どっちがいい?LINEMOとワイモバイルを10項目で徹底比較!

LINEMO VS ワイモバイル

LINEMOとワイモバイルはソフトバンクのサブブランド(MNO)になり、ソフトバンクのメイン回線を利用します。

一般的な格安SIMのように回線を借りている訳ではなく、自社回線を利用しますのでキヤリアと同じ通信環境になっています。

しかし、LINEMOとワイモバイルでは、料金やサービス内容には大きな違いがあります。

そこで、このページでは両社を徹底比較していますので、どちらするか迷っている方は参考にしてみてください。

LINEMOとワイモバイルの違いが分かる一覧表

LINEMOとワイモバイルのプラン内容を一覧表にしましたので、両社のサービス内容の違いが確認にいただけます。

月額料金・オプション・付帯サービス等を比較していますのでチエックしてみてください。

LINEMO ワイモバイル
ブランド(MNO) ソフトバンク
サブブランド
ソフトバンク
サブブランド
サービス開始 2021年3月17日 2014年8月1日
データ容量 ミニプラン:3GB
スマホプラン:20GB
シンプルS:3GB
シンプルM:15GB
シンプルL:25GB
月額料金 ミニプラン:990円
スマホプラン:2,728円
シンプルS:2,178円
シンプルM:3,278円
シンプルL:4,158円
契約事務手数料 0円 0円
(店舗契約は3,300円)
契約解除料 0円 0円
通話料金 22円 / 30秒 22円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字
最低利用期間 なし なし
開始月料金 日割り 日割り
SIM eSIM、SIMカード eSIM、SIMカード
利用回線 ソフトバンク 4G、5G ソフトバンク 4G、5G
データ繰り越し ✕ 未対応 ◯ 対応
テザリング ◯ 無料対応 ◯ 無料対応
キャリアメール ✕ 未対応 ◯ 無料対応
留守番電話 ✕ 未対応 ◯ 無料対応
国内通話オプション 月額:550円(5分かけ放題)
月額:1,650円(かけ放題)
月額:770円(10分かけ放題)
月額:1,870円(かけ放題)
Yahoo!プレミアム会員費 有料 無料
LINEアプリ利用時 データを消費しない データを消費する
LINEのID検索 ◯ 対応 ◯ 対応
LINEスタンプ 特典あり 特典なし
申し込み オンライン 店舗、オンライン
サポート オンラインチャット 店舗、オンラインチャット、電話
スマホセット販売 SIMのみの取扱い セット販売
キャリア決済 ◯ 対応 ◯ 対応
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード、口座振替

LINEMOのポイント

一覧表の比較で分かった、LINEMOのポイントを良い点や・気になる点をまとめてみました。

良い点 気になる点
・月額料金が安い
・料金プランがシンプルで分かりやすい
・paypayボーナスがもらえる
・LINEアプリ利用時データ消費しない
・LINEスタンプ無料特典がある
・データ繰り越しができない
・キャリアメールが付与されない
・留守番電話が使えない
・サポートはオンラインのみ

ワイモバイルのポイント

一覧表の比較で分かった、ワイモバイルのポイントを良い点や・気になる点をまとめてみました。

良い点 気になる点
・データ繰り越しができる
・キャリアメールが付与される
・留守番電話が使える
・Yahoo!プレミアム会員費が無料
・電話サポートもあり
・月額料金が高い
・店舗契約は事務手数料3,300円が発生
・LINEアプリ利用時データ消費する
・LINEスタンプ特典がない

LINEMOとワイモバイルを10項目で比較

LINEMOとワイモバイルを10項目で比較しましたので、どちらにするか迷っている方は参考にしてください。

10の比較項目は以下の通りです。

  1. 月額料金とデータ繰り越し
  2. 通話料金と留守番電話
  3. 実際の通信速度
  4. LINEアプリのデータ消費とスタンプ
  5. キャリアメール付与と持ち運び
  6. サポート体制と申し込み方法
  7. SoftBank 光セット割引
  8. PayPayボーナスとキャン
  9. Yahoo!プレミアム会員費
  10. スマホセット販売の有無

それぞれについて解説していきます。

比較➀:月額料金とデータ繰り越し

最初にもっとも気になる料金プランの比較ですが、結論からいうとLINEMOのが安いです。

LINEMO ワイモバイル
月額料金 ミニプラン(3GB):990円
スマホプラン(20GB):2,728円
シンプルS(3GB):2,178円
シンプルM(15GB):3,278円
シンプルL(25GB):4,158円
月額料金
(2回線目以降)
同上 シンプルS(3GB):990円
シンプルM(15GB):2,090円
シンプルL(25GB):2,970円
データ繰り越し ✕ 未対応 ◯ 対応

ご覧のように、LINEMOはデータ繰り越しはできませんが、月額料金は圧倒的に安く利用できます。

ワイモバイルは2回線目以降を契約すると、LINEMOと同等レベルの料金になりますが、1回線目の料金は倍以上の価格になっています。

2回線を利用するなら、データ繰り越しできるワイモバイルがお得になりますが、1回線を契約するならLINEMOがおすすめです。

比較➁:通話料金と留守番電話

通常通話料金とオプション通話料金や、留守番電話の有無について比較しました。

LINEMO ワイモバイル
通常料金 22円 / 30秒 22円 / 30秒
国内通話オプション 月額:550円(5分かけ放題)
月額:1,650円(かけ放題)
月額:770円(10分かけ放題)
月額:1,870円(かけ放題)
月額:770円(60才以上かけ放題)
留守番電話 ✕ 未対応 ◯ 無料対応

両社とも同じような料金になっていますが、LINEMOはキャンペーンにより5分かけ放題が1年間無料で使え、一方のワイモバイルは留守番電話に対応し、60才以上の方は月額770円で国内かけ放題といった特徴があります。

結論は、5分かけ放題が1年間無料で利用できるLINEMOの方がお得です。

比較➂:実際の通信速度

料金プランとならんで重要になる通信速度を比較しました。実際の通信速度を計測しましたので参考にしてください。

LINEMO ワイモバイル
下り平均速度 46.15Mbps 33.58Mbps
上り平均速度 3.25Mbps 1.99Mbps

表は、LINEMOとワイモバイルの通信速度を5回計測した上り・下りの平均速度になります。

測定結果はLINEMOの方が速いですが、どちらもソフトバンク回線を利用しますので、誤差の範囲と思っていただいて構いません。

通信速度については、下り15Mbps以上出ていれば動画もスムーズに視聴でき、インターネットも軽快サクサクです。

どちらもソフトバンクのメイン回線を通しますので、キャリア同等の通信速度が出ていますのでまったく問題ありません。

LINEMOの通信速度

LINEMOの通信速度は以下のようになり、下り最大速度は55.39Mbpsでした。

LINEMOの通信速度

ワイモバイルの通信速度

ワイモバイルの通信速度は以下のようになり、下り最大速度は47.36Mbpsでした。

ワイモバイルの通信速度

比較➃:LINEアプリのデータ消費とスタンプ

LINEアプリ利用時に、データ消費の有無やLINEスタンプの特典についての比較になります。

LINEMO ワイモバイル
LINEアプリ利用時 データを消費しない データを消費する
LINEスタンプ 無料特典あり 特典なし

利用者の多いLINEアプリですが、こちらに関しては文句なくLINEMOの方がお得になっています。

LINEMOはLINE利用時にデータ消費しませんので、これにより無制限で利用できることになります。また、スマホプラン(20GB)はLINEスタンプが実質無料で使えます。

このように、LINEヘービーユーザーの方はLINEMOをおすすめします。

≫ LINEMOならLINEが使い放題

比較➄:キャリアメール付与と持ち運び

キャリアメールの付与とメールアドレス持ち運びについての比較になります。

LINEMO ワイモバイル
キャリアメール付与 ✕ 未対応 ◯ 対応
キャリアメール持ち運び ◯ 対応 ◯ 対応

最初にワイモバイルは「◯◯◯@ymobile.ne.jp」のキャリアメールが無料付与されます。一方のLINEMOは付与されません。

他社からのキャリアメール持ち運びは、2021年12月20日からLINEMOとワイモバイルともに可能になりましたので、乗り換えても今まで使っていたキャリアメールそのまま使用できます。

便利なキャリアメールを利用するなら、無料付与されるワイモバイルがおすすめです。

比較➅:サポート体制と申し込み方法

サポート体制と申し込み方法の比較になります。

LINEMO ワイモバイル
電話サポート ✕ 未対応 ◯ 対応
オンラインチャット ◯ 対応 ◯ 対応
店頭サポート ✕ 未対応 ◯ 対応
申し込み方法 オンライン 店頭、オンライン

上記のように、サポート体制や申し込み方法については、実店舗のあるワイモバイルの方が充実しています。一方のLINEMOはオンライン専用ブランドになり、すべてオンライン上での対応になっています。

サポートを必要ない方はLINEMOに、充実したサポートや対人対応の方が安心だという方はワイモバイルになります。

比較➆:SoftBank光セットの割引

SoftBank 光とSoftBank Airに契約している方は、比較の余地はありません。ワイモバイルの一択になります。

LINEMO ワイモバイル
SoftBank光契約者
おうち割
✕ 未対応 1回線目から
シンプルS(3GB):990円
シンプルM(15GB):2,090円
シンプルL(25GB):2,970円
SoftBank光
オプション料金割引
✕ 未対応 最大月額1,566円割引

SoftBank光を契約している方は、「おうち割 光セット」により、ワイモバイル1回線目から表の月額料金なります。

くわえて、ワイモバイルと契約するとSoftBank光のオプション料金が月額最大1,566円割引なります。しかしLINEMOと契約してしまうと割引が適用されませんので注意が必要です。

このように、家族や本人がSoftBank光を契約している場合はワイモバイルを選択してください。

≫ SoftBank光契約者はワイモバイル

比較➇:PayPayボーナスとキャンペーン

ここでは、PayPayボーナスと各種キャンペーンについて見ていきましょう。

LINEMO ワイモバイル
PayPayボーナス ・PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン
最大10,000円分
・新どこでももらえる特典
3,000円分
キャンペーン ・LINE MUSIC6カ月無料キャンペーン
・通話オプション割引キャンペーン
・LINEスタンプ プレミアム ポイントバックキャンペーン
・LINE MUSIC6カ月無料キャンペーン
・60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン

ご覧の通り、特典やキャンペーンについてはLINEMOの方が充実しています。LINEMOはソフトバンクの新ブランドとしてユーザーの囲い込みをしているためです。LINEMOも楽天モバイルのようにユーザーが一定数に達するまでは、ユーザーファーストの契約条件になりそうです。

一方のワイモバイルは、すでに多くのユーザーがいるので魅力的な特典は用意されていません。

このように、キャンペーンの恩恵を多く受けれるのはLINEMOになりますので、しっかりと特典を受けとりましょう。

≫ LINEMOなら特典が豊富!

比較⑨:Yahoo!プレミアム会員費

Yahoo!プレミアム会員費(月額508円)が無料になるかの比較になります。

LINEMO ワイモバイル
Yahoo!プレミアム会員費 ✕ 未対応 無料

ワイモバイルの契約者は、Yahoo!プレミアム会員費が無料になります。一方のLINEMOは対応していませんので有料になります。

金額でいうと月額508円×12ヶ月で、年間6,096円の会員費がお得になりますので大きなメリットといえます。

ヤフオク!を利用している方は有料会員になっていると思いますが、ワイモバイルならずっーと会員費が無料で利用できます。

比較⑩:スマホセット販売の有無

スマホのセット販売の有り・無しですが、セット販売しているのはワイモバイルです。

LINEMO ワイモバイル
スマホセット販売 ✕ 未販売 ◯ 販売

ワイモバイルはiPhone・Android・タブレットを販売しており、キャンペーン価格で購入できます。一方のLINEMOはSIMのみの取り扱いです。

LINEMOは自分でスマホを用意する必要がありますが、ワイモバイルなら新しいスマホをセット購入できますので、最新機種を手にすることができます。

古いスマホから最新5Gスマホを買い換えて、気分一新したい時などはワイモバイル検討してみましょう。

≫ ワイモバイルのスマホを見る

結論:LINEMOとワイモバイルのどっちがいい!?

結論です!LINEMOとワイモバイルのどちらがおすすめなのか総合評価をしました!

どちらにするか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

LINEMOの総合評価は83点

LINEMOの6項目をランク付けし、総合評価は「83点」です。

LINEMOの総合評価
料金プラン 評価5
通信速度 評価4
LINE特典 評価5
特典・キャンペーン 評価4
付帯サービス 評価3.5
サポート体制 評価3.5
総合評価 83点

LINEMOがおすすめの人

1回線を契約する方で、SoftBank光を契約していない場合は、月額料金が圧倒的に安いLINEMOがおすすめになります。

料金にくわえLINE利用時にデータ消費せず実質無制限で使え、さらに特典やキャンペーンが充実していますので、選らんでもけっして損のないのがLINEMOです。

LINEMO|公式サイトへ

ワイモバイルの総合評価は82点

ワイモバイルの6項目をランク付けし、総合評価は「82点」です。

ワイモバイルの総合評価
料金プラン 評価4.5
通信速度 評価4
LINE特典 評価3
特典・キャンペーン 評価3.5
付帯サービス 評価5
サポート体制 評価4.5
総合評価 82点

ワイモバイルがおすすめの人

2回線を契約する方や、Softbank光を契約している場合はワイモバイルがおすすめです。

家族や本人がSoftBank光契約者なら、月額料金が安くなるのにくわえ、ヤフープレミアム会員費が無料になり、Yahoo!ショッピングやPayPayモールの付与ポイントがアップしお得です。

付帯サービスやサポート体制が充実していますので、安心して使い方はワイモバイルになります。

ワイモバイル|公式サイトへ

まとめ

ここまで、ソフトバンクのサブブランドのLINEMOとワイモバイルを比較してきました。

料金プランは、LINEMOが安いのはお分かり頂けと思います。一方のワイモバイルは複数回線を契約する場合や、ソフトバンク光の契約者であればお得に契約できるのが特徴になっています。

料金やサービス内容に並んで重要になる通信環境ですが、どちらもソフトバンクのメイン回線を利用しますので、一般的な格安SIMのように、通信が立て込む時間帯でも速度低下といった心配がありません。これにより常時快適な通信速度でインターネットを利用できます。

格安SIMのように価格だけで選ぶと、契約後にいざ使ったら「使いものにならない…」といった事にならないように、LINEMOやワイモバイルのようなキャリアサブブランドを選ぶのがベストです。

最後になりますが、サポートは不要で料金の安さやLINEを頻繁に利用するならLINEMOが一択なります!

くわえて、さまざまなキャンペーンと特典があるLINEMOならお得な契約ができます!

格安SIM

Posted by wifi-park