ワイモバイルとahamoの違いを14項目で徹底比較!どっちがいい!?

ワイモバイル ahamo 比較

この記事は「ワイモバイル」と「ahamo」の違い14項目で比較し、どちらがいいか分かりやすくまとめています。

まず、2社の特徴をかんたんに紹介します。

家族割で3GBなら月額990円のワイモバイル

20GB・月額2,970円で5分かけ放題無料のahamo

この2社について詳しく知りたい方は引き続きこの記事を、両社の公式サイトをチェックする方は以下からどうぞ。

Y!mobile(ワイモバイル)とahamoの違いが分かる一覧表

ワイモバイルとahamoの基本情報を一覧表にしましたので、違いをそれぞれチェックしてみてください。

以下の表では、2社のプラン内容や付帯サービス一覧が確認できます。

ワイモバイル ahamo
運営会社 ソフトバンク ドコモ
サービス開始 2014年8月1日 2021年3月26日
月額料金 3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
(シンプルS/M/L)
20GB:2,970円
契約事務手数料 0円
(店舗契約は3,300円)
0円
契約解除料 0円 0円
国内通話料金 22円 / 30秒 22円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字
最低利用期間 なし なし
開始月料金 日割り 日割り
SIM eSIM、SIMカード eSIM、SIMカード
利用回線 ソフトバンク 4G、5G ドコモ 4G、5G
節約モード ✕ 未対応 ✕ 未対応
データ繰り越し ◯ 対応 ✕ 未対応
データチャージ 1GB:550円 1GB:550円
テザリング ◯ 対応 ◯ 対応
Wi-Fiスポット ◯ 対応:無料 ◯ 対応:月額無料
メールアドレス 月額:無料 ✕ 未対応
留守番電話 月額:無料 ✕ 未対応
国内通話オプション 月額:770円(10分かけ放題)
月額:1,870円(かけ放題)
月額:0円(5分かけ放題)
月額:1,100円(かけ放題)
LINE年齢認証 ◯ 対応 ◯ 対応
申し込み方法 店頭、オンライン オンライン
サポート 店頭、オンラインチャット、電話 オンラインチャット
モバイルルーター販売 ◯ セット販売 ✕ 未販売
スマホ販売 ◯ セット販売 ◯ セット販売
キャリア決済 ワイモバイルまとめて支払い d払い、ドコモ払い
キャッシュバック 3,000円分(PayPay) 10,000円分(dポイント)
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード、口座振替

ワイモバイルとahamoを14項目で比較

ワイモバイルとahamoを14項目で比較しましたので、気になる項目をそれぞれチェックしてみてください。

14の比較項目は以下の通りです。

それぞれについて解説していきます。

比較➀:料金プラン

ワイモバイルとahamoの料金プランの比較です。

ワイモバイル
(シンプルS/M/L)
ahamo
月額料金 3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
20GB:2,970円
月額料金
(2回線目以降)
3GB:990円
15GB:2,090円
25GB:2,970円

ワイモバイルの料金プランは3GB、15GB、25GBの3つのデータプランがあります。

料金は、1回線のみの契約はけっして安いとはいえず、3GBが月額2,178円と割高になっています。

ただ、2回線目以降は「家族割引サービス」が適用され、全プラン1,188円割引になり、3GBであれば月額990円で利用できます。

ワイモバイルの家族割引サービスは、家族(同居でなくてもOK)はもちろんですが、1人で2回線契約でも適用されます。

一方、ahamoの料金プランは、20GB・月額2,970円のワンプランで、シンプルで分かりやすい料金プランになっています。

以上のように、月20GB程度を使うならahamoの方が安く、ワイモバイルは2回線契約すると全プラン格安で利用できます。

比較➁:各種手数料

ワイモバイルとahamoの各種手数料の比較です。

ワイモバイル ahamo
契約事務手数料 0円
(店舗契約は3,300円)
0円
契約解除料 0円 0円
MNP転出手数料 0円 0円
SIMカード再発行手数料 3,300円 2,200円

初期費用にあたる契約事務手数料は、ワイモバイルとahamoのどちらも無料です。

契約事務手数料は一般的に3,300円が相場ですが、この2社は無料なのでお金を払わずに契約できます。

ただ、ワイモバイルは店舗契約の場合は、契約事務手数料3,300円が発生します。

解約にともなう「契約解除料」と「MNP転出手数料」も、ワイモバイルとahamoともに無料で、解約や乗り換えもスムーズにできます。

以上のとおり、ワイモバイルとahamoのどちらも、契約事務手数料0円になり無料契約できます。

比較➂:通話料とかけ放題

ワイモバイルとahamoの通話料とかけ放題の比較です。

ワイモバイル ahamo
基本通話料 22円 / 30秒 22円 / 30秒
国内通話オプション 月額:770円(10分かけ放題)
月額:1,870円(かけ放題)
月額:無料(5分かけ放題)
月額:1,100円(かけ放題)
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字

基本通話料とSMS送信料は、ワイモバイルとahamoともに同じ料金です。

電話利用の多い方には、ワイモバイルとahamoともにお得な通話オプションが用意されています。

ワイモバイルは、2つの通話オプションがあり、10分かけ放題なら月額770円の割安で利用できます。

一方、ahamoも2つの通話オプションがあり、5分かけ放題は月額無料で利用なっており、非常にお得なサービスです。

以上のように、5分かけ放題無料のahamoなら通話料を大幅に節約できます。

≫ ahamoなら5分かけ放題無料

比較➃:申し込み(乗り換え)キャンペーン

ワイモバイルとahamoの申し込み(乗り換え)キャンペーンの比較です。

ワイモバイル ahamo
キャンペーン名 ・新どこでももらえる特典 ・SIMのみの乗り換えでdポイント10,000ptプレゼント
キャンペーン対象 新規、乗り換え 乗り換え

ワイモバイルは、新規や乗り換えで「シンプルS/M/L」を契約すると、シンプルSは500円分、シンプルM/Lは3,000円分がプレゼントされます。

特典適用には、ワイモバイル公式サイト内の「エントリーページ」から事前登録が必要で、検討中の方はあらかじめエントリーしておきましょう。

一方、ahamoは他社から乗り換えで「SIMのみ」または「eSIMのみ」を契約すると、dポイント10,000ポイントがプレゼントされます。

特典適用には、ahamo公式サイト内の「エントリーページ」から事前登録が必要で、検討中の方はあらかじめエントリーしておきましょう。

ただ、ahamoは端末セット購入の場合は対象外で、あくまでもSIMのみ契約だけです。

なお、いずれのキャンペーンは予告なく終了する場合があります。

比較➄:光セット割

ワイモバイルとahamoの光セット割の比較です。

ワイモバイル ahamo
光セット割 ◯ 適用
(おうち割光セット)
✕ 未適用
月額料金 3GB:990円
15GB:2,090円
25GB:2,970円

ワイモバイルは「SoftBank 光」と「SoftBank Air」に契約している方は、「おうち割光セット」が適用されます。

おうち割光セットにより、1回線目から全プラン月額1,188円割引になり、3GBなら月額990円で利用できます。

なお、おうち割光セットの手続きは、ワイモバイル契約後に「My Y!mobile」から申し込みができます。

一方、ahamoはドコモオンラインブランドですが、残念ながらドコモ光とのセット割は適用されません。

このように、家族や本人がSoftBank光を契約している方は、ワイモバイルと選んだ方が断然お得です。

≫ 光セット割ならワイモバイル

比較➅:利用エリア(4G/5G)

ワイモバイルとahamoの利用エリアの比較です。

ワイモバイル ahamo
4G人口カバー率 99% 99%
5G人口カバー率 85% 70%
サービスエリア ソフトバンク ドコモ

ワイモバイルはソフトバンクサブブランドになり、ソフトバンク4G/5G回線を利用します。

4G人口カバー率は99%で、日本全国をカバーしています。

5G人口カバー率は85%になり、4キャリアの中で2番目になります。

一方、ahamoはドコモオンラインブランドになり、ドコモ4G/5G回線を利用します。

4G人口カバー率は99%で、全国的に利用でき他社キャリアでは網羅していない田舎や山間部でも繋がります。

5G人口カバー率は70%になり、4キャリアの中で3番目になります。

ちなみに、5G人口カバー率トップはauの90%です。

以上のように、超高速通信5Gならワイモバイルの方が広いエリアで利用できます。

≫ 5G通信ならワイモバイル

比較➆:実際の通信速度

ワイモバイルとahamoの通信速度の比較です。

ワイモバイル ahamo
下り平均速度 33.58Mbps 38.87Mbps
上り平均速度 1.99Mbps 5.69Mbps
回線 SoftBank 4G NTT Docomo 4G
測定画像
(画像クリックで拡大表示)
ワイモバイルの通信速度 ahamoの通信速度

上の表は、ワイモバイルとahamoの通信速度を5回計測した上り・下りの平均速度です。

ワイモバイルの下り平均速度は「33.58Mbps」で、いい感じの速度がでています。

一方、ahamoの下り平均速度は「38.87Mbps」で、軽快サクサクな速度になっています。

以上のように、ahamoの方が高速通信していますが、どちらもインターネット利用にはまったく問題のない速度です。

通信速度は通信環境で決まりますが、ワイモバイルもahamoともにキャリアメイン回線を通し安定しています。

ちなみに、一般的な格安SIMのように、キャリアから回線を借り受けている場合は、下り10Mbps前後がやっとです。

なお、YouTubeや動画配信サービスを快適に視聴するには、パソコンであれば「下り 15Mbps」以上を必要とします。

比較➇:メールアドレス

ワイモバイルとahamoのメールアドレスの比較です。

ワイモバイル ahamo
メールアドレス ◯ 無料提供 ✕ 未提供

ワイモバイルは、「◯◯◯@ymobile.ne.jp」のメールアドレスが無料提供され、1契約につき1メールアドレスが発行されます。

一方、ahamoはメールアドレスは提供していません。

なお、キャリアからこの2社に乗り換えた場合ですが、今のキャリアメールは利用可能です。

2021年12月からドコモ、au、ソフトバンクの3社が「キャリアメール持ち運びサービス」を開始し、乗り換え前のキャリアに月額330円を支払うと継続利用できます。

なお、キャリアメールに縛られたくない方は、使い勝手のよいGmail(無料)を利用することをおすすめします。

≫ メールアドレス無料のワイモバイル

比較⑨:eSIM対応

ワイモバイルとahamoのeSIM対応の比較です。

ワイモバイル ahamo
eSIM ◯ 対応 ◯ 対応

ワイモバイルとahamoともにeSIMに対応し、申し込み時にeSIMとSIMカードのどちらかを選択できます。

これにより、デュアルSIM運用を検討中の方は、SIMカードとeSIMの併用した組み合わせが可能です。

なお、eSIMを利用する場合はeSIM対応端末が必要になります。

eSIMをご存じない方へ

eSIMは、スマホに内蔵された「本体一体型SIM」で、従来のようにSIMカードを挿入する必要はなく、申し込み後に発行されるプロファイルをインストールすると開通完了です。

これにより、eSIMならSIMカードのように到着を待たずに即日開通できます。

比較⑩:サポート体制

ワイモバイルとahamoのサポート体制の比較です。

ワイモバイル ahamo
電話サポート ◯ 対応(有料ダイヤル) ✕ 未対応
オンラインサポート ◯ 対応 ◯ 対応
店頭サポート ◯ 対応 ◯ 対応(有料3,300円)

ワイモバイルは「カスタマーセンター」で、有料ダイヤルでの電話サポートが受けれます。

店頭サポートもあり、全国にある「ワイモバイルショップ」で、各種手続きや機種変更に対応しています。

一方、ahamoはオンライン専用ブランドになり、サポートはオンライインチャットのみです。

店頭サポートもありますが、ドコモショップで1回あたり3,300円の有償サポートになっています。

以上のように、ワイモバイルなら質問やトラブルがあっても、手厚いサポートが受けられ安心です。

比較⑪:ポイントサービスと特典

ワイモバイルとahamoのポイントサービスと特典の比較です。

ワイモバイル ahamo
ポイントサービス ✕ なし ポイント還元率1%(dポイント)
特典 ・Yahoo!プレミアム会員費:無料
・PayPayモール:2%還元
・Yahoo!ショッピング:2%還元
✕ なし

ワイモバイルは、毎月の利用料金に応じたポイントサービスはありません。

しかし、目玉特典がありYahoo!プレミアム会員費(月額508円)が無料になっています。

ヤフオク!を利用している方は、Yahoo!プレミアム会員になっていると思いますが、この会員費が毎月無料になります。

一方、ahamoは利用金額に応じて1,100円(税込)ごとにdポイント10ptが貯まります。

貯まったポイントは、ahamoの支払いにも充当でき「dポイントクラブ」から手続きができます。

以上のように、ワイモバイルならYahoo!プレミアム会員費が無料になり、ahamoなら利用金額に応じてポイントが貯まります。

比較⑫:海外データ通信

ワイモバイルとahamoの海外データ通信の比較です。

ワイモバイル ahamo
海外データ通信 ◯ 対応 ◯ 対応
利用料金 25MBまで:0円~1,980円/日
25MB以上:2,980円/日
20GBまで無料
利用可能な国・地域 114 82

ワイモバイルは、114の国と地域で「海外パケットし放題」により、インターネット利用できますが高額な料金がネックです。

利用料金は、1日25MB以上は日額2,980円発生し、25MBというのは動画を2~3分しか見れないデータ量です。

一方、ahamoも海外データ通信に対応し、82の国と地域でインターネットが利用できます。

データ量も20GBまで無料という太っ腹なサービスで、手続き不要で渡航先でそのまま使えます。

注意点としては、海外利用開始日から15日間経過すると、自動的に128kbpsに速度制限されます。

以上のように、海外でインターネットするならahamoの方が圧倒的にお得です。

≫ 海外利用ならahamo

比較⑬:ポケットWiFi(モバイルルーター)

ワイモバイルとahamoのポケットWiFiの比較です。

ワイモバイル
(Pocket WiFiプラン2)
ahamo
月額料金 7GB:4,065円
無制限:4,818円
契約事務手数料 0円
契約期間 なし
端末支払い 一括、36回
(分割手数料なし)

ワイモバイルは、「Pocket WiFiプラン2」があり、自宅や会社にポケットWiFi(モバイルルーター)を設置しWiFiとして利用できます。

Pocket WiFiプラン2には、7GBとデータ無制限の2つがあり、アドバンスオプションにすると無制限ポケットWiFiとして使えます。

ただ、7GB(月額4,065円)は割高で、とてもおすすめできません。

一方、データ無制限のアドバンスオプション(月額4,818円)であれば、十分料金に見合たサービスです。

なお、ahamoはモバイルルーターは取り扱っていません。

以上のように、ワイモバイルならポケットWiFiが利用できます。

≫ ポケットWiFiならワイモバイル

比較⑭:スマホセット購入

ワイモバイルとahamoのスマホセット購入の比較です。

ワイモバイル ahamo
販売機種 iPhone、Android iPhone、Android
支払い回数 一括、24回、36回
(分割手数料なし)
一括、36回
(分割手数料なし)

ワイモバイルは「iPhone、Android」を販売しており、全機種キャンペーン価格で購入できます。

Androidは1円や3,000円前後の魅力のある機種が用意されており、iPhoneは12/SEシリーズがそれぞれ割安で販売されています。

一方、ahamoも「iPhone、Android」を販売しており割引価格で購入できます。

しかし、ahamoは取り扱い機種は少なく、ワイモバイルのように格安購入できる機種は用意されていません。

以上のように、ワイモバイルの方が価格や機種数のどちらも優れています。

なお、この2社からセット購入したスマホは、APN設定済みになり初期設定が苦手な人でも、届いてすぐに使えるメリットがあります。

ワイモバイルとahamoのメリットとデメリット

ここでは、ワイモバイルとahamoを比較して分かったメリットとデメリットを解説します。

ワイモバイルのメリットとデメリット

最初に、ワイモバイルのメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

メリット デメリット
・PayPay3,000円分をプレゼント
・契約事務手数料0円
・2回線目以降は全プラン1,188円割引
・5Gエリアが広い
・メールアドレスを無料提供
・eSIMに対応している
・データ繰り越しができる
・Yahoo!プレミアム会員費が無料
・1回線のみ契約はahamoより割高
・店舗契約は契約事務手数料3,300円が掛かる
・節約モードに対応していない

ahamoのメリットとデメリット

つづいて、ahamoのメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

メリット デメリット
・20GB・月2,970円の定額プラン
・5分かけ放題が月額無料
・契約事務手数料0円
・eSIMに対応している
・安定のドコモメイン回線を使える
・利用エリアが広い
・海外データ通信が20GB無料
・乗り換えでdポイント10,000円分プレゼント
・光セット割がない
・メールアドレスを提供してない
・サポートはオンラインチャットのみ

【結論】ワイモバイルとahamoの比較!

ここまで、ワイモバイルとahamoの14項目を比較した結論になります。

サービス全般をカテゴリーごとに評価しましたので、2社を選ぶ際の指標にしていただければ幸いです!

ワイモバイルの総合評価は87ポイント

ワイモバイルを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「87ポイント」です。

ワイモバイルの総合評価
料金プラン 評価
通信速度 評価4
通話料金 評価4
特典・キャンペーン 評価4.5
付帯サービス 評価4.5
サポート体制 評価5
総合評価 87ポイント

ワイモバイルがおすすめの人

ワイモバイルがおすすめな人は、家族で契約する方やソフトバンク光利用者です。

これにより、家族で2回線契約すると家族割が適用され、ソフトバンク光契約者なら1回線目からセット割が適用され、それぞれ全プラン1,188円割引されます。

割引後は、人気の3GBプランなら月額990円、25GBプランなら月額2,970円といったように格安で利用できます。

通信環境は、ソフトバンクメイン回線を使って、広いエリアで4G/5G通信できます。

付帯サービスを見ると、メールアドレスが無料提供され、データ繰り越しにも対応しており、使い勝手は申し分ありません。

端末をセット購入する際も、1円スマホやキャンペーン端末が豊富に用意され、お得に購入できます。

ワイモバイルのおすすめポイントは「2回線目以降は安い」と「PayPay3,000円をプレゼン」です!

≫ ワイモバイルに申し込む

ahamoの総合評価は88ポイント

ahamoを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「88ポイント」です。

ahamoの総合評価
料金プラン 評価4
通信速度 評価4.5
通話料金 評価4.5
特典・キャンペーン 評価4.5
付帯サービス 評価4.5
サポート体制 評価4.5
総合評価 88ポイント

ahamoがおすすめの人

ahamoがおすすめの人は、月20GB程度をコンスタントに使う方です。

20GBを月額2,970円の定額プランになっており、シンプルで分かりやすく毎月の通信費が鮮明になります。

なんといっても、付帯サービスが太っ腹で、5分かけ放題が月額無料なうえ、海外データ通信が20GBまで無料利用できます。

回線は、ドコモメイン回線を使い広いエリアで利用でき、超高速5G通信にも対応し通信環境は格安SIMの中でも抜群です。

キャンペーンも用意されており、他社から乗り換え(NMP)でdポイント10,000円分プレゼントされます。

くわえて、申し込み時に掛かる、契約事務手数料0円で無料契約できます。

ahamoのおすすめポイントは「20GB月2,970円」と「5分かけ放題が無料」です!

≫ ahamoに申し込む

ワイモバイルとahamoの併用もあり

ここでは、ワイモバイルとahamoの併用について紹介しています。

ワイモバイル ahamo
契約事務手数料 0円 0円
月額料金 3GB:2,178円 20GB:2,970円
SIM併用案 ➀ SIMカード eSIM
SIM併用案 ➁ eSIM SIMカード
SIM併用案 ➂ SIMカード SIMカード

ワイモバイルとahamoの併用案を簡単に解説します。

最初に契約事務手数料ですが、ワイモバイルとahamoどちらも無料で、合わせて0円で契約できます。

つづいて月額料金は、ワイモバイルは3GBが月額2,178円で、ahamoは20GB月額2,970円になり、合わせて23GBを月額5,148円で使えます。

SIMの組合せは、ワイモバイルとahamoともにSIMカード(物理SIM)とeSIMがあり、自由な組合わせができます。

以上のように、デュアルSIM運用すると月額5,148円で2社のSIMを併用でき、プライベートや仕事用といった2つの電話番号が持てます。

最近はさまざまなサービスで、電話認証が求められことがあり、2つの電話番号を持つと利便性も高まります。

なお、この2社の通信環境は抜群で、日本中どこでも繋がり海外でもインターネットが利用できる、他社にはないメリットがあります。

ワイモバイルとahamoを他社と比較

ワイモバイルとahamoの他社比較の記事一覧です。

ワイモバイル ahamo
「ワイモバイル」「LINEMO」比較 「ahamo」「LINEMO」比較
「ワイモバイル」「UQモバイル」比較 「ahamo」「UQモバイル」比較
「ワイモバイル」「楽天モバイル」比較 「ahamo」「楽天モバイル」比較
「ワイモバイル」「OCNモバイルONE」比較 「ahamo」「OCNモバイルONE」比較
「ワイモバイル」「マイネオ」比較 「ahamo」「IIJmio」比較
「ワイモバイル」「IIJmio」比較 「ahamo」「マイネオ」比較

気になる格安SIMがあれば、それぞれの比較記事をチェックしてみてください。

ご自分に合った格安SIMが見つかるかもしれません。

いずれも、キャリアサブブランドや大手通信会社が運営する人気の格安SIMで、多くのユーザーが利用しています。

まとめ

ここまで、ワイモバイルとahamo(アハモ)を14項目で比較してきました。

ワイモバイルの料金プラン「シンプルS/M/L」は、1回線目も料金は安くはありませんが、2回線目以降は格安になっています。

そのため、家族で契約すると「家族割引サービス」適用され、全プラン1,188円割引になります。

一方、ahamoは20GBが月額2,970円の定額制で、5分かけ放題を月額無料で利用できるお得なプランです。

それぞれ、魅力的な料金プランではありますが、どちらを選ぶかはご自身の使い方によって決まるでしょう。

料金とならんで重要な通信環境は、ワイモバイルはソフトバンクメイン回線を、ahamoはドコモメイン回線を、それぞれキャリアメイン回線を使って高速でインターネットが利用できます。

この2社は、ソフトバンクとドコモが運営するブランドで、どちらを選ぶにせよ契約後も安心です。

本記事を参考にしっかり検討し、サービス内容と使いやすさを重視して、自分に合った方を選んでください!

格安SIM

Posted by wifi-park