ワイモバイルとIIJmioの違いを14項目で比較!どっちがおすすめ!?

ワイモバイル IIJmio 比較

この記事は「ワイモバイル」と「IIJmio」の違いを14項目で比較し、どっちがいいか分かりやすくまとめています。

まず、2社のおすすめポイントを紹介します。

家族割で1,188円割引になる高速通信のワイモバイル

2GB/月850円から使えて格安SIM最安値級のIIJmio

家族で使かう方や高速通信ならワイモバイルを、とにかく安く使いたい方はIIJmioをおすすめします。

詳しく比較内容を見る方は引き続きこの記事を、2社の公式サイトを早速チェックする方は以下からどうぞ!

Y!mobile(ワイモバイル)とIIJmio(みおふぉん)の違いが分かる一覧表

ワイモバイルとIIJmioの基本情報を一覧表にしましたので、違いをそれぞれチェックしてみてください。

以下の表では、2社のプラン内容や付帯サービス一覧が確認できます。

ワイモバイル IIJmio
運営会社 ソフトバンク インターネットイニシアティブ
サービス開始 2014年8月1日 2012年2月27日
月額料金 3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
(シンプルS/M/L)
2GB:850円
4GB:990円
8GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
(ギガプラン/音声SIM)
契約事務手数料 0円
(店舗契約は3,300円)
3,300円
SIMカード発行手数料:433円(D)/446円(A)
契約解除料 0円 0円
国内通話料金 22円 / 30秒 11円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字
最低利用期間 なし 利用開始日の翌月末まで
開始月料金 日割り 日割り
SIM eSIM、SIMカード eSIM、SIMカード
利用回線 ソフトバンク 4G、5G ドコモ 4G、5G
au 4G、5G
(契約時に選択)
低速(節約)モード ✕ 未対応 ◯ 対応
データ繰り越し ◯ 対応 ◯ 対応
データチャージ 1GB:550円 1GB:220円
テザリング ◯ 対応 ◯ 対応
Wi-Fiスポット ◯ 対応:無料 ◯ 対応:月額398円
メールアドレス ◯ 対応:無料 ◯ 対応:月額330円
留守番電話 月額:無料 月額:330円
国内通話オプション 10分かけ放題:月額770円
かけ放題:月額1,870円
5分かけ放題:月額500円
10分かけ放題:月額700円
かけ放題:月額1,400円
LINE年齢認証 ◯ 対応 ◯ 対応
申し込み方法 店頭、オンライン オンライン
サポート 店頭、オンラインチャット、電話 オンラインチャット、電話
モバイルルーター販売 ◯ セット販売 ◯ セット販売
スマホ販売 ◯ セット販売 ◯ セット販売
キャッシュバック 6,000円分(PayPay) ✕ なし
キャリア決済 ワイモバイルまとめて支払い ✕ 未対応
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード

ワイモバイルとIIJmioを14項目で比較

ワイモバイルとIIJmioを14項目で比較しましたので、気になる項目をそれぞれチェックしてみてください。

14の比較項目は以下の通りです。

それぞれについて解説していきます。

比較➀:料金プラン

ワイモバイルとIIJmioの料金プランの比較です。

ワイモバイル
(シンプルS/M/L)
IIJmio
(ギガプラン/音声SIM)
月額料金 3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
2GB:850円
4GB:990円
8GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
月額料金
(2回線目以降)
3GB:990円
15GB:2,090円
25GB:2,970円

ワイモバイルは、3GB、15GB、25GBの3つのデータプランがあります。

1回線目の料金は割高ですが、2回線目以降は「家族割引サービス」が適用され、全プラン1,188円割引になります。

2回線目以降は、3GBなら月990円、25GBは月2,970円といったように、割安な料金です。

一方、IIJmioは、2GB、4GB、8GB、15GB、20GBの5つのデータプランがあり、回線は「ドコモ・au」からが選べます。

2GBなら月850円、20GBは月2,000円といったように、全プランを格安料金で利用できます。

以上のように、単純に安く使いたい方はIIJmioの方が圧倒的にお得です。

比較➁:通話料とかけ放題

ワイモバイルとIIJmioの通話料とかけ放題の比較です。

ワイモバイル IIJmio
基本通話料 22円 / 30秒 11円 / 30秒
国内通話オプション 10分かけ放題:月額770円
かけ放題:月額1,870円
5分かけ放題:月額500円
10分かけ放題:月額700円
かけ放題:月額1,400円
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字

基本通話料は、ワイモバイル30秒/22円に対し、IIJmio30秒/11円の方が半額安いです。

電話利用が多い方向けの、2社のかけ放題オプションを見ていきましょう。

ワイモバイルは、2つのオプションがあり、10分かけ放題なら月770円、かけ放題は月1,870円です。

対して、IIJmioは、3つのオプションがあり、10分かけ放題なら月700円、かけ放題は月1,400円で、いずれもワイモバイルより安いです。

以上のように、基本通話料とかけ放題オプションとも安いのはIIJmioです。

≫ 通話料が安いIIJmio

比較➂:各種手数料(初期費用など)

ワイモバイルとIIJmioの各種手数料の比較です。

ワイモバイル IIJmio
契約事務手数料 0円
(店舗契約は3,300円)
3,300円
SIMカード発行手数料:433~436円
契約解除料 0円 0円
MNP転出手数料 0円 0円
SIMカード再発行手数料 3,300円 2,200円

ワイモバイルは、初期費用の契約事務手数料は0円です。

一方、IIJmioは、契約事務手数料3,300円+433円で、3,733円の初期費用が掛かります。

解約や乗り換えにともなう「契約解除料」や「MNP転出手数料」は、ワイモバイルとIIJmioともに無料で、契約後も違約金の心配は不要です。

SIMカード再発行手数料は、SIMを紛失や破損した場合に再発行する際の手数料になります。

以上のとおり、ワイモバイルなら契約事務手数料0円で、初期費用は掛かりません。

≫ ワイモバイルなら契約手数料無料

比較➃:実際の通信速度

ワイモバイルとIIJmioの通信速度の比較です。

ワイモバイル IIJmio
下り平均速度 33.58Mbps 10.42Mbps
上り平均速度 1.99Mbps 4.35Mbps
回線 SoftBank 4G ドコモ 4G(タイプD)
測定画像
(画像クリックで拡大)
ワイモバイルの通信速度 IIJmioの通信速度

上の表は、ワイモバイルとIIJmioの通信速度を5回計測した上り・下りの平均速度です。

ワイモバイルは、下り平均速度「33.58Mbps」になり、高速通信しています。

IIJmio(タイプD)は、下り平均速度「10.42Mbps」になり、パッとしないの速度です。

ワイモバイルは、ソフトバンクメイン回線を使いますので、格安SIMの中でもトップクラスの通信速度を誇ります。

一方、IIJmioはキャリアから回線を借り受けているため、どうしても遅くなりますので、理解したうえで契約しましょう。

以上のように、速度重視で選ぶならワイモバイルです。

≫ 速度重視ならワイモバイル

比較➃:申し込み・乗り換えキャンペーン

ワイモバイルとIIJmioの申し込み・乗り換えキャンペーンの比較です。

ワイモバイル IIJmio
キャンペーン名 ・新どこでももらえる特典 ✕ なし
キャンペーン対象 新規、乗り換え

ワイモバイルは「新どこでももらえる特典」で、PayPay最大6,000円分をプレゼント中です。

特典内容は、新規や乗り換えで「シンプルS/M/L」に申し込むと、シンプルSは500円分を、シンプルM/Lなら6,000円分を付与されます。

特典適用には、ワイモバイル公式サイト内の「エントリーページ」から事前エントリーが条件で、検討中の方は前もって登録しておきましょう。

また、ワイモバイルは、ゲリラ的にキャンペーンを開催しますので、公式サイトをチェックしてみましょう。

一方、IIJmioは現在申し込みキャンペーンは開催していません。

なお、いずれのキャンペーンは予告なく終了する場合があります。

≫ 申し込み特典ならワイモバイル

比較➅:メールアドレス

ワイモバイルとIIJmioのメールアドレスの比較です。

ワイモバイル IIJmio
メールアドレス ◯ 対応:無料 ◯ 対応:月額330円

ワイモバイルは「◯◯◯@ymobile.ne.jp」の信頼性の高いキャリアメールを無料提供されます。

一方、IIJmioは「◯◯◯@iijmio-mail.jp」のメールアドレスを、月額330円の有料利用です。

ちなみに、キャリアからこの2社に乗り換える場合ですが、現在のキャリアメールは利用可能です。

2021年12月からドコモ、au、ソフトバンクの3社は「キャリアメール持ち運びサービス」を開始し、乗り換え前のキャリアに月額330円を支払うと継続利用できます。

以上のように、ワイモバイルならキャリアメールを無料利用できます。

≫ メールアドレスならワイモバイル

比較➆:テザリング

ワイモバイルとIIJmioのテザリングの比較です。

ワイモバイル IIJmio
テザリング ◯ 対応 ◯ 対応

ワイモバイルとIIJmioともに、テザリングに対応し無料利用できます。

この2社のテザリング利用は、基本契約に含まれていますので、手続き不要で利用制限もありません。

テザリング機能を利用すると、スマホがWi-Fiルーター代わりになり、パソコン、タブレット、ゲーム等の周辺機器もインターネットへ接続できます。

これにより、パソコンを持ち歩いても、スマホの電波の届く場所ならをどこでもワークスペースになります。

iPhoneとAndroidともに、テザリング機能は標準搭載されていますので、ぜひ利用してみてください!

以上のとおり、ワイモバイルとIIJmioともに便利なテザリングを無料で使えます。

比較⑧:低速モード

ワイモバイルとIIJmioの低速モードの比較です。

ワイモバイル IIJmio
低速モード ✕ 未対応 ◯ 対応
モード切り替え 専用アプリ、会員専用ページ
通信速度 最大300kbps

ワイモバイルは、低速モードに未対応です。

一方、IIJmioは低速モードに対応しています。

IIJmioの低速モードは、通信速度を300kbpsに低速化になりますが、その代わりにデータ消費しないというサービスです。

300kbpsという速度は、SNSやLINEメッセージであれば問題なく使えます。

利用方法は、専用アプリ「IIJmioクーポンスイッチ」で、ワンタップでON(高速モード)・OFF(低速モード)の切り替えができます。

以上のように、IIJmioなら低速モードでデータ量を節約可能です。

≫ 節約モードならIIJmio

比較⑨:データ繰り越し

ワイモバイルとIIJmioのデータ繰り越しの比較です。

ワイモバイル IIJmio
データ繰り越し ◯ 対応 ◯ 対応

ワイモバイルとIIJmioともにデータ繰り越しに対応しています。

さらに、IIJmioなら「データシェア」機能により、余ったデータ量を家族やグループでをシェアも可能です。

2社のデータ繰り越しの詳細は以下の通りです。

仮に、5GBプランで2GB余った場合は、翌月は5GB+2GB=7GBのデータ量を利用できます。

繰り越したデータ量の利用期限は翌月末までになり、例えば、9月に繰り越したデータ量は10月末が有効期限です。

以上のように、ワイモバイルとIIJmioともに、データ繰り越しにより無駄なくデータを使えます。

比較⑩:5Gエリア

ワイモバイルとIIJmioの利用エリアの比較です。

ワイモバイル IIJmio
5G回線 ソフトバンク 5G ドコモ 5G、au 5G
5G人口カバー率 85% ドコモ 70%、au 90%
サービスエリア ソフトバンク ドコモau

ワイモバイルとIIJmioともに、超高速5G通信に対応しています。

ワイモバイルは、5Gは基本契約に含まれており、そのままソフトバンク5G回線を利用できます。

一方、IIJmioは申し込み時に「ドコモ 、au」回線を選びますが、どちらも5Gオプションは無料です。

IIJmio5Gオプションの利用は「会員専用ページ」の「5G通信 / 4G通信の切替」から手続きできます。

5Gは、従来の4Gに比べ約20倍速いので、5Gエリアの方はぜひ利用しましょう。

以上のように、ワイモバイルとIIJmioともに、5Gを使って高速通信を実現します。

比較⑪:eSIM対応

ワイモバイルとIIJmioのeSIM対応の比較です。

ワイモバイル IIJmio
eSIM ◯ 対応 ◯ 対応(タイプD)

ワイモバイルとIIJmioともに、eSIMに対応し、申し込み時にeSIMとSIMカードのどちらか選べます。

なお、IIJmioのeSIMは、タイプD(ドコモ)のみ対応です。

これにより、この2社なら、他社SIMカードとeSIMを併用したデュアルSIM運用を行えます。

eSIMとは、スマホ本体に内蔵された「本体一体型SIM」となり、従来のSIMカードは不要です。

eSIMの開通手続きはオンライン上で完結し、契約後に発行されるプロファイルをインストールすると完了です。

以上のように、ワイモバイルとIIJmioともにeSIMを提供しています。

比較⑫:サポート体制

ワイモバイルとIIJmioのサポート体制の比較です。

ワイモバイル IIJmio
電話サポート ◯ 対応(有料ダイヤル) ◯ 対応(有料ダイヤル)
オンラインサポート ◯ 対応 ◯ 対応
店頭サポート ◯ 対応

ワイモバイルは「カスタマーセンター」で、有料ダイヤルでの電話サポートを受けれます。

くわえて、全国の「ワイモバイルショップ」では、機種変更や各種手続きに対応しています。

このように、ワイモバイルなら、困った時は店頭に駆け込めるので安心です。

一方、IIJmioは「IIJサポートセンター」で、有料ダイヤルでの電話サポートを受けれます。

なお、IIJmioには直営店舗はありません。

以上のように、ワイモバイルならキャリア同等のフルサポートが受けられ、スマホに詳しくない方も安心です。

比較⑬:支払い方法

ワイモバイルとIIJmioの支払い方法の比較です。

ワイモバイル IIJmio
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード
キャリア決済 ワイモバイルまとめて支払い ✕ 未対応

ワイモバイルの支払い方法は、クレジットカードと口座振替にも対応しています。

キャリア決済にも対応し、契約であれば「ワイモバイルまとめて支払い」を利用できます。

このように、ワイモバイルならクレジットカード持っていなくても契約可能です。

一方、IIJmioの支払い方法はクレジットカードの一択です。

以上のように、ワイモバイルなら口座振替を含め3つの支払い方法があります。

≫ ワイモバイルなら口座振替OK

比較⑭:スマホセット購入

ワイモバイルとIIJmioのスマホセット購入の比較です。

ワイモバイル IIJmio
販売機種 iPhone、Android iPhone、Android
支払い回数 一括、24回、36回
(分割手数料なし)
一括、24回
(分割手数料なし)

最初に、ワイモバイルとIIJmioともに、格安SIMの中でも機種数・価格ともにトップクラスです。

ワイモバイルは、「iPhone、Android」を、約30機種を取り揃えていて、全機種キャンペーン価格で購入できます。

Androidは1万円前後や1円の激安機種もあり、iPhoneは12/SEシリーズが用意されてます。

さらに、ワイモバイルは、毎日21:00~09:00に「オンラインスト限定セール」があり、1円から購入可能です。

一方、IIJmioも、「iPhone、Android」を取り揃えていて、機種数は豊富で全機種キャンペーン価格購入できます。

Androidは1万円以下や110円の格安機種もあり、iPhoneは11/12シリーズや中古を特価販売しています。

なお、この2社からセット購入したスマホは、ネットワーク設定済みで届いてスグに使用OKです!

ワイモバイルとIIJmioのメリットとデメリット

この章では、ワイモバイルとIIJmioのメリットとデメリットを紹介しています。

ワイモバイルのメリットとデメリット

最初に、ワイモバイルのメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

メリット デメリット
・通信速度はトップクラス
・ソフトバンク5Gを使える
・契約事務手数料0円
・2回線目以降は全プラン1,188円割引
・キャリアメールを無料提供
・eSIMに対応している
・データ繰り越しができる
・PayPay6,000円分をプレゼント
・1回線だけの契約は割高
・低速モードに未対応
・店舗契約は契約手数料3,300円が発生する

IIJmioのメリットとデメリット

つづいて、IIJmioのメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

メリット デメリット
・5つのデータプランから選べる
・格安SIM最安値級の料金プラン
・回線はドコモとauから選べる
・5Gを利用できる
・低速モードに対応している
・データ繰り越しができる
・eSIMに対応している
・データシェアができる
・契約手数料3,733円が発生する
・通信速度が遅い
・メールアドレスが有料

【結論】ワイモバイルとIIJmioの比較!

ここまで、ワイモバイルとIIJmioの14項目を比較した結論になります。

サービス全般をカテゴリーごとに評価しましたので、2社を選ぶ際の指標にしていただければ幸いです!

ワイモバイルの総合評価は90ポイント

ワイモバイルを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「90ポイント」です。

ワイモバイルの総合評価
料金プラン 評価4
通信速度 評価4.5
通話料金 評価4
特典・キャンペーン 評価5
付帯サービス 評価4.5
サポート体制 評価5
総合評価 90ポイント

ワイモバイルがおすすめの人

ワイモバイルがおすすめな人は、通信速度を重視する方です。

通信速度は、ソフトバンクメイン回線を使いますので、格安SIMでもピカイチの速さです。

料金面は、1回線のみの契約は割高ですが、2回線目からは「家族割引サービス」が適用され、全プラン1,188円割引になります。

これにより、人気の3GBなら月990円で、容量の大きい25GBが月2,970円で利用できます。

付帯サービスは、データ繰り越し対応やキャリアメールが無料提供されるなど、使い勝手は申し分ありません。

お得な特典もあり、PayPay6,000円プレゼントや、スマホセット購入する際は1円スマホも用意されています。

ワイモバイルのおすすめポイントは「2回線目以降は格安」と「通信速度はトップクラス」です!

ワイモバイル|公式サイトへ

IIJmioはの総合評価は88ポイント

IIJmioを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「88ポイント」です。

IIJmioの総合評価
料金プラン 評価5
通信速度 評価3.5
通話料金 評価4.5
特典・キャンペーン 評価4
付帯サービス 評価5
サポート体制 評価4.5
総合評価 88ポイント

IIJmioがおすすめの人

IIJmioがおすすめの人は、とにかくスマホ代を安くしたい方です。

魅力のある料金プランで、2GBなら月850円で使え、20GBでも月2,000円といったように、5つのデータプランはどれも格安です。

通話オプションも、10分かけ放題なら月額770円、かけ放題は月額1,400円で、通話料の節約をできます。

回線は「ドコモ、au」から選べ、どちらも高速5Gに対応しています。

さらに、高水準のサービスを提供しており「データ繰り越し、データシェア、低速モード」などに対応し、付帯サービスの充実は抜群です。

スマホセット購入する際も、Androidなら110円から手に入ります。

IIJmioのおすすめポイントは「格安な料金プラン」と「充実した付帯サービス」です!

IIJmio|公式サイトへ

ワイモバイルとIIJmioの併用もあり

ここでは、ワイモバイルとIIJmioの併用について紹介しています。

ワイモバイル IIJmio
契約事務手数料 0円 3,300円
SIMカード発行手数料:433円
月額料金 3GB:2,178円 2GB:850円
SIM併用案 ➀ eSIM SIMカード
SIM併用案 ➁ eSIM eSIM(タイプD)
SIM併用案 ➂ SIMカード SIMカード

ワイモバイルとIIJmioの併用案は次のとおりです。

最初に契約事務手数料ですが、ワイモバイルなら0円、IIJmioは3,733円、合わせて3,733円で契約できます。

つづいて月額料金は、ワイモバイルは3GB月2,178円、IIJmioなら2GB月850円で、合わせて5GBを月額3,028円で使えます。

SIM併用は、ワイモバイルとIIJmioともに、eSIMとSIMカード(物理SIM)があるので、端末に合わせた組合せが可能です。

以上のように、デュアルSIM運用すると、月額3,028円で2社のSIMを併用でき、プライベートや仕事用といった2つの電話番号が持てます。

デュアルSIMのメリットは他にもあり、一方のSIMが通信障害になった時のカバーにもなります。

ワイモバイルとIIJmioを他社と比較

ワイモバイルとIIJmioの他社比較の記事一覧です。

ワイモバイル IIJmio
「ワイモバイル」「LINEMO」比較 「IIJmio」「楽天モバイル」比較
「ワイモバイル」「UQモバイル」比較 「IIJmio」「マイネオ」比較
「ワイモバイル」「楽天モバイル」比較 「IIJmio」「OCNモバイルONE」比較
「ワイモバイル」「ahamo」比較 「IIJmio」「UQモバイル」比較
「ワイモバイル」「OCNモバイルONE」比較 「IIJmio」「ahamo」比較
「ワイモバイル」「マイネオ」比較 「IIJmio」「LINEMO」比較
「ワイモバイル」「NUROモバイル」比較 「IIJmio」「NUROモバイル」比較

気になる格安SIMがあれば、それぞれの比較記事をチェックしてみてください。

ご自分に合った格安SIMが見つかるかもしれません。

いずれも、キャリアサブブランドや大手通信会社が運営する人気の格安SIMで、多くのユーザーが利用しています。

まとめ

ここまで、ワイモバイルとIIJmioを14項目で比較してきました。

ワイモバイルは、IIJmioより料金は割高ですが、ソフトバンクメイン回線を使い通信速度は抜群です。

一方、IIJmioはワイモバイルより速度は劣りますが、5つあるデータプランはいずれも業界最安値級です。

2社には、それぞれデメリットとメリットがありますので、この記事を参考にしてあなたに合った方を選らんでくだい。

迷ったら以下を参考にしてください!

「高速な格安SIMを使うならワイモバイル」

「とにかく安い格安SIMを使うならIIJmio」

それでは、あなたに合ったベストな格安SIMを選らんで、インターネットを楽しんください!

格安SIM

Posted by wifi-park