LINEMOとワイモバイルを15項目で徹底比較!どっちがお得!?

LINEMO ワイモバイル 比較

この記事は「LINEMO」と「ワイモバイル」の違いを15項目で比較し、どちらがよいか分かりやすくまとめています。

LINEMOとワイモバイルは、どちらもソフトバンクのサブブランドになり、優劣つけがたい優秀な格安SIMです。

3GB月990円、LINEアプリ使い放題のLINEMO

3GB月2,178円、サービス充実のワイモバイル

この2社について、今から違いを比較していきますので、くわしく知りたい方は引き続きご覧ください。

どちらか迷っている方は、料金の安いLINEMOを選んでおくと間違いありません。

≫ LINEMO|公式サイト

LINEMOとワイモバイル(Y!mobile)の違いが分かる一覧表

LINEMOとワイモバイルのプラン内容を一覧表にしましたので、両社のサービス内容の違いが確認できます。

料金・オプション・付帯サービス等を比較していますのでチエックしてみてください。

LINEMO ワイモバイル
運営会社 ソフトバンク ソフトバンク
サービス開始 2021年3月17日 2014年8月1日
月額料金 3GB:990円
20GB:2,728円
(ミニプラン/マホプラン)
3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
(シンプルS/M/L)
契約事務手数料 0円 0円
(店舗契約は3,300円)
契約解除料 0円 0円
通話料金 22円 / 30秒 22円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字
最低利用期間 なし なし
開始月料金 日割り 日割り
SIM eSIM、SIMカード eSIM、SIMカード
利用回線 ソフトバンク 4G、5G ソフトバンク 4G、5G
データ繰り越し ✕ 未対応 ◯ 対応
データチャージ 1GB:550円 500MB:550円
テザリング ◯ 対応 ◯ 対応
Wi-Fiスポット ✕ 未対応 ◯ 対応:無料
メールアドレス ✕ 未対応 ◯ 対応:無料
留守番電話 ◯ 対応:月額220円 ◯ 対応:無料
国内通話オプション 月額:550円(5分かけ放題)
月額:1,650円(かけ放題)
月額:770円(10分かけ放題)
月額:1,870円(かけ放題)
LINE年齢認証 ◯ 対応 ◯ 対応
申し込み方法 オンライン 店舗、オンライン
サポート オンラインチャット 店舗、オンラインチャット、電話
モバイルルーター販売 ✕ 未販売 ◯ セット販売
スマホ販売 ✕ 未販売 ◯ セット販売
キャッシュバック 最大10,000円分(PayPay) 3,000円分(PayPay)
キャリア決済 ソフトバンクまとめて支払い ソフトバンクまとめて支払い
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード、口座振替

LINEMOとワイモバイルを15項目で比較

LINEMOとワイモバイルを15項目で比較しましたので、気になる項目をそれぞれチェックしてみてください。

15の比較項目は以下の通りです。

それぞれについて解説していきます。

比較➀:料金プラン

LINEMOとワイモバイルの料金プランの比較です。

LINEMO
(ミニプラン/スマホプラン)
ワイモバイル
(シンプルS/M/L)
月額料金 3GB:990円
20GB:2,728円
3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
月額料金
(2回線目以降)
3GB:990円
15GB:2,090円
25GB:2,970円

月額料金はLINEMOの方が圧倒的に安いです。

人気の3GBは月額990円で利用でき、20GBでも月額2,728円と、ワイモバイルよりお得に利用できます。

一方、ワイモバイルは3つのデータプランがありますが、いずれもLINEMOより割高です。

ただ、ワイモバイルは、2回線目以降は「家族割引サービス」が適用され、全プラン1,188円割引になります。

これにより、3GBなら月額990円、25GBは月額2,970円といったように、LINEMOと同等の料金で使えます。

以上のように、LINEMOの方が圧倒的に安く、2回線を契約するならワイモバイルも割安です。

比較➁:各種手数料

LINEMOとワイモバイルの各種手数料の比較です。

LINEMO ワイモバイル
契約事務手数料 0円 0円
(店舗契約は3,300円)
契約解除料 0円 0円
MNP転出手数料 0円 0円
SIMカード再発行手数料 0円 3,300円

LINEMOとワイモバイルともに、初期費用の契約事務手数料は0円です。

ただ、ワイモバイルは店頭契約の場合は3,300円が掛かります。

解約や乗り換え時に発生する、「契約解除料」と「MNP転出手数料」は、LINEMOとワイモバイルともに無料になっており、解約等はスムーズに行えます。

なお、格安SIMで各社共通ですが、半年以内の短期解約はブラックリストに入る可能性もあり注意が必要です。

SIMカード再発行手数料は、SIMを破損や紛失した場合に発生する手数料です。

以上のように、LINEMOとワイモバイルともに、契約事務手数料0円になり無料契約できます。

比較➂:通話料とかけ放題

LINEMOとワイモバイルの通話料とかけ放題の比較です。

LINEMO ワイモバイル
基本通話料 22円 / 30秒 22円 / 30秒
国内通話オプション 月額:550円(5分かけ放題)
月額:1,650円(かけ放題)
月額:770円(10分かけ放題)
月額:1,870円(かけ放題)
月額:770円(60才以上かけ放題)
キャンペーン料金 5分かけ放題:1年間無料
かけ放題:1年間月額1,100円
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字

基本通話料とSMS送信料は、LINEMOとワイモバイルともに同じ料金です。

電話利用が多い方には、2社ともに通話オプションが用意されています。

LINEMOはキャンペーンにより、5分かけ放題なら1年間無料、かけ放題は1年間月額1,100円になっていて非常にお得にです。

一方のワイモバイルは、10分かけ放題が月額770円で、60才以上の方はかけ放題を月額770円で利用できます。

ただ、ワイモバイルは、LINEMOのような通話割引キャンペーンはありません。

以上のように、電話利用が多い方はLINEMOの方が断然お得です。

≫ 通話料で選ぶならLINEMO

比較➃:申し込みキャンペーン

LINEMOとワイモバイルの申し込みキャンペーンの比較です。

LINEMO ワイモバイル
キャッシュバック ・PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン
(PayPay最大10,000円分)
・ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン
・新どこでももらえる特典
(PayPay3,000円分)

LINEMOは、2つの申し込みキャンペーンを開催しています。

一つは、20GB(スマホプラン)の申し込みで、新規契約は3,000円分を、乗り換えなら10,000円分の、PayPayポイントをそれぞれ還元されます。

もう一つは、3GB(ミニプラン)の申し込みで、新規契約と乗り換えのどちらも、PayPayポイント990円分を6ヶ月間還元されます。これにより、ミニプランが半年間実質無料になります。

一方、ワイモバイルは、「新どこでももらえる特典」により、PayPay3,000円分が還元されます。

ただし、公式サイト内の「エントリーページ」から事前エントリーが必要となり、ワイモバイル検討中の方はあらかじ登録しておきましょう。

なお、いずれのキャンペーンも予告なく終了する場合があります。

以上のように、LINEMOとワイモバイルともにお得なキャンペーンを開催中です。

比較➄:実際の通信速度

LINEMOとワイモバイルの実際の通信速度の比較です。

LINEMO ワイモバイル
下り平均速度 46.15Mbps 33.58Mbps
上り平均速度 3.25Mbps 1.99Mbps
回線 ソフトバンク 4G ソフトバンク 4G
測定画像
(画像クリックで拡大)
LINEMOの通信速度 ワイモバイルの通信速度

通信速度は、料金とならんで重要なポイントです。

表は、LINEMOとワイモバイルの通信速度を5回計測した上り・下りの平均速度になります。

LINEMOの通信速度は、下り最大速度「55.39Mbps」を計測し、下り平均速度は「46.15Mbps」です。

ワイモバイルの通信速度は、下り最大速度「47.36Mbps」を計測し、下り平均速度は「33.58Mbps」です。

測定結果はLINEMOの方が速いですが、どちらもソフトバンク回線を利用しますので、誤差の範囲と思ってください。

通信速度については、下り15Mbps以上であれば、動画視聴もスムーズでインターネットも軽快サクサクです。

以上のように、どちらもソフトバンクのメイン回線を通すので、キャリア同等の通信速度がでています。

比較➅:LINE特典

LINEMOとワイモバイルのLINE特典の比較です。

LINEMO ワイモバイル
LINEアプリ利用時 データを消費しない データを消費する
LINEスタンプ 無料特典あり 特典なし

LINEMOは「LINEギガフリー」によりデータ消費しませんので、LINEアプリが完全使い放題です。

これにより、データ量を気にすることなく、LINE「トーク、音声通話、ビデオ通話」を利用できます。

くわえて、20GB(スマホプラン)なら「LINEスタンププレミアムキャンペーン」によりLINEスタンプを実質無料で使えます。

LINEMOは、利用者の多いLINEアプリが使い放題とあって、いま人気の格安SIMになっています。

なお、「LINEMO・ワイモバイル、LINE」の3社はソフトバンクグループですが、ワイモバイルにはLINE特典はありません。

以上のように、LINEアプリを日常的に使う方やヘービーユーザーの方はLINEMOがおすすめです。

≫ LINEMOならLINE使い放題

比較➆:eSIM対応

LINEMOとワイモバイルのeSIM対応の比較です。

LINEMO ワイモバイル
eSIM ◯ 対応 ◯ 対応

LINEMOとワイモバイルともにeSIMに対応し、申し込み時にeSIMとSIMカードのどちらか選べます。

そのため、eSIM対応スマホなら即日開通が可能なうえ、他社SIMカードとeSIMを併用したデュアルSIM運用ができます。

なお、eSIM対応スマホは、iPhoneはXSシリーズ以降は全機種対応で、Androidは最新機種なら対応しています。

eSIMですが、スマホに内蔵された「本体一体型SIM」になり、従来のようにSIMカードを挿入する必要がありません。

開通手続きはオンライン上で完結し、契約後に発行されるプロファイルをインストールすると完了です。

以上のように、LINEMOとワイモバイルともにeSIMに対応しています。

比較⑧:テザリング

LINEMOとワイモバイルのテザリングの比較です。

LINEMO ワイモバイル
テザリング ◯ 対応 ◯ 対応

LINEMOとワイモバイルともに、テザリングは基本契約に含まれ無料利用できます。

また、両社のテザリングは、手続き不要なうえ契約データ量まで制限なしで使えます。

このテザリング機能を使うと、自分のスマホがWi-Fiルーター代わりになり、パソコン、タブレットといった周辺機器もインターネットへ接続できます。

そのため、スマホの通信エリア内なら、テザリングによりネット接続できるため、持ち運び可能なノートパソコン等なら、お気に入りの場所で作業ができます。

iPhoneとAndroidともに、テザリング機能は標準搭載されていますので、ぜひ利用してみてください!

以上のように、LINEMOとワイモバイルともにテザリングを無料利用できます。

比較⑨:データ繰り越し

LINEMOとワイモバイルのデータ繰り越しの比較です。

LINEMO ワイモバイル
データ繰り越し ✕ 未対応 ◯ 対応

LINEMOは、データ繰り越しに対応していません。

一方、ワイモバイルはデータ繰り越しに対応し、余ったデータは自動的に翌月に繰り越されます。

ワイモバイルのデータ繰り越し条件は以下の通りです。

例えば、15GBプランで3GB余った場合は、翌月は15GB+3GB=18GBのデータ量を利用できます。

繰り越したデータ量の利用期限は翌月末までになり、例としては、1月に繰り越したデータ量は2月末が有効期限です。

以上のように、ワイモバイルはデータ繰り越しにより、データを効率的に利用できます。

≫ データ繰り越しならワイモバイル

比較⑩:メールアドレス

LINEMOとワイモバイルのメールアドレスの比較です。

LINEMO ワイモバイル
メールアドレス ✕ 未提供 ◯ 無料提供

LINEMOはメールアドレスを提供していません。

一方、ワイモバイルは「◯◯◯@ymobile.ne.jp」のキャリアメールを無料提供しています。

MMSキャリアメールになり、ソフトバンク携帯でいうと「@softbank.ne.jp」と同等のものです。

なお、格安SIMで信頼性の高いキャリアメールを提供しているのは、ワイモバイルとUQモバイル(有料)の2社だけです。

補足ですが、キャリアからこの2社に乗り換えた場合でも、今のキャリアメールは利用可能です。

2021年12月からドコモ、au、ソフトバンクの3社が「キャリアメール持ち運びサービス」を開始し、乗り換え前のキャリアに月額330円を支払うと継続利用できます。

≫ ワイモバイルならキャリアメール無料

比較⑪:速度制限

LINEMOとワイモバイルの速度制限の比較です。

LINEMO IIJmio
速度制限
(データ量超過後)
3GB(ミニプラン):300kbps
20GB(スマホプラン):1Mbps
3GB(シンプルS):300kbps
15GB(シンプルM):1Mbps
25GB(シンプルL):1Mbps

LINEMOとワイモバイルともに、契約データ量を使い切ると速度制限されます。

LINEMOの速度制限は、3GB(スマホプラン)は最大300kbps、20GB(スマホプラン)なら最大1Mbpsです。

しかし、LINEアプリは「LINEギガフリー」により速度制限の対象外で、高速通信を続けることができます。

一方、ワイモバイルの速度制限は、3GB(シンプルS)は最大300kbps、15GB・25GB(シンプルM・L)なら最大1Mbpsです。

300kbpsの速度は、SNSやLINEメッセージは可能ですが、動画視聴は使いものになりません。

1Mbpsの速度は、WEB閲覧やSNSは十分可能で、高画質動画や画像閲覧は遅延がおきます。

この2社の速度制限は、格安SIMの中では緩いほうで、一般的には128~300kbpsに規制されます。

比較⑫:おうち割光セット

LINEMOとワイモバイルのおうち割光セットの比較です。

LINEMO ワイモバイル
おうち割光セット ✕ 未適用 シンプルS(3GB):990円
シンプルM(15GB):2,090円
シンプルL(25GB):2,970円

LINEMOとワイモバイルは、同じソフトバンクグループですが「おうち割光セット」が適用されるのはワイモバイルです。

これにより、SoftBank光とSoftBank Airを契約している方は、ワイモバイル全プラン1,188円割引になります。

割引後は、LINEMOと同等の料金になり、3GBプランは月990円の同額で利用できます。

さらに、2社の上位プランを比較すると、LINEMOは20GB月2,728円、ワイモバイルは25GB月2,970円になり、1GBあたりはワイモバイルの方安いです。

以上のように、SoftBank光とSoftBank Airに契約している方は、ワイモバイルの方が少しお得です。

比較⑬:支払い方法

LINEMOとワイモバイルの支払い方法の比較です。

LINEMO ワイモバイル
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード、口座振替
キャリア決済 ソフトバンクまとめて支払い ソフトバンクまとめて支払い

LINEMOとワイモバイルともに、クレジットカードと口座振替の支払いに対応しています。

口座振替で契約する場合ですが、LINEMOならオンランイン契約できますが、ワイモバイルはワイモバイルショップ店頭での申し込みになります。

このように、2社ともに格安SIM中では希少な口座振替に対応しています。

また、両社はキャリア決済にも対応し、契約後であれば「ソフトバンクまとめて支払い」利用でき、最大10万円まで利用可能です。

以上のように、LINEMOワイモバイルともに口座振替対応により、クレジットカードを持っていなくても契約できます。

比較⑭:サポート体制

LINEMOとワイモバイルのサポート体制の比較です。

LINEMO ワイモバイル
サポート体制 ・オンランインサポート ・電話サポート
・オンランインサポート
・店頭サポート

LINEMOは、申し込みからサポートまですべてオンライン対応です。

オンラインサポートの基本は「AIチャット」になり、まれに有人チャットに繋がる場合もあります。

一方の、ワイモバイルは電話サポートに対応しており、オペレーターさんによる対人サポートが受けれます。

オンラインでは、有人のチャットサポートにも対応しています。

さらに、全国にある「ワイモバイルショップ」で、サポートや各種手続きにも対応しており、何かあっても安心です。

以上のように、ワイモバイルならキャリアなみフルサポートが受けれます。

比較⑮:スマホ販売

LINEMOとワイモバイルのスマホ販売の比較です。

LINEMO ワイモバイル
スマホ販売 ✕ 未販売 ◯ 販売
支払い回数 一括、24回、36回

LINEMOは、現時点ではスマホ販売をしていません。

一方の、ワイモバイルは「iPhone・Android・タブレット」を販売しており、いずれもキャンペーン価格で購入できます。

Androidなら実質1円や4,000円前後の格安機種もあり、他にも最新5Gスマホやカンタンスマホなど、豊富な機種を取り揃えています。

気になる支払い方法も、一括のほか分割手数料なしの36回払いで購入可能です。

ワイモバイルでセット購入したスマホは、ネットワーク設定済みになっており、初期設定も不要で届いてすぐに利用できます。

今のスマホを買い換えて気分一新したい時などは、ワイモバイルなら格安でセット購入できます!

≫ ワイモバイルのスマホを見る

LINEMOとワイモバイルのメリットとデメリット

ここでは、LINEMOとワイモバイルのメリットとデメリットを紹介しています。

LINEMOのメリットとデメリット

最初に、LINEMOのメリットとデメリットをまとめましたので参考にしてください。

メリット デメリット
・ワイモバイルより月額料金が安い
・3GB月990で使える
・契約事務手数料0円
・5分かけ放題が1年間無料
・eSIMに対応している
・キャッシュバック最大10,000円分
・LINEアプリ利用時データ消費しない
・LINEスタンプ無料特典がある
・データ繰り越しができない
・メールアドレスが付与されない
・サポートはオンラインのみ

ワイモバイルのメリットとデメリット

つづいて、ワイモバイルのメリットとデメリットをまとめましたので参考にしてください。

メリット デメリット
・データ繰り越しができる
・キャリアメールを無料利用できる
・eSIMに対応している
・キャッシュバック最大10,000円分
・Yahoo!プレミアム会員費が無料になる
・電話サポートに対応している
・格安でスマホセット購入ができる
・おうち割光セットが適用される
・LINEMOより料金が割高
・店頭契約は契約手数料3,300円が発生
・LINE特典がない

結論:LINEMOとワイモバイルの比較

LINEMOとワイモバイルの15項目を比較してきた結論になります。

どちらが良いのかカテゴリーごと点数を付けましたので、2社を選ぶ際の指標にしていただければ幸いです!

LINEMOの総合評価は90ポイント

LINEMOを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「90ポイント」です。

LINEMOの総合評価
料金プラン 評価5
通信速度 評価4.5
通話料金 評価5
特典・キャンペーン 評価4.5
付帯サービス 評価4.5
サポート体制 評価3.5
総合評価 90ポイント

LINEMOがおすすめの人

LINEMOがおすすめの人は、料金や速度を重視する方です。

料金プランは、人気の3GBなら月990円で、容量の大きい20GBは月2,728円といったように、格安で利用できます。

くわえて、LINEMO最大のメリットである、LINEアプリがギガフリーによって完全使い放題です。

通話料金も「通話オプション割引キャンペーン」により、5分かけ放題なら1年間無料、かけ放題は1年間月額1,100円となっており、大幅に通話料を節約できます。

5GとeSIMにも対応しており、付帯サービスも充実しており、利便性が高くなっています。

お得なキャンペーンもあり、PayPay最大10,000円分がもらえます。

LINEMOのおすすめポイントは「月額料金が安い」と「LINEが使い放題」です!

≫ LINEMOに申し込む

ワイモバイルの総合評価は88ポイント

ワイモバイルを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「88ポイント」です。

ワイモバイルの総合評価
料金プラン 評価4
通信速度 評価4.5
通話料金 評価4
特典・キャンペーン 評価3.5
付帯サービス 評価5
サポート体制 評価4.5
総合評価 88ポイント

ワイモバイルがおすすめの人

ワイモバイルのおすすめの人は、家族で契約する方です。

2回線以上を契約すると「家族割引サービス」が適用され、全プラン1,188円割引になります。

家族割より、人気の3GBなら月990円で、25GBでも月2,970円といったように、お得な料金で利用できます。

利用者特典もあり、ヤフープレミアム会員費が無料になり、Yahoo!ショッピングやPayPayモールの付与ポイントがアップします。

付帯サービスについても、キャリアメールが無料利用でき、データ繰り越しやeSIMにも対応しており、利便性は抜群です。

キャンペーンも開催中で、他社から乗り換えでPayPay最大10,000円分が還元されます。

ワイモバイルのおすすめポイントは「2回線契約なら安い」と「付帯サービスの充実」です!

≫ ワイモバイルに申し込む

LINEMOとワイモバイルの併用もおすすめ

ここでは、LINEMOとワイモバイルの併用について紹介しています。

LINEMO ワイモバイル
契約事務手数料 0円 0円
(店舗契約は3,300円)
月額料金 3GB:990円 3GB:2,178円
SIM併用案 ➀ eSIM SIMカード
SIM併用案 ➁ SIMカード eSIM
SIM併用案 ➂ SIMカード SIMカード

LINEMOとワイモバイルの併用案を簡単に解説します。

最初に契約事務手数料ですが、LINEMOもワイモバイルともに0円なので、2社と無料契約できます。

つぎに月額料金ですが、LINEMOは3GBなら990円、ワイモバイルは3GBが月額2,178円で、合わせて6GBを月額3,168円で利用できます。

SIMの組合せは、LINEMOとワイモバイルともにeSIMとSIMカード(物理SIM)があり、好きな組合わせができます。

以上のように、デュアルSIM運用すれば、月額3,168円で2社のSIMを併用でき、仕事用やプライベートといった2つの電話番号が持てます。

デュアルSIMのメリットは他にもあり、スマホを2台も持つ必要がなくなり、持ち物を減らすことができます。

LINEMOとワイモバイルを他社と比較

LINEMOとワイモバイルを他社と比較した記事一覧です。

LINEMO ワイモバイル
「LINEMO」「UQモバイル」比較 「ワイモバイル」「UQモバイル」比較
「LINEMO」「楽天モバイル」比較 「ワイモバイル」「楽天モバイル」比較
「LINEMO」「ahamo」比較 「ワイモバイル」「ahamo」比較
「LINEMO」「OCNモバイルONE」比較 「ワイモバイル」「OCNモバイルONE」比較
「LINEMO」「マイネオ」比較 「ワイモバイル」「マイネオ」比較
「LINEMO」「IIJmio」比較 「ワイモバイル」「IIJmio」比較
「LINEMO」「NUROモバイル」比較 「ワイモバイル」「NUROモバイル」比較

気になる格安SIMがあれば、それぞれの比較記事をチェックしてみてください。

ご自分に合った格安SIMが見つかるかもしれません。

いずれも、キャリアサブブランドや大手通信会社が運営する人気の格安SIMで、多くのユーザーが利用しています。

まとめ

ここまで、ソフトバンクサブブランドのLINEMOとワイモバイルを比較してきました。

LINEMOは、料金プランも安いうえLINEアプリが使い放題でコスパ抜群です。

一方の、ワイモバイルは2回線目以降や、ソフトバンク光の契約者なら、全プラン1,188円割引になります。

料金と並んで重要な通信環境も、どちらもソフトバンクメイン回線を利用しますので、一般的な格安SIMのように、通信が立て込む時間帯でも速度低下といったことはありません。

この2社なら、常時快適な通信速度でインターネットを利用できます。

格安SIMは、価格だけで選ぶと契約後にいざ使ったら「使いものにならない…」といった事があります。

そのため、LINEMOやワイモバイルのようなキャリアサブブランドを選ぶのがベストです。

最後になりますが、サポート不要で料金の安さや、LINEをメイン利用する方はLINEMOが一択です!

格安SIM

Posted by wifi-park