楽天モバイルとマイネオを14項目で徹底比較!どっちがおすすめ!?

楽天モバイル マイネオ(mineo) 比較

この記事は「楽天モバイル」と「マイネオ」を14項目で比較し、どちらがいいか分かりやすくまとめています。

まず、2社の特徴を簡単に紹介します。

1GBまでは月額0円の楽天モバイル

5GB・10GBプランが安いマイネオ

さらに、くわしく知りたい方は引き続きこの記事を、2社の公式サイトをチェックする方は以下からどうぞ。

楽天モバイルとマイネオ(mineo)の違いが分かる一覧表

楽天モバイルとマイネオの基本情報を一覧表にしましたので、違いをそれぞれチェックしてみてください。

以下の表では、2社のプラン内容や付帯サービス一覧が確認できます。

楽天モバイル マイネオ
運営会社 楽天モバイル 関西電力
サービス開始 2020年4月8日 2014年6月3日
月額料金 0GB~1GB:0円
1GB~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB~無制限:3,278円
(Rakuten UN-LIMIT VI)
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
(マイピタ・デュアルタイプ)
契約事務手数料 0円 3,300円
SIMカード発行料:440円
契約解除料 0円 0円
国内通話料金 22円 / 30秒
Rakuten Linkアプリ使用時 / 無料
22円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字
Rakuten Linkアプリ使用時 / 無料
3.3円 / 70文字
最低利用期間 なし なし
開始月料金 日割り 日割り
SIM eSIM、SIMカード SIMカード
利用回線 楽天 4G、5G au 4G、5G
ドコモ 4G、5G
ソフトバンク 4G、5G
(契約時に選択)
節約モード ◯ 対応
(パートナー回線エリア)
◯ 対応
データ繰り越し ◯ 対応
データチャージ 1GB:550円
(パートナー回線エリア)
100MB単位:55円
テザリング ◯ 対応 ◯ 対応
Wi-Fiスポット ◯ 対応:月額362円 ◯ 対応:月額398円
メールアドレス △ 準備中 ◯ 対応:無料
留守番電話 月額:無料 月額:319円
国内通話オプション 月額:1,100円(10分かけ放題) 月額:550円(10分かけ放題)
月額:1,210円(かけ放題)
LINE年齢認証 ◯ 対応 ◯ 対応
申し込み方法 店頭、オンライン 店頭、オンライン
サポート 店頭、オンラインチャット、電話 店頭、オンラインチャット、電話
モバイルルーターセット販売 ◯ セット販売 ◯ セット販売
スマホセット販売 ◯ セット販売 ◯ セット販売
キャリア決済 楽天モバイルキャリア決済 マイネオキャリア決済
キャッシュバック 最大30,000円分(楽天ポイント)
支払い方法 クレジットカード、デビットカード、口座振替、楽天ポイント クレジットカード

楽天モバイルとマイネオ(mineo)を14項目で比較

楽天モバイルとマイネオを14項目で比較しましたので、気になる項目をそれぞれチェックしてみてください。

14の比較項目は以下の通りです。

それぞれについて解説していきます。

比較➀:料金プラン

楽天モバイルとマイネオの料金プランの比較です。

楽天モバイル
(Rakuten UN-LIMIT VI)
マイネオ
(マイピタ・デュアルタイプ)
月額料金 0GB~1GB:0円
1GB~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB~無制限:3,278円
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
回線プラン Aプラン:au
Dプラン:ドコモ
Sプラン:ソフトバンク

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は4段階の従量課金制です。

0~1GBは月0円、20GB~無制限は月3,278円といったように、データ使用量に応じて月額0円~3,278円で利用できます。

このとおり、1GB未満は月額0円なので、スマホ持っているだけならタダです。

一方、マイネオは4つのデータプランがあり、3キャリア「au・ドコモ・ソフトバンク」から回線が選べます。

5GBは月額1,518円で、10GBは月1,958円になっており、格安SIMの中でも割安な料金になっています。

以上のように、月1GB未満やデータ無制限で使うなら楽天モバイルが安く、月5GBや月10GB使うならマイネオが安いです。

比較➁:各種手数料

楽天モバイルとマイネオの各種手数料の比較です。

楽天モバイル マイネオ
契約事務手数料 0円 3,300円
SIMカード発行料:440円
契約解除料 0円 0円
MNP転出手数料 0円 0円
SIMカード再発行手数料 0円 2,200円
SIMカード発行料:440円

楽天モバイルは、申し込み時に発生する契約事務手数料は無料です。

一方、マイネオは、契約事務手数料3,300円+SIMカード発行料440円の計3,730円が掛かります。

解約時に発生する「契約解除料」と「MNP転出手数料」は、楽天モバイルとマイネオともに無料です。

SIMカード再発行手数料は、SIMを紛失や破損した場合に再発行する際の手数料になります。

以上のように、楽天モバイルなら契約事務手数料0円で無料契約できます。

比較➂:通話料とかけ放題

楽天モバイルとマイネオの通話料とかけ放題の比較です。

楽天モバイル マイネオ
基本通話料 22円 / 30秒
Rakuten Link使用時 / 無料
22円 / 30秒
国内通話オプション 月額:1,100円(10分かけ放題) 月額:550円(10分かけ放題)
月額:1,210円(かけ放題)
SMS送信料 3.3円 / 70文字
Rakuten Link使用時 / 無料
3.3円 / 70文字

基本通話料とSMS送信料は、楽天モバイルとマイネオともに同額です。

楽天モバイルは、専用アプリ「Rakuten Link」なら、完全かけ放題で他社携帯や固定電話への通話も無料です。

通常電話アプリを使う場合は、10分かけ放題が月1,100円になっています。

一方、マイネオは2つの通話オプションがあり、10分かけ放題が月額550円と格安で使えます。

以上のように、楽天モバイルの「Rakuten Link」なら完全かけ放題で利用できます。

比較➃:申し込み(乗り換え)キャンペーン

楽天モバイルとマイネオの申し込みキャンペーンの比較です。

楽天モバイル マイネオ
・【Rakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント
・Rakuten UN-LIMIT VI + Android製品購入で最大25,000ポイント還元キャンペーン
・iPhone激トク乗り換え!最大30,000ポイント還元!
・なし

楽天モバイルは、料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」に初回申し込みで、もれなく5,000ポイントプレゼントされます。

新規や乗り換え問わず、SIMのみ申し込みも対象となり、初回申し込みなら誰でもキャンペーンが適用になります。

一方、マイネオは、申し込みキャンペーンは開催されていません。

なお、いずれのキャンペーンは予告なく終了する場合があります。

比較➄:5Gエリア

楽天モバイルとマイネオの5Gエリアの比較です。

楽天モバイル マイネオ
5G回線 楽天 5G au 5G、ドコモ 5G、ソフトバンク5G
5G人口カバー率 不明 au 90%、ドコモ 70%、ソフトバンク 85%
サービスエリア 楽天モバイル auドコモソフトバンク

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は、5Gも基本契約に含まれ無料利用できます。

しかし、楽天5Gエリアは限られた地域になり、本格利用できるのは2023年になります。

一方、マイネオは申し込み時に、au、ドコモ 、ソフトバンクから回線が選べ、いずれも5Gオプションが無料利用できます。

手続き方法は「mineo マイページ」から「5G通信オプション」での申し込みになります。

なお、4キャリアで5Gエリアが最も広いのはauで、楽天モバイルの5G基地局整備はこれからになります。

比較➅:実際の通信速度

楽天モバイルとマイネオの通信速度の比較です。

楽天モバイル マイネオ
下り平均速度 28.53Mbps 9.34Mbps
上り平均速度 10.30Mbps 5.79Mbps
回線 Rakuten 4G ドコモ 4G(Dプラン)
測定画像
(画像クリックで拡大表示)
楽天モバイルの通信速度 マイネオ(mineo)の通信速度

表は、楽天モバイルとマイネオの通信速度を5回測定した平均速度になります。

楽天モバイルは、下り平均速度「28.53Mbps」で、サクサク使える速度になっています。

マイネオ(Dプラン)は、下り平均速度「9.34Mbps」で、はっきりいって遅いです。

通信速度の大きな差は、楽天モバイルは自社回線で運営していますが、マイネオはキャリアから回線を借りて運営しているためです。

なお、YouTubeやVODなどの動画サービスを快適に視聴するには、パソコンは「下り15Mbps」以上、スマホは「下り7Mbps」以上の通信速度が必要です。

比較➆:海外ローミング(データ通信)

楽天モバイルとマイネオの海外ローミング(データ通信)の比較です。

楽天モバイル マイネオ
海外ローミング
(データ通信)
◯ 対応:無料 ✕ 未対応
データ量 2GB
利用可能な国・地域 66の国と地域

楽天モバイルは、海外66の国と地域でデータ通信が可能で、渡航先でもインターネットが利用できます。

データ量は2GBまで無料で、足りない場合は1GB/550円でデータチャージが行なえます。

利用方法も簡単で「my 楽天モバイル」にログインし、「契約プラン・オプション設定」の「海外ローミング(データ通信)」がONになっているか確認するだけです。デフォルトはONになっています。

一方、マイネオは、海外データ通信には対応していません。

以上のように、楽天モバイルなら海外でもインターネットが無料利用できます。

比較➇:データ繰り越し

楽天モバイルとマイネオのデータ繰り越しの比較です。

楽天モバイル マイネオ
データ繰り越し ◯ 対応

楽天モバイルは、データ使用量に応じた料金プランで、そもそも繰り越せるデータはありません。

一方、マイネオは、余ったデータ量を翌月に繰り越しができます。

繰り越せるデータ量は、1GBプランなら最大1GBまで、20GBプランなら最大20GBまでのように、契約プランの基本データ量が繰り越せる上限です。

繰り越したデータ量の利用期限は翌月末までとなり、例えば、9月に繰り越したデータ量は10月末が有効期限になります。

くわえて、マイネオは「パケットシェア」により、余ったデータ量を第三者や知人などでシェアもできます。

比較⑨:メールアドレス

楽天モバイルとマイネオのメールアドレスの比較です。

楽天モバイル マイネオ
メールアドレス △ 準備中 ◯ 対応:無料

楽天モバイルは、キャリアメールを2021年夏に提供予定でしたが、再延期され「提供に向けて準備中」とアナウンスされています。

一方、マイネオは「◯◯◯@mineo.jp」のメールアドレスを無料利用できます。

格安SIMの中でも、メールアドレスが無料利用できるのは、マイネオを含め2~3社で有益なサービスといえます。

なお、キャリアからこの2社へ乗り換えた場合ですが、現在のキャリアメールは利用可能です。

キャリアメールの持ち運びは、2021年12月からドコモ、ソフトバンク、auのいずれ可能になり、乗り換え前のキャリアに月額330円を支払えば今まで通り利用できます。

比較⑩:eSIM対応

楽天モバイルとマイネオのeSIM対応の比較です。

楽天モバイル マイネオ
eSIM ◯ 対応 ✕ 未対応

楽天モバイルは、eSIMに対応しており、他社SIMカードとeSIMを併用しデュアルSIM運用も可能です。

一方、マイネオはeSIMに対応してません。

eSIMをご存じない方へ

eSIMは、スマホに内蔵された「本体一体型SIM」になり、従来のようにSIMカードを挿入する必要がなく、申し込み後に発行されるプロファイルをインストールすると完了です。

ただし、eSIMを利用するにはeSIM対応端末の必要があります。

比較⑪:サポート

楽天モバイルとマイネオのサポートの比較です。

楽天モバイル マイネオ
電話サポート ◯ 対応(有料ダイヤル) ◯ 対応(フリーダイヤル)
チャットサポート ◯ 対応 ◯ 対応
店頭サポート 楽天モバイルショップ mineoショップ、mineoスポット

楽天モバイルは、「お客様サポート」で、有料ダイヤルでの電話サポートが受けれます。

くわえて、全国にある「楽天モバイルショップ」で、店頭サポートや各種手続き・機種変更に対応しています。

一方、マイネオは「mineoサポートダイヤル」で、フリーダイヤルでの電話サポートが受けれます。

くわえて、東京や大阪の「mineoショップ・mineoスポット」で、店頭サポートや各種手続き・機種変更に対応しています。

この2社のサポートは、しっかりしていますので、契約後も安心して利用できます。

比較⑫:支払い方法

楽天モバイルとマイネオの支払い方法売の比較です。

楽天モバイル マイネオ
支払い方法 クレジットカード
デビットカード
口座振替(手数料110円)
楽天ポイント
クレジットカード

楽天モバイルは、クレジットカードや口座振替など、4つの支払い方法が用意されています。

楽天ポイントでも支払いができ「my 楽天モバイル」で、利用ポイント数を設定すると毎月自動的に支払いに充当されます。

一方、マイネオの支払い方法はクレジットカードのみです。

以上のように、楽天モバイルは口座振替やデビットカードに対応し、クレジットカード持ってなくても契約できます。

比較⑬:モバイルルーター

楽天モバイルとマイネオのモバイルルーターの比較です。

楽天モバイル マイネオ
モバイルルーター ◯ 取り扱い ◯ 取り扱い
販売機種 3機種 2機種
支払い回数 一括、24回、48回 一括、24回

楽天モバイルとマイネオともにモバイルルーター(WiFiルーター)販売しており、自宅や会社にモバイルルーターを設置しWiFiとして利用できます。

楽天モバイルは、3機種から選べ、もっとも人気の「Rakuten WiFi Pocket 2B」は1円で販売されています。

また、楽天モバイルはデータ無制限(月3,278円)で利用できるので、モバイルルーターをセット購入すると無制限WiFiとして使えます。

一方、マイネオは2機種がありますが、ルーター代金は安いとはいえず、おすすめしません。

比較⑭:スマホセット購入

楽天モバイルとマイネオのスマホセット購入の比較です。

楽天モバイル マイネオ
販売機種 Android、iPhone、楽天オリジナル Android、iPhone
支払い回数 一括、24回、48回 一括、24回

楽天モバイルは、「iPhoneシリーズ、Android、楽天オリジナル」の最新機種を手数料なしの分割払いで購入できます。

Androidと楽天オリジナルは、実質0円や1円の機種があり、iPhone12/13シリーズは「アップグレードプログラム」より実質半額で購入可能です。

一方、マイネオは、「Android、iPhone11/12シリーズ」を取り扱っており、手数料なしの分割払いで購入できます。

AndroidとiPhoneともに、キャンペーン価格で購入できる機種が多数用意されています。

この2社から購入したスマホは、APN設定済みになり、初期設定が苦手な人でも届いてすぐに利用できます。

楽天モバイルとマイネオのメリットとデメリット

ここでは、楽天モバイルとマイネオを比較して分かったメリットとデメリットを解説します。

楽天モバイルのメリットとデメリット

最初に、楽天モバイルのメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

メリット デメリット
・最大月額3,278円で完全使い放題
・1GB未満は月額0円
・契約事務手数料0円
・Rakuten Linkなら完全かけ放題
・eSIMに対応している
・だれでも5,000ポイントがもらえる
・海外でもインターネットが無料
・クレジットカードがなくても申し込める
・5Gエリアは限定的
・キャリアメールの提供が遅れている
・電話サポートは繋がりづらい

マイネオのメリットとデメリット

つづいて、マイネオのメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

メリット デメリット
・4つのデータプランから選べる
・回線はau、ドコモ、ソフトバンクから選べる
・5Gに対応している
・パケットシェアができる
・メールアドレスが無料利用できる
・節約モードに対応している
・データ繰り越しができる
・契約時に手数料3,740円が発生する
・通信速度が遅い
・eSIMに未対応
・キャシュバックがない

【結論】楽天モバイルとマイネオの比較!

ここまで、楽天モバイルとマイネオの14項目を比較した結論になります。

サービス全般をカテゴリーごとに評価しましたので、2社を選ぶ際の指標にしていただければ幸いです!

楽天モバイルの評価は91ポイント

楽天モバイルを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「91ポイント」です。

楽天モバイルの総合評価
料金プラン 評価5
通信速度 評価4
通話料金 評価4.5
特典・キャンペーン 評価5
付帯サービス 評価4.5
サポート体制 評価4.5
総合評価 91ポイント

楽天モバイルがおすすめの人

楽天モバイルがおすすめな人は、データ使用量に応じて柔軟に支払いたい方です。

料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は4段階の料金制で、1GBなら月額0円、無制限でも月額3,278円といったように、コスパ抜群になっています。

通話料も大幅に節約でき、専用アプリ「Rakuten Link」なら、アプリ同士以外でも完全無料かけ放題です。

特典も豊富で、初回申し込みで5,000ポイント還元され、すべての端末がキャンペーン価格で購入できます。

くわえて、契約事務手数料0円で申し込み時の出費がありません。

楽天モバイルのおすすめポイントは「最大月額3,278円で使い放題」と「だれでも5,000ポイント還元中」です!

≫ 楽天モバイルに申し込む

マイネオはの評価は87ポイント

マイネオを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「87ポイント」です。

マイネオの総合評価
料金プラン 評価4.5
通信速度 評価3
通話料金 評価4.5
特典・キャンペーン 評価4
付帯サービス 評価4.5
サポート体制 評価5
総合評価 87ポイント

マイネオがおすすめの人

マイネオがおすすめの人は、速度より料金とサービス重視の方です。

とくに料金は、月5~10GBで十分という方は、楽天モバイルよりマイネオの方が安く利用できます。

付帯サービスも充実しており、「メールアドレス無料、データ繰り越し、パケットシェア」などに対応し価格以上の内容です。

回線も3キャリア「au、ドコモ、ソフトバンク」から選べ、それぞれの5Gを無料で利用できます。

サポートにも定評があり、知りたいことや質問があれば、コミュニティサイト「マイネ王」で、ユーザー同士やmineoスタッフの生情報が聞けます。

マイネオのおすすめポイントは「5GB・10GBプランが安い」と「付帯サービスの充実」です!

≫ マイネオに申し込む

楽天モバイルとマイネオの併用もおすすめ

ここでは、楽天モバイルとマイネオの併用について紹介しています。

楽天モバイル マイネオ
契約事務手数料 0円 3,300円
SIMカード発行料:440円
月額料金 0~1GB未満:0円 1GB:1,298円
SIM併用案 ➀ eSIM SIMカード
SIM併用案 ➁ SIMカード SIMカード

楽天モバイルとマイネオの併用案を簡単に解説します。

まず、契約事務手数料ですが、楽天モバイルは0円で、マイネオは3,740円となり、合わせて3,740円で契約できます。

つぎに月額料金ですが、楽天モバイルは1GB未満月額0円になり、マイネオは1GB月額1,298円で、合わせて月額1,298円です。

SIM併用は、楽天モバイルはeSIMがありますので、マイネオのSIMカード(物理SIM)と組合せができます。

以上のように、デュアルSIM運用すれば、月額1,298円で2社のSIMを併用でき、プライベート用やビジネス用といった2つの電話番号が持てます。

昨今は様々なサービスで、電話認証が求められますので、2つの電話番号を持つと利便性も高まります。

楽天モバイルとマイネオを他社と比較

楽天モバイルとマイネオの他社比較の記事一覧です。

楽天モバイル マイネオ
「楽天モバイル」「LINEMO」比較 「マイネオ」「UQモバイル」比較
「楽天モバイル」「UQモバイル」比較 「マイネオ」「LINEMO」比較
「楽天モバイル」「BIGLOBEモバイル」比較 「マイネオ」「ワイモバイル」比較
「楽天モバイル」「OCNモバイルONE」比較 「マイネオ」「IIJmio」比較
「楽天モバイル」「IIJmio」比較 「マイネオ」「OCNモバイルONE」比較
「楽天モバイル」「ワイモバイル」比較
「楽天モバイル」「ahamo」比較

気になる格安SIMがあれば、それぞれの比較記事をチェックしてみてください。

ご自分に合った格安SIMが見つかるかもしれません。

いずれも、キャリアサブブランドや大手通信会社が運営する人気の格安SIMで、多くのユーザーが利用中です。

まとめ

ここまで楽天モバイルとマイネオを14項目で比較してきました。

記事冒頭の一覧表で、おおまかな2社の料金やサービス内容の違いがお分かり頂けたと思います。

14項目の比較では、それぞれをより詳しく解説することにより、項目ごとにどちらがお得かを紹介しました。

楽天モバイルとマイネオともにデメリットとメリットがあり、どちらにするかは何を優先するかで決まります。

どちらを選ぶにせよ、この2社は多くのユーザーが利用する、人気の格安SIMになりますのでご安心ください!

格安SIM

Posted by wifi-park