どっちが良い?LINEMOとUQモバイルを11項目を完全比較!

LINEMO UQモバイル 比較

LINEMOとUQモバイル(UQ mobile)の2つのうち、どちらにするか迷っている方へのご案内になります。

この2社はキャリアサブブランドになり、CM等でも有名な格安SIMになりますので迷うのは当然かと思います。

最初に言うのはちょっと早い気もしますが、LINEMOとUQモバイルのどちらを選らんでも失敗はしません。

なぜなら、この2つは優劣をつけがたい非常に優秀な格安SIMだからです。すでにこの2社へ絞っている時点でいわゆる「勝ち組」です。

そこで、さらに2社のどちらと契約したらお得なのかを、11項目にわたって比較解説していますのでご覧になってください。

さっそく公式サイトをチエックしたい方は以下からどうぞ。

LINEMOとUQモバイルの概要と比較一覧

LINEMOとUQモバイルの概要を一覧表にしましたので、両社のくわしいサービス内容が確認にいただけます。

概要・月額料金・オプション・付帯サービスなどの基本情報を掲載していますのでチエックしてみてください。

LINEMO UQモバイル
MNOブランド SoftBankサブブランド auサブブランド
サービス開始 2021年3月17日 2014年12月18日
データ容量 ミニプラン:3GB
スマホプラン:20GB
くりこしプランS:3GB
くりこしプランM:15GB
くりこしプランL:25GB
(※くりこしプラン +5G)
月額料金 ミニプラン:990円
スマホプラン:2,728円
くりこしプランS:1,628円
くりこしプランM:2,728円
くりこしプランL:3,828円
(※くりこしプラン +5G)
契約事務手数料 0円 3,300円
契約解除料 0円 0円
国内通話料金 22円 / 30秒 22円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字
最低利用期間 なし なし
開始月料金 日割り 日割り
SIM eSIM、SIMカード eSIM、SIMカード
利用回線 ソフトバンク 4G、5G au 4G、5G
節約モード ✕ 未対応 ◯ 対応
データ繰り越し ✕ 未対応 ◯ 対応
データチャージ ◯ 対応 ◯ 対応
テザリング ◯ 対応(無料) ◯ 対応(無料)
キャリアメール ✕ 未対応 ◯ 対応(月額220円)
留守番電話 ✕ 未対応 ◯ 対応(月額330円)
国内通話オプション 月額:550円(5分かけ放題)
月額:1,650円(かけ放題)
月額:550円(毎月60分無料)
月額:770円(10分かけ放題)
月額:1,870円(かけ放題)
LINEアプリ利用時 データ消費しない データ消費する
LINE ID検索 ◯ 対応 ◯ 対応
LINEスタンプ 特典あり 特典なし
申し込み方法 オンライン 店頭、オンライン
サポート オンラインチャット 店頭、オンラインチャット、電話
スマホセット販売 ✕ 未販売 ◯ セット販売
キャリア決済 ソフトバンクまとめて支払い auかんたん決済
キャッシュバック 最大10,000円分(paypay) 最大10,000円分(au PAY)
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード、口座振替

LINEMOのメリットとデメリット

一覧表の比較からわかった、LINEMOのメリットとデメリットをまとめました。

メリット デメリット
・月額料金がUQモバイルより安い
・契約事務手数料が0円
・最大10,000円分がもらえる
・LINEアプリ利用時データ消費しない
・LINEスタンプ無料特典がある
・SoftBankメイン回線を使える
・データ繰り越しができない
・節約モードがない
・スマホセット販売をしてない
・サポートはオンラインのみ

UQモバイルのメリットとデメリット

一覧表の比較からわかった、UQモバイルのメリットとデメリットをまとめました。

メリット デメリット
・データ繰り越しができる
・節約モードがある
・電話サポートに対応している
・最大10,000円分がもらえる
・スマホセット購入できる
・auメイン回線を使える
・月額料金はLINEMOより高い
・契約事務手数料3,300円が発生する
・LINE特典がない
・キャリアメールは有料

当サイトの「UQモバイルを4年間使った感想!」でも詳しく解説しています。

LINEMOとUQモバイルを11項目で比較

LINEMOとUQモバイルを11項目で比較しましたので、どちらにするか迷っている方は参考にしてください。

11項目の比較は以下の通りです。

  1. 月額料金とデータ繰り越し
  2. 通話料金と留守番電話
  3. 実際の通信速度
  4. LINEアプリのデータ消費とスタンプ
  5. キャリアメール付与と持ち運び
  6. サポート体制と申し込み方法
  7. SoftBank 光セット割引
  8. PayPayボーナスとキャン
  9. Yahoo!プレミアム会員費
  10. スマホセット販売の有無

それぞれについて解説していきます。

比較➀:月額料金とデータ繰り越し

まずは、もっとも気になる月額料金の比較ですが、文句なしでLINEMOの方が安いです。

LINEMO UQモバイル
月額料金 ミニプラン(3GB):990円
スマホプラン(20GB):2,728円
S(3GB):1,628円
M(15GB):2,728円
L(25GB):3,828円
(くりこしプランS/M/L +5G)
データ繰り越し ✕ 未対応 ◯ 対応

ご覧のように、LINEMOはデータ繰り越しはできませんが、月額料金は圧倒的に安く利用できます。

UQモバイルは、データ繰り越しはできますが、くりこしプランS/M/LのいずれもLINEMOに比べ割高になっています。

データ量3GBのプランで比較するとLINEMOは月額990円ですが、一方のUQモバイルは月額1,628円で、LINEMOとの価格差が728円になり年間にすると8,736円になります。

≫ 料金で選ぶならLINEMO

比較➁:セット割引の月額料金

UQモバイルには「自宅セット割」があり、セット割のないLINEMOより安く利用できます。

LINEMO UQモバイル「自宅セット割」
月額料金 ミニプラン(3GB):990円
スマホプラン(20GB):2,728円
S(3GB):990円
M(15GB):2,090円
L(25GB):2,970円
(くりこしプランS/M/L +5G)
適用条件 ・でんきコース
・インターネットコース
いずれかの契約者か新規加入者

UQモバイルは、自宅セット割が適用されると月額料金が割引になります。

適用条件は「でんきコース」は「auでんき」、「インターネットコース」は「au ひかり、WiMAX、他」の、契約者または新規加入者にが対象になります。

自宅セット割が対象の方は、データ繰り越しできるUQモバイルの方がお得かつ安く利用できます。

≫ セット割ならUQモバイル

比較➂:節約モードとデータチャージ

データチャージは両社ともに対応していますが、節約モードに対象しているのはUQモバイルです。

LINEMO UQモバイル
節約モード ✕ 未対応 ◯ 対応
(300kbps~1Mbps)
データチャージ料金 1GB:550円 100MB:220円
500MB:550円
チャージ方法 オートチャージ 手動チャージ

UQモバイルは、メリットの多い節約モードに対応しており、速度も300kbps~1Mbpsと低速モードとしては使える速さになっています。一方のLINEMOには節約モード機能はありません。

データチャージは、LINEMOは1GB/550円で安いうえに、オートチャージなので手間いらずです。一方のUQモバイルは、手動チャージですが100MB/220円からチャージ可能です。

節約モードをについては、当サイトのUQモバイルの節約モードでくわしく解説しています。

≫ 節約モードがあるUQモバイル

比較➃:通話料とオプション通話料金

通常通話料、オプション通話料金の比較になります。キャンペーンによりLINEMOの方がお得かつ安いです。

LINEMO UQモバイル
通常通話料 22円 / 30秒 22円 / 30秒
国内通話オプション 月額:550円(5分かけ放題)
月額:1,650円(かけ放題)
月額:770円(10分かけ放題)
月額:1,870円(かけ放題)
月額:770円(60才以上かけ放題)
キャンペーン 5分かけ放題:1年間無料
かけ放題:1年間月額1,100円

通常通話料は両社とも同じ料金ですが、LINEMOは通話オプション料金が安いうえに、キャンペーンにより5分かけ放題が1年間無料で利用できます。一方のUQモバイルは、60才以上の方であれば月額770円で国内かけ放題になります。

通話料金は、5分かけ放題が1年間無料で使えるLINEMOの方が断然お得です。

比較➄:実際の通信速度

料金プランと並んで重要視される通信速度を比較しました。実際の通信速度を計測しましたので参考にしてください。

LINEMO UQモバイル
下り平均速度 46.15Mbps 45.53Mbps
上り平均速度 3.25Mbps 12.98Mbps
回線 SoftBank 4G au 4G

上の表は、LINEMOとUQモバイルの通信速度を5回計測した上り・下りの平均速度になります。

測定結果では、SoftBank 4G回線のLINEMOが下り平均46.15Mbpsで、au 4G回線のUQモバイルが下り平均45.53Mbpsとなり、ほぼ同じ通信速度になりました。

どちらもキャリアサブブランドになり、メイン回線を使いますのでキャリアと同じ通信速度が出ています。余談ですが格安SIMのように回線を借りている場合は10Mbps前後しかでません。

なお、通信速度は下り15Mbps以上であれば、動画もスムーズな視聴ができインターネットも軽快サクサクに利用できます。

LINEMOの通信速度

LINEMOの5回計測した実際の通信速度は以下の通りで、下り最大速度は55.39Mbpsを計測しました。

LINEMOの通信速度

UQモバイルの通信速度

UQモバイルの5回計測した実際の通信速度は以下の通りで、下り最大速度は49.73Mbpsを計測しました。

UQモバイルの通信速度

比較➅:LINE特典

利用者の多いLINEアプリですが、こちらに関しては文句なくLINEMOの方がメリットがあります。

LINEMO UQモバイル
LINEアプリ利用時 データを消費しない データを消費する
LINEスタンプ 無料特典あり 特典なし

LINEMOとLINEともにソフトバンクグループなりますので、グループ特典でLINEが破格の条件で利用できます。一方、auグループのUQモバイルはここでは出る幕はありません。

なんと言っても、LINEMOはLINEアプリ利用時にデータ消費しませんので、LINEが無制限で利用できます。さらに、LINEMOスマホプラン(20GB)であればLINEスタンプが実質無料で使えます。

このように、LINEヘービーユーザーの方はLINEMOがおすすめになります。

≫ LINEMOならLINEが使い放題

比較➆:キャリアメールと持ち運び

キャリアメール利用とメールアドレス持ち運びの比較です。キャリアメールが用意されているのはUQモバイルです。

LINEMO UQモバイル
キャリアメール ✕ 未対応 ◯ 対応(月額220円)
キャリアメール持ち運び ◯ 対応 ◯ 対応

UQモバイルは「◯◯◯@uqmobile.jp」の月額220円キャリアメールが利用できます。一方のLINEMOは対応していません。

他社からのキャリアメール持ち運びは、2021年12月20日からLINEMOとUQモバイルともに可能になりましたので、乗り換えても今まで使っていたキャリアメールそのまま使用できます。

フリーメールより信頼性の高いキャリアメールを利用するならUQモバイルになります。

比較➇:サポート体制と申し込み方法

サポート体制と申し込み方法の比較になり、サポートが充実しているUQモバイルです。

LINEMO UQモバイル
電話サポート ✕ 未対応 ◯ 対応(フリーダイヤル)
オンラインチャット ◯ 対応 ◯ 対応
店頭サポート ◯ 対応
申し込み方法 オンライン オンライン、店頭

サポート体制や申し込みついては、「UQ mobileお客さまセンター」のあるUQモバイルの方が充実しています。一方のLINEMOはオンライン専用ブランドになり、すべてオンライン上での対応になっています。

サポートが必要ない方はLINEMOに、充実したサポートやオペレーター対応の方が安心だという方はUQモバイルになります。

比較⑨:キャンペーンとキャッシュバック

キャンペーンとキャッシュバックの比較になりますが、LINEMOの方が特典内容が充実しています。

LINEMO UQモバイル
キャッシュバック ・PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン
最大10,000円分
・au PAY残高還元
最大10,000円分
キャンペーン ・LINE MUSIC6カ月無料キャンペーン
・通話オプション割引キャンペーン
・LINEスタンプ プレミアム ポイントバックキャンペーン
・UQ mobile オンラインショップ キャンペーン
(対象スマホが特別価格)

ご覧の通り、特典やキャンペーンについてはLINEMOの方が充実しています。LINEMOはソフトバンクの新ブランドとしてユーザーの囲い込みをしているためです。ユーザーが一定数に達するまでは、顧客ファーストの申し込み条件になりそうです。

一方のUQモバイルは、「オンラインショップキャンペーン」により対象製品のスマホが超格安で購入できます。

このように、キャンペーンの恩恵を多く受けれるのはLINEMOになりますので、契約した際はしっかりと特典を受けとりましょう。

≫ LINEMOなら特典が豊富!

比較⑩:Wi-Fiスポット利用

Wi-Fiスポットの利用ですが、UQモバイルはau Wi-Fiスポットが無料で利用できます。

LINEMO UQモバイル
Wi-Fiスポット ✕ 未対応 au Wi-Fi SPOT

UQモバイルは、利用条件がありますが、基本的にau Wi-Fiスポットが無料で利用できます。一方のLINEMOはソフトバンクWi-Fiスポットは利用できません。

au Wi-Fi SPOTは、大手カフェ・ファミレス・ファーストフード・公共交通機関など、多くのWi-Fiスポットが展開されていますので、外出先でもauの高速回線が利用できます。

比較⑪:スマホセット販売の有無

スマホのセット販売の有無ですが、UQモバイルは販売していますがLINEMOは取り扱いがありません。

LINEMO UQモバイル
スマホセット販売 ✕ 未販売 ◯ 販売

UQモバイルは、iPhoneとAndroidを販売しておりキャンペーン価格で購入できます。販売端末は、iPhone13シリーズの取り扱いはありませんが、Androidは一部メーカーの最新機種が格安で販売されています。

LINEMOは自分でスマホを用意する必要がありますが、UQモバイルであれば、APN設定済みの新品スマホを購入できすので、届いてからの面倒な設定も不要です。

古いスマホから最新5Gスマホを買い換えて、気分一新したい時などはUQモバイル検討してみましょう。

≫ UQモバイルのスマホを見る

結論:LINEMOとUQモバイルのどちらが良いか?

ここまで、LINEMOとUQモバイルの11項目を比較してきた結論になります。

どちらが良いのかカテゴリーごと点数を付けましたので、2社のどちらにするかの参考にしてください。

LINEMOの総合評価は83点

LINEMOを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「83点」です。

LINEMOの総合評価
料金プラン 評価5
通信速度 評価4
通話料金 評価4.5
特典・キャンペーン 評価4.5
付帯サービス 評価3.5
サポート体制 評価3.5
総合評価 83点

LINEMOがおすすめの人

LINEMOのミニプラン(3GB)は月額990円はサブブランド最安値になっており、契約事務手数料も0円でコスパ抜群なので、安く使い方はLINEMOをおすすめします。

また、LINE利用時にデータ消費せず実質無制限で利用でき、さらに特典やキャンペーンが充実していますので、選らんでもけっして損のないのがLINEMOです。

LINEMO|公式サイトへ

UQモバイルの総合評価は82点

UQモバイルを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「82点」です。

UQモバイルの総合評価
料金プラン 評価4
通信速度 評価4
通話料金 評価4
特典・キャンペーン 評価3.5
付帯サービス 評価4.5
サポート体制 評価4.5
総合評価 82点

UQモバイルがおすすめの人

UQモバイルは、自宅セット割が対象の方であればLINEMOと同等な料金なり、データ繰り越しもできますので、ギガを無駄なく使いたい方におすすめです。

UQモバイルの1番の魅力は節約モードになり、低速モードに切り替えると、データ消費をしませんのでインターネットが使い放題です。

端末のセット購入もできますので、新しいスマホを購入したい方にもおすすめです。

UQモバイル|公式サイトへ

まとめ

ここまで、LINEMOとUQモバイルを比較してきました。

どちらもキャリアサブブランドになり、一般的な格安SIMとは一線を画しており通信環境は折り紙つきです。

料金が安くLINEが使い放題のLINEMOにするか、付帯サービスが充実しているUQモバイルにするか、どちらにするか迷っている方は、比較項目をもう一度確認の上、ご自身に合っている方は選らんでください。

どちらを選らんでも、購入後の「あぁ…失敗した、やめておけばよかった…」といった失敗談にはなりません。

なぜなら、この2社は甲乙付けがたいほど非常に優秀な格安SIMだからです。

格安SIM

Posted by wifi-park