

では、今からLINEMOのかけ放題オプションについて紹介していきますので、引き続きご覧ください!

ミニプラン(3GB)が実質8ヶ月無料になるキャンペーンを利用して、さっそく申し込む方は下の公式サイトからどうぞ!

≫ LINEMO 公式サイトへ

LINEMO ミニプラン キャンペーン

LINEMOのかけ放題オプションは2タイプ

最初に、LINEMOのかけ放題オプションは次の2タイプです。

  1. 通話準定額(5分かけ放題)
  2. 通話定額(かけ放題)

まず、LINEMOかけ放題オプションの基本情報をご案内いたします。

通話準定額 通話定額
サービス内容 5分以内の通話は
何度でも無料
通話時間の制限なし
何度でも無料
月額料金 550円 1,650円
キャンペーン月額料金
(7ヶ月間)
無料 1,100円
基本通話料金 22円/30秒
初月料金 日割り
SMS料金 3.3円/70文字
専用アプリ 不要
プレフィックス番号 不要
対象通話 国内通話(※一部対象外のサービスあり)
対象プラン ミニプラン、スマホプラン

それでは、2つのかけ放題オプションについて解説していきます。

①:通話準定額(5分かけ放題)

LINEMOの「通話準定額」は月額550円のかけ放題オプションです。

通話準定額
月額料金 550円
キャンペーン月額料金 無料(7ケ月間)
 サービス内容 5分以内の通話は何度でも無料
 5分超過後の通話料 22円/30秒

・通話準定額(5分かけ放題)は、LINEMOで5分以内の通話を毎月12分以上する人がお得!

LINEMOの通話準定額/月550円は、1回あたり5分以内の通話は何度でも無料かけ放題です。

5分超過後は30秒/22円の基本通話料金が発生します。

総務省の情報白書では、1回のスマホの平均通話時間は「約3分10秒」で、5分かけ放題なら約2分のアドバンテージがあります。

②:通話定額(かけ放題)

LINEMOの「通話定額」は月額1,650円のかけ放題オプションです。

通話定額
月額料金 1,650円
キャンペーン月額料金 1,100円(7ケ月間)
 サービス内容 通話時間の制限なしで何度でも無料

・通話定額(かけ放題)は、LINEMOで毎月38分以上の通話をする人がお得!

LINEMOの通話定額/月1,650円は、通話時間の制限もなく何度でも無料かけ放題です。

LINEMOは、他社のような1回あたりの通話時間に制限がなく、文字通りかけ放題なので、どれだけ長電話しても定額なので安心です。

通話定額は、仕事やプライベートで時間を気にせず通話したい方におすすめします。

≫ LINEMOに申し込む

LINEMOのかけ放題オプションの使い方と概要

つづいて、LINEMOのかけ放題オプションの使い方と概要を紹介します。

使い方と概要は次のとおりです。

  • かけ放題オプションは専用アプリ不要
  • かけ放題オプションはプレフィックス不要
  • かけ放題オプションの対象外電話番号
  • かけ放題オプションのプラン変更と解約
  • ソフトバンクのVoLTE利用で高品質通話

それぞれを解説していきます。

かけ放題オプションは専用アプリ不要

LINEMOのかけ放題オプションは専用アプリ不要です。

 かけ放題オプション 使い方
専用アプリ 不要

LINEMOのかけ放題オプションは、専用アプリ不要のため、使い慣れたスマホの標準電話アプリを使えます。

他社では、かけ放題に専用通話アプリが必要な場合もありますが、はっきり云って使いずらいです。

しかし、LINEMOのかけ放題オプションは、アプリ経由で通話しないので、利便性も高く通話品質も良好です。

かけ放題オプションはプレフィックス不要

LINEMOのかけ放題オプションはプレフィックス番号の付与は不要です。

 かけ放題オプション 使い方
プレフィックス番号 不要

LINEMOのかけ放題オプションは、プレフィックス番号(0035-44)を付与せずに利用できます。

格安SIMの中には、かけ放題を利用する際に電話番号の先頭にプレフィックス番号を付与するところもあります。

しかし、LINEMOはオートプレフィックス通話なので、自分では何もする必要はありません。

かけ放題オプションの対象外電話番号

LINEMOのかけ放題オプションの対象外電話番号は次のとおりです。

かけ放題オプション 対象外サービス
対象外電話番号 ナビダイヤル(0570)、テレドーム(0180)、番号案内サービス(104)、衛星電話、国際電話、LINEMO指定番号

表のとおり、LINEMOのかけ放題オプションは、他社のかけ放題と同様に一部サービス対象外の電話番号があります。

また、LINEMOのかけ放題オプションは国内通話サービスのため、国際電話サービスも対象外です。

ちなみに、050で始まるIP電話は、かけ放題オプションの対象なので、無料通話が適用されます。

かけ放題オプションは日割り計算される

LINEMOの初月利用料は次のようになります。

LINEMO 初月利用料
かけ放題オプション 初月:日割り
基本料金プラン 初月:日割り

LINEMOの初月利用料は「かけ放題オプション」と「基本料金プラン」どちらも日割り計算されます。

他社の場合ですが、基本料金は日割り計算されますが、かけ放題オプションは日割りなしの1ヶ月分が主流です。

くわえて、LINEMOならキャンペーン料金も日割り計算されるので、とにかく無駄のない契約が可能です。

かけ放題オプションのプラン変更と解約

LINEMOのかけ放題オプションのプラン変更と解約は次のようになります。

かけ放題オプション 変更・解約
かけ放題オプション変更 手続き日の翌月1日から適用
かけ放題オプション解約 手続き日の当月末で解約

LINEMOのかけ放題オプションは変更可能で、変更手続き日の翌月1日から適用されます。

例とえば、通話定額(かけ放題)から通話準定額(5分かけ放題)に変更した場合、翌月1日から通話準定額を利用できます。

解約に関しては、手続き日の当月末に解約され、仮に4月20日に手続きすると4月末の解約です。

ソフトバンクのVoLTE利用で高品質通話

LINEMOは、高品質な音声通話ができるVoLTEを利用できます。

LINEMO VoLTE利用
VoLTE回線 自社ソフトバンク回線

ソフトバンクサブブランドのLINEMOは、自社のソフトバンクVoLTE回線を利用します。

VoLTE回線のメリットは、よりクリアで高品質な音声通話を実現し、呼び出し時間も速い点です。

このように、LINEMOならキャリア品質の音声通話をできるので、途切れたり聞こえにくいと云った心配がありません。

≫ LINEMOに申し込む

LINEMOのかけ放題オプションキャンペーン!

LINEMO 通話プション キャンペーン

LINEMOのかけ放題オプションのキャンペーン料金は次のとおりです。

通常料金 キャンペーン料金
通話準定額(5分かけ放題) 月550円 月額無料
通話定額(かけ放題) 月1,650円 月1,100円

キャンペーン期間:2023年7月4日~終了日未定

LINEMOは、キャンペーンによりかけ放題オプションを「7ヶ月間・月550円割引」で使えます。

これにより、通話準定額(5分かけ放題)なら月額無料、通話定額(かけ放題)は月1,100円といったように、7ヶ月間割引料金で利用できます。

キャンペーン期間中に、新規契約・乗り換えのどちらも、かけ放題オプションに加入すると、自動的にキャンペーン料金が適用。

LINEMOは、この他にもミニプラン(3GB)を実質8ヶ月間無料になる、超おトクなキャンペーンを開催中です。

≫ LINEMOに申し込む

LINEMOのかけ放題オプションを付けた月額料金

LINEMO 料金プラン

ここでは、LINEMOの「基本料金プラン」に「かけ放題オプション」を付けた料金を紹介しています。

まず、以下のLINEMOの基本料金プランをご案内いたします。

LINEMO 料金プラン
(3GBミニプラン/20GBスマホプラン)
月額料金 3GB:990円
20GB:2,728円
キャンペーン 3GB:実質8ヶ月無料
20GB:PayPay最大1万円分還元
契約事務手数料 無料
国内通話料金 22円/30秒
SMS送信料 3.3円/70文字
契約解除料 無料
最低利用期間 なし
開始月料金 日割り
SIMタイプ eSIM、SIMカード
利用回線 ソフトバンク 4G、5G

それでは、LINEMOのかけ放題オプションを付けた料金を紹介していきます。

通話準定額(5分かけ放題)を付けた料金

LINEMOの基本料金に「通話準定額/月550円」付けた月額料金は次のとおりです。

※1 ミニプランキャンペーン(最大8ヶ月無料)と、通話オプションキャンペーン(最大7ヶ月無料)を合わせた料金。

基本料金+通話準定額
通常料金 キャンペーン料金
3GB(ミニプラン) 990円+550円=月1,450円 0円+0円=月額無料(※1)
20GB(スマホプラン) 2,728円+550円=月3,278円 2,728円+0円=月2,728円

LINEMOの3GB/月990円は、サブブランド最安値なので、通話準定額(5分かけ放題)と組み合せるとコスパ抜群です。

さらにキャンペーンにより、3GB(ミニプラン)と通話準定額を組み合せなら、最大7ヶ月間無料で使えます。

通話定額(かけ放題)を付けた料金

LINEMOの基本料金に「通話定額/月1,650円」付けた料金は次のとおりです。

※1 ミニプランキャンペーン(最大8ヶ月無料)と、通話オプションキャンペーン(最大7ヶ月/月1,100円)を合わせた料金。

基本料金+通話定額
通常料金 キャンペーン料金
3GB(ミニプラン) 990円+1,650円=月2,640円 0円+1,100円=月1,100円(※1)
20GB(スマホプラン) 2,728円+1,650円=月4,378円 2,728円+1,100円=月3,828円

表のように、20GB(スマホプラン)と通話定額の組み合わせなら月4,378円で、ネットも電話もたっぷり利用できます。

また、通話定額(かけ放題)/月1,650円は、キャンペーンにより最大7ヶ月間/月1,100円で使えます。

≫ LINEMOに申し込む

LINEMOの通信品質の評判・口コミ

Twitterで、LINEMOの通信品質に関する評判・口コミを調べてみました。

では、LINEMOの通信品質に関する口コミを順番に紹介していきます。

口コミ①:本家ソフトバンクより回線品質は劣る

本家ソフトバンクより、LINEMOの方が回線品質が劣るという口コミです。

ですが、ソフトバンクサブブランドのLINEMOは、ソフトバンクと同一回線を使用と公式発表されています。

口コミ②:LINEMOの通信品質は安定している

LINEMOは格安SIM並みの価格で、高品質なうえに使いやすいという口コミです。

なお、LINEMOはキャリアサブブランですが、料金プランは格安SIM殺しと業界で云われています。

口コミ③:ahamoからLINEMOにMNPしたら快適

この方は、ahamoからLINEMOに乗り換えたら、通勤電車内で繋がりやすくなったようです。

ahamoはドコモブランドなので品質には定評があるのですが、最近繋がりずらいと報道されていますね。

口コミ④:povoよりLINEMOの方が通信品質いい

LINEMOとpovoをデュアルSIM運用している方の口コミです。

povoはauサブブランドで通信品質には定評がありますが、LINEMOの方が体感の通信品質は良好のようです。

口コミ⑤:IIJmioからLINEMOにして通話品質向上

IIJmioは電車内で使いものならいので、LINEMOに乗り換えて通話・通信品質が改善されたようです。

IIJmioは借り受け回線ですが、LINEMOは自社回線なのでそもそも通信環境に差があります。

≫ LINEMO 公式サイトへ

LINEMOならLINE通話はデータ消費ゼロ

LINEMOは「LINEギガフリー」により、LINEアプリの「音声通話、ビデオ通話、トーク」などはデータ消費ゼロです。

なので、LINE電話で完結している方は、有料の通話オプションを付けなくても十分事足りるでしょう。

LINEギガフリーでは、次のLINEサービスが使い放題となります。

  • LINEトーク
  • LINE音声通話・ビデオ通話
  • アルバム・ノートの編集
  • LINE VOOMの表示・投稿・シェア
  • ディスカバー(写真・動画)の表示など

このように、LINEMOならLINEのおもなサービスが、使い放題なので、LINEをメイン利用している方にはメリットしかありません。

さらに、契約データ量を使い切って速度制限に掛かっても、LINEアプリの通信速度は落ちません。

まとめ

ここまで、LINEMOのかけ放題オプションを紹介してきました。

お伝えしたように、LINEMOには、通話準定額(5分かけ放題)と通話定額(かけ放題)2つのかけ放題オプションがあります。

2オプションともに、キャンペーン料金によって格安利用できるので、通話料を大幅に節約できます。

くわえて、LINEMOのかけ放題オプションは、専用アプリ不要、オートプレフィックス通話で、利便性は申し分ありません。

ソフトバンクサブブランドのLINEMOは、ソフトバンク主回線を使い、通信品質は他の格安SIMとは一線を画しています。

それでは、あなたもキャリアブランドのLINEMOを利用して、お得なスマホライフ送って下さい!

格安SIM

Posted by wifi-park