ワイモバイルとマイネオの違いを14項目で比較!どっちがいい!?

ワイモバイル マイネオ 比較

この記事は「ワイモバイル」と「マイネオ」の違いを14項目で比較し、どっちがいいかまとめています。

最初に、2社の特徴をかんたんに紹介します。

家族割で1,188円割引!高速通信のワイモバイル

1GB・月1,298円~!付帯サービス充実のマイネオ

選び方のポイントは、速度重視の方はワイモバイルがおすすめで、料金重視の方はマイネオがおすすめです。

損をしないよう、詳しい比較内容を見る方は引き続きこの記事を、2社の公式サイトをチェックする方は以下からどうぞ!

Y!mobile(ワイモバイル)とmineo(マイネオ)の違いが分かる一覧表

ワイモバイルとマイネオの基本情報を一覧表にしましたので、違いをそれぞれチェックしてみてください。

以下の表では、2社のプラン内容や付帯サービス一覧が確認できます。

ワイモバイル マイネオ
運営会社 ソフトバンク 関西電力
サービス開始 2014年8月1日 2014年6月3日
月額料金 3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
(シンプルS/M/L)
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
(マイピタ・デュアルタイプ)
契約事務手数料 0円
(店舗契約は3,300円)
3,300円
SIMカード発行料:440円
契約解除料 0円 0円
国内通話料金 22円 / 30秒 22円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字
最低利用期間 なし なし
開始月料金 日割り 日割り
SIM eSIM、SIMカード eSIM、SIMカード
利用回線 ソフトバンク 4G、5G au 4G、5G
ドコモ 4G、5G
ソフトバンク 4G、5G
(契約時に選択)
節約モード ✕ 未対応 ◯ 対応
データ繰り越し ◯ 対応 ◯ 対応
データチャージ 1GB:550円 100MB:55円
テザリング ◯ 対応 ◯ 対応
Wi-Fiスポット ◯ 対応:無料 ◯ 対応:月額398円
メールアドレス ◯ 対応:無料 ◯ 対応:無料
留守番電話 ◯ 対応:無料 ◯ 対応:月額319円
国内通話オプション 10分かけ放題:月額770円
かけ放題:月額1,870円
10分かけ放題:月額550円
かけ放題:月額1,210円
LINE年齢認証 ◯ 対応 ◯ 対応
申し込み方法 店頭、オンライン 店頭、オンライン
サポート 店頭、オンラインチャット、電話 店頭、オンラインチャット、電話
モバイルルーター販売 ◯ セット販売 ◯ セット販売
スマホ販売 ◯ セット販売 ◯ セット販売
キャッシュバック 6,000円分(PayPay)
キャリア決済 ワイモバイルまとめて支払い マイネオキャリア決済
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード

ワイモバイルとマイネオを14項目で比較

ワイモバイルとマイネオを14項目で比較しましたので、気になる項目をそれぞれチェックしてみてください。

14の比較項目は以下の通りです。

それぞれについて解説していきます。

比較➀:料金プラン

ワイモバイルとマイネオの料金プランの比較です。

ワイモバイル
(シンプルS/M/L)
マイネオ
(マイピタ・デュアルタイプ)
月額料金 3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
月額料金
(2回線目以降)
3GB:990円
15GB:2,090円
25GB:2,970円
使用回線 ソフトバンク ドコモ・au・ソフトバンク

ワイモバイルのデータプランは、3GB、15GB、25GBの3つです。

1回線目の料金は割高ですが、2回線目以降は「家族割引サービス」が適用され、全プラン1,188円割引です。

この家族割によって、2回線目以降は、3GBなら月990円、25GBは月2,970円といったように、格安利用できます。

家族割の対象は「家族、同棲中のパートナー、1人2回線」など、幅広く適用されます。

一方、マイネオのデータプランは、1GB、5GB、10GB、20GBの4つです。

5GBなら月額1,518円、20GBなら月2,178円といったように、ワイモバイルより安いです。

また、回線はau・ドコモ・ソフトバンクから選べます。

以上のように、ワイモバイルは2回線目を契約するなら安いですが、単純に安く使いたい方はマイネオがおすすめです。

比較➁:通話料とかけ放題

ワイモバイルとマイネオの通話料とかけ放題の比較です。

ワイモバイル マイネオ
基本通話料 22円 / 30秒 22円 / 30秒
国内通話オプション 10分かけ放題:月額770円
かけ放題:月額1,870円
10分かけ放題:月額550円
かけ放題:月額1,210円
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字

基本通話料とSMS送信料は、ワイモバイルとマイネオともに同じ料金です。

通話料が安くなる、2社のかけ放題オプションを見ていきましょう。

ワイモバイルは、2つの通話オプションがあり、10分かけ放題が月770円、かけ放題は月1,870円です。

一方のマイネオも、2つの通話オプションがあり、10分かけ放題が月550円、かけ放題は月1,210円で、どちらもワイモバイルより安いです。

なお、2社のかけ放題は専用アプリ不要で、スマホの標準アプリを利用できます。

以上のように、10分かけ放題と完全かけ放題のどちらもマイネオの方が安いです。

≫ かけ放題が安いマイネオ

比較➂:各種手数料

ワイモバイルとマイネオの各種手数料の比較です。

ワイモバイル マイネオ
契約事務手数料 0円
(店舗契約は3,300円)
3,300円
SIMカード発行料:440円
契約解除料 0円 0円
MNP転出手数料 0円 0円
SIMカード再発行手数料 3,300円 2,200円
SIMカード発行料:440円

ワイモバイルは、初期費用の契約事務手数料は0円です。

ただし、ワイモバイルショップで店舗契約する場合、契約事務手数料3,300円が掛かります。

一方、マイネオは、契約事務手数料3,300円+SIMカード発行料:440円で、計3,740円の初期費用が発生します。

解約や乗り換えにともなう「契約解除料」と「MNP転出手数料」は、ワイモバイルとマイネオともに無料になっており、乗り換えや解約もスムーズに行えます。

SIMカード再発行手数料は、SIMを紛失や破損した場合にかかる手数料です。

以上のとおり、ワイモバイルなら契約事務手数料0円なので、無料で契約できます。

≫ ワイモバイルなら契約手数料0円

比較➃:申し込み(乗り換え)キャンペーン

ワイモバイルとマイネオの申し込み(乗り換え)キャンペーンの比較です。

ワイモバイル マイネオ
キャンペーン名 ・新どこでももらえる特典
(PayPay最大6,000円分)
✕ なし
キャンペーン対象 新規、乗り換え

ワイモバイルは「新どこでももらえる特典」により、PayPay最大6,000円分をプレゼント中です。

特典内容は、新規や乗り換えで「シンプルS/M/L」に申し込むと、シンプルSは500円分、シンプルM/Lは6,000円分を、それぞれプレゼントされます。

特典適用には、ワイモバイル公式サイト内の「エントリーページ」から事前登録が必要で、検討中の方はあらかじめエントリーしておきましょう。

一方、マイネオは、現在申し込みキャンペーンは開催していません。

以上のとおり、ワイモバイルならPayPay最大6,000円分を貰えます。

≫ 申し込み特典ならワイモバイル

比較➄:5Gエリア

ワイモバイルとマイネオの利用エリアの比較です。

ワイモバイル マイネオ
5G回線 ソフトバンク 5G au 5G、ドコモ 5G、ソフトバンク 5G
5G人口カバー率 85% au 90%、ドコモ 70%、ソフトバンク 85%
サービスエリア auドコモソフトバンク

ワイモバイルとマイネオともに、超高速通信5Gに対応しています。

ワイモバイルは、基本契約に5G含まれておりソフトバンク5G回線が利用できます。

ソフトバンクの5G人口カバー率は85%で、auに次いで2番手になり、そこそこ広いエリアで5G通信が可能です。

一方、マイネオは申し込み時に「au、ドコモ 、ソフトバンク」から回線が選べ、いずれも5Gオプションを無料利用できます。

5Gオプションの手続きは「mineo マイページ」の「5G通信オプション」から申し込めます。

補足ですが、4キャリアの5G人口カバー率は、auの90%がトップで、ソフトバンクは85%の2番手です。

以上のとおり、ワイモバイルとマイネオのどちらも、高速5Gを利用できます。

比較➅:実際の通信速度

ワイモバイルとマイネオの通信速度の比較です。

ワイモバイル マイネオ
下り平均速度 33.58Mbps 9.34Mbps
上り平均速度 1.99Mbps 5.79Mbps
回線 SoftBank 4G ドコモ 4G(Dプラン)
測定画像
(画像クリックで拡大表示)
ワイモバイルの通信速度 マイネオ(mineo)の通信速度

上の表は、ワイモバイルとマイネオの通信速度を5回計測した上り・下りの平均速度です。

ワイモバイルは、ソフトバンク回線を使用し、下り平均速度「33.58Mbps」です。

一方、マイネオは、ドコモ回線(Dプラン)を使用し、下り平均速度「9.34Mbps」しかでていません。

2社の通信速度の差については次のとおりです。

ソフトバンクブランドのワイモバイルは、ソフトバンクメイン回線を使うので、キャリア同等の速度がでます。

一方、マイネオは、キャリアから回線を借りて運営しているため、回線混雑により速度はでません。

以上のとおり、速度重視で選ぶならワイモバイルをおすすめします。

≫ 速度重視ならワイモバイル

比較➆:メールアドレス

ワイモバイルとマイネオのメールアドレスの比較です。

ワイモバイル マイネオ
メールアドレス ◯ 対応:無料 ◯ 対応:無料

ワイモバイルは「◯◯◯@ymobile.ne.jp」のキャリアメールを利用できます。

キャリアメールは信頼性が高く、ソフトバンクでいう「◯◯◯@softbank.ne.jp」と同等のものです。

一方、マイネオは「◯◯◯@mineo.jp」のメールアドレスを利用できます。

ちなみに、キャリアからこの2社に乗り換える場合ですが、現在のキャリアメールは利用可能です。

2021年12月からドコモ、au、ソフトバンクの3社は「キャリアメール持ち運びサービス」を開始し、乗り換え前のキャリアに月額330円を支払うと継続利用できます。

以上のとおり、ワイモバイルとマイネオともに、メールアドレスを無料提供しています。

比較⑧:テザリング

ワイモバイルとマイネオのテザリングの比較です。

ワイモバイル マイネオ
テザリング ◯ 対応 ◯ 対応

ワイモバイルとマイネオともに、テザリングは基本契約に含まれており無料利用できます。

この2社のテザリング利用は、手続き不要かつ利用制限も一切ありません。

スマホのテザリング機能を使うと、スマホがWi-Fiルーター代わりになり、PC、タブレット、ゲーム等の周辺機器もインターネットへ接続できます。

これにより、パソコンを持ち歩いても、テザリングでネット接続可能となり、好きな場所で作業をすることができます。

iPhoneとAndroidともに、テザリング機能は標準搭載されていますので、ぜひ利用してみてください。

以上のとおり、ワイモバイルとマイネオともにテザリングが無料利用できます。

比較⑨:節約モード

ワイモバイルとマイネオの節約モードの比較です。

ワイモバイル マイネオ
節約モード ✕ 未対応 ◯ 対応
モード切り替え 専用アプリ、マイページ
通信速度 最大200kbps

まず、節約モードとは、通信速度が遅くなる代わりにデータ量を消費しないというサービスです。

ワイモバイルは、節約モードに未対応です。

ただ、ワイモバイルは、データ量を超過しても最大1Mbpsで使えるので、節約モード未対応のデメリットを帳消しにしています。

一方、マイネオは節約モードに対応しており、最大200kbpsの速度で利用できます。

節約モードを利用する際は「mineoアプリ」なら、ワンタップで節約モードON・OFFの切り替え可能です。

以上のように、マイネオなら節約モードでデータ消費を抑えることができます。

≫ 節約モードならマイネオ

比較⑩:データ繰り越し

ワイモバイルとマイネオのデータ繰り越しの比較です。

ワイモバイル マイネオ
データ繰り越し ◯ 対応 ◯ 対応

ワイモバイルとマイネオともにデータ繰り越しに対応しています。

さらに、マイネオなら「パケットシェア」により、余ったデータを第三者や知人などでシェアできます。

2社のデータ繰り越しの条件は以下の通りです。

仮に、10GBプランで2GB余った場合は、翌月は10GB+2GB=12GBのデータ量を利用できます。

繰り越したデータ量の利用期限は翌月末までとなり、例えば、9月に繰り越したデータ量は10月末が有効期限です。

以上のように、ワイモバイルとマイネオともに、データ繰り越しにより無駄なくデータを使えます。

比較⑪:eSIM対応

ワイモバイルとマイネオのeSIM対応の比較です。

ワイモバイル マイネオ
eSIM ◯ 対応 ◯ 対応
(Aプラン:au)

ワイモバイルとマイネオともに、eSIMに対応し、申し込み時にSIMカードとeSIMのどちらかを選べます。

ただ、マイネオのeSIMは、Aプランのau回線のみ対応です。

これにより、eSIM対応スマホであれば、他社SIMカードとeSIMを併用したデュアルSIM運用を可能です。

一方、マイネオはeSIMに対応していません。

eSIMとは、スマホに内蔵された「本体一体型SIM」になり、従来のようにSIMカードを挿入する必要はありません。

開通手続きはオンライン上で完結し、申し込み後に発行されるプロファイルをインストールすると完了です。

以上のように、ワイモバイルとマイネオともに、eSIMを提供しています。

比較⑫:サポート体制

ワイモバイルとマイネオのサポート体制の比較です。

ワイモバイル マイネオ
電話サポート ◯ 対応(有料ダイヤル) ◯ 対応(フリーダイヤル)
オンラインサポート ◯ 対応 ◯ 対応
店頭サポート ワイモバイルショップ mineoショップ、mineoスポット

ワイモバイルは「カスタマーセンター」において、有料ダイヤルでの電話サポートに対応です。

店頭サポートは、全国にある「ワイモバイルショップ」で、各種手続きや機種変更をできます。

一方、マイネオは「mineoサポートダイヤル」において、フリーダイヤルでの電話サポートに対応です。

店頭サポートは、東京や大阪の「mineoショップ・mineoスポット」で、各種手続きや機種変更をできます。

参考までに、オンラインブランドのahamoやLINEMO等には、電話サポートはありません。

以上のように、ワイモバイルとマイネオともに、格安SIMの中でもサポート体制はトップクラスです。

比較⑬:支払い方法

ワイモバイルとマイネオの支払い方法の比較です。

ワイモバイル マイネオ
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード
キャリア決済 ワイモバイルまとめて支払い mineoキャリア決済

ワイモバイルの支払い方法は、クレジットカードと口座振替に対応しています。

そのため、ワイモバイルならくクレジットカードを持っていなくても申し込めます。

キャリア決済にも対応し、契約後であれば「ワイモバイルまとめて支払い」を利用可能です。

一方、マイネオの支払い方法はクレジットカードになります。

ただ、キャリア決済には対応していて、契約後であれば「mineoキャリア決済」を利用可能です。

以上のように、ワイモバイルなら口座振替対応で、クレジットカード不要で申し込めます。

比較⑭:スマホセット購入

ワイモバイルとマイネオのスマホセット購入の比較です。

ワイモバイル マイネオ
販売機種 iPhone、Android iPhone、Android
支払い回数 一括、24回、36回
(分割手数料なし)
一括、24回
(分割手数料なし)

ワイモバイルは、「iPhone、Android」取り揃えており、機種も豊富に用意され全機種キャンペーン価格で購入できます。

Androidは1円や10,000円前後の手頃な機種もあり、iPhoneは12/SEシリーズが割安です。

くわえて、ワイモバイルは、毎日21:00~09:00に「オンラインスト限定セール」を開催し、1円スマホがあることも。

一方、マイネオも、「iPhone、Android、タブレット」取り揃えており、機種数も豊富でいずれも割安で購入可能です。

Androidは10,000円前後の機種があり、iPhoneは11/12シリーズが値引き販売されています。

なお、この2社からセット購入したスマホは、ネットワーク設定されており、面倒な初期設定も不要で届いてすぐに使えます。

以上のように、ワイモバイルとマイネオともに、格安スマホを販売しています。

ワイモバイルとマイネオのメリットとデメリット

この章では、ワイモバイルとマイネオのメリットとデメリットを紹介しています。

ワイモバイルのメリットとデメリット

最初に、ワイモバイルのメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

メリット デメリット
・契約事務手数料0円
・2回線目以降は全プラン1,188円割引
・通信速度が速い
・キャリアメールを無料提供
・eSIMに対応している
・データ繰り越しができる
・Yahoo!プレミアム会員費が無料
・PayPay最大6,000円分プレゼント
・1回線だけの契約は割高
・節約モードに未対応
・店舗契約は契約手数料3,300円が発生する

マイネオのメリットとデメリット

つづいて、マイネオのメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

メリット デメリット
・格安な料金プラン
・20GBを2,178円で使える
・au、ドコモ、ソフトバンクから回線が選べる
・5Gに対応している
・パケットシェアができる
・メールアドレスを無料提供
・節約モードに対応している
・データ繰り越しができる
・契約手数料3,740円が発生する
・通信速度が遅い
・eSIMはAプランのみ

【結論】ワイモバイルとマイネオの比較

ここまで、ワイモバイルとマイネオの14項目を比較した結論になります。

サービス全般をカテゴリーごとに評価しましたので、2社を選ぶ際の指標にしていただければ幸いです!

ワイモバイルの総合評価は88ポイント

ワイモバイルを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「88ポイント」です。

ワイモバイルの総合評価
料金プラン 評価
通信速度 評価4.5
通話料金 評価4
特典・キャンペーン 評価4.5
付帯サービス 評価4.5
サポート体制 評価5
総合評価 88ポイント

ワイモバイルがおすすめの人

ワイモバイルがおすすめな人は、速いSIMを使いたい方や家族で契約する方です。

家族や1人2回線契約すると「家族割引サービス」が適用され、全プラン1,188円割引になります。

この家族割により、3GBプランなら月額990円、25GBプランは月額2,970円といったように格安で利用できます。

料金と並んで重要な通信環境も、ソフトバンクメイン回線を使って高速データ通信を可能です。

付帯サービスも見ても「キャリアメール、Wi-Fiスポット、留守番電話」を無料利用でき、コスパは申し分ありません。

キャンペーンも充実しており、PayPay最大6,000円プレゼントや、1円スマホなども用意されています。

ワイモバイルのおすすめポイントは「2回線契約すると格安」と「PayPay6,000円をプレゼント」です!

ワイモバイルに申し込む

マイネオの総合評価は87ポイント

マイネオを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「87ポイント」です。

マイネオの総合評価
料金プラン 評価5
通信速度 評価3
通話料金 評価4.5
特典・キャンペーン 評価4
付帯サービス 評価5
サポート体制 評価4.5
総合評価 87ポイント

マイネオがおすすめの人

マイネオがおすすめの人は、速度よりとにかく安く使いたい方です。

魅力のある料金プランになっていて、5GBなら月1,518円で使え、容量の大きい20GBでも月2,178円といったように、全プラン格安で利用できます。

通話オプションも、10分かけ放題は月額550円、かけ放題が月額1,210円で、通話料の大幅節約が可能です。

回線は3大キャリアの「au、ドコモ、ソフトバンク」から選べ、いずれも5Gに対応しています。

付帯サービスは格安SIMでもトップクラスで、「メールアドレス無料、データ繰り越し、節約モード」などに対応し、非常に充実しています。

端末セット購入する際も、AndroidとiPhoneをお得な価格で購入です。

マイネオのおすすめポイントは「格安な料金プラン」と「充実した付帯サービス」です!

マイネオに申し込む

ワイモバイルとマイネオの併用もあり!

ここでは、ワイモバイルとマイネオの併用について紹介しています。

ワイモバイル マイネオ
契約事務手数料 0円 0円
月額料金 3GB:2,178円 1GB:1,298円
SIM併用案 ➀ eSIM SIMカード
SIM併用案 ➁ SIMカード eSIM(auのみ)
SIM併用案 ➂ SIMカード SIMカード

ワイモバイルとマイネオの併用案は次のとおりです。

最初に契約事務手数料ですが、ワイモバイルなら無料0円、マイネオは3,740円で、合わせて3,740円で契約できます。

つづいて月額料金は、ワイモバイルは3GB月2,178円で、マイネオは1GB月1,298円で、合わせて4GBを月額3,476円で使えます。

SIMの組み合せは、ワイモバイルとマイネオともに、eSIMとSIMカードがあるので、端末に合わせた併用を可能です。

以上のように、デュアルSIM運用すると、月額3,476円で2社のSIMを併用でき、プライベートや仕事用といった2つの電話番号が持てます。

デュアルSIMのメリットは他にもあり、一方のSIMが通信障害になった時のカバーにもなります。

ワイモバイルとマイネオを他社と比較

ワイモバイルとマイネオの他社比較の記事一覧です。

ワイモバイル マイネオ
「ワイモバイル」「LINEMO」比較 「マイネオ」「UQモバイル」比較
「ワイモバイル」「UQモバイル」比較 「マイネオ」「LINEMO」比較
「ワイモバイル」「楽天モバイル」比較 「マイネオ」「楽天モバイル」比較
「ワイモバイル」「ahamo」比較 「マイネオ」「IIJmio」比較
「ワイモバイル」「OCNモバイルONE」比較 「マイネオ」「OCNモバイルONE」比較
「ワイモバイル」「IIJmio」比較 「マイネオ」「NUROモバイル」比較
「ワイモバイル」「NUROモバイル」比較 「マイネオ」「ahamo」比較

気になる格安SIMがあれば、それぞれの比較記事をチェックしてみてください。

ご自分に合った格安SIMが見つかるかもしれません。

いずれも、キャリアサブブランドや大手通信会社が運営する人気の格安SIMで、多くのユーザーが利用しています。

まとめ

ここまで、ワイモバイルとマイネオを14項目で比較してきました。

比較結果をまとめる次のようになります。

速度重視の方はワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルは、ソフトバンクサブブランドで、質の高い通信環境を提供する信頼度の高い格安SIMです。

なんといっても、メインブランドと同じ通信環境で利用できます。

一方、料金重視の方はマイネオがおすすめです。

マイネオは、関西電力グループが運営するMVNOで、リーズナブルな料金プランを提供する格安SIMの老舗です。

ワイモバイルより速度は遅いですが、格安な料金と付帯サービスが充実しています。

この2社は、顧客満足度が高く多くのユーザーが利用しており、格安SIMで高いシェアを誇っています。

それでは、この記事を参考にして、ワイモバイルかマイネオのどちらか、あなたにベストな選択をしてください!

格安SIM

Posted by wifi-park