楽天 AQUOS sense4 lite レビュー

楽天モバイル AQUOS sense4 lite
楽天モバイル AQUOS sense4 lite 実質1円

2021年3月に、楽天モバイルで購入した「AQUOS sense4 lite」の実機レビューです。

届いた様子から実機画像や初期設定までを、スマホの外観や付属品を実際の画像をまじえて紹介しています。

他にも、楽天回線にバンド固定する方法や、他社SIMを使う方法なども解説しています。

SIMフリースマホになりますので、どの通信事業者のSIMでも使えるのが魅力の一つになっています。

くわえて、2021年6月22日からキャンペーンにより、ポイント還元がアップされ実質1円で購入できます。

実質1円 AQUOS sense4 liteを見る

楽天モバイル AQUOS Sense4 liteレビュー

AQUOS Sense4 liteの届いた様子から、本体各部の外観や付属品を掲載しています。

購入を検討している人は、参考にしてみてください。

AQUOS sense4 liteが届く

楽天モバイルへネットで申込み、2日目にヤマト運輸で配達されました。

頼んでスグに届いたのには、少しびっくりしました。

箱が凹んでるのは、すこしのご愛敬でしょうね。

AQUOS sense4 lite届く

ダンボールを開封

届いてから2週間ほど放置していたのですが、気が向いたので開封してみました。

同梱物は、ビニールでしっかり梱包されおり、これなら輸送中にグラグラしないでしょう。

AQUOS sense4 lite 開封

同梱物

  • 白箱
  • Rakuten Link アプリ 説明書
  • スマホ下取り案内書

AQUOS sense4 lite 同梱物

白箱を開ける

箱を開けると、ビニール包まれた「AQUOS sense4 lite」が姿を現しました。

AQUOS sense4 lite 白箱開ける

白箱の同梱物

  1. AQUOS sense4 lite 本体
  2. 取扱い説明書
  3. 保証書

以上3点が入っています。

AQUOS sense4 lite 白箱の同梱物

AQUOS sense4 liteの各部を撮影

AQUOS sense4 liteの外観を色々な角度から撮影してみました。

本体右側 ①

本体右側を斜め撮りしてみました。

AQUOS sense4 lite 本体右側①

本体右側 ②

上から

  • 音量ボタン
  • アシスタントキー
  • 電源ボタン

ボタン(キー)は、しっかりと作られていて、タッチ感覚も軽快でバッチリです。

AQUOS sense4 lite 右側 ボタン位置

本体左側

SIMカードスロットが見えます。

爪で引っ掛けて開けるタイプで、SIMピンの穴はありません。

AQUOS sense4 lite 左側 SIMスロット

本体上側

イヤホンマイク端子が搭載されています。

3.5mmのイヤホンジャックです。

AQUOS sense4 lite 上側 イヤンホンマイク

本体下側

  • マイク
  • USB Type-C
  • スピーカー

スピーカー音質は、可もなく不可もなくといった感じでごく普通です。

マイクの聞き取りは良好です。

AQUOS sense4 lite 下側

本体裏側

  • 上、望遠カメラ
  • 下、標準カメラ

カメラは、評判通り綺麗に撮影できました。

ただ、画像番号が「DSC_0000」のようになり、日付表示「例:20210501-151224」にならないので、いつ撮影したか分かりません。

気になる人は、他の写真アプリを入れるしかありません。

AQUOS sense4 lite 裏側

本体表側

  • 上、インカメ
  • 下、指紋センサー

インカメは、顔認証にも使いますが反応がよく、スマホ画面を見ると速攻でロック解除されます。

マスク顔になると、ロック解除されませんので顔の識別はしっかりされています。

指紋センサーは小さいので、指の位置をしっかりしないと解除されない時があります。

AQUOS sense4 lite 表

※ 画面にはノングレアフィルムを張っていますが、本来は光沢液晶です。

楽天モバイル|公式サイトへ

AQUOS sense4 liteへSIMセット

カードトレイに以下の2つをセットします。

  • nanoSIM
  • maicroSD

ここで気付いたのですが、nanoSIM(UQ mobile・楽天モバイル)を、2つ入れようと思ったのですが入りません。

デュアルSIM対応と思っていたのですが「eSIM」と「nanoSIM」でのデュアル対応のようです。

したがって、物理SIMは「nanoSIM」の1つしか挿せません。

SIMフリースマホなので、実験を兼ねてUQ mobileSIMを挿すことにしました。

UQ mobileSIMのAPN設定は「こちら」で説明しています。

AQUOS sense4 lite SIMトレイ

Android初期設定

Androidの設定をしていきます。

画面の途中で、Googleから「データ移行」を促す表示がされましたので、案内通りにするとアプリやデータの移行ができました。

今まで、上手く行ったことありませんでしたが、今回はものの15分位で終わりました。

Android 11になって、データ移行も進化しているのでしょうか?

データ移行が煩わしく届いてから放置していたのですが、こんなに簡単ならもう少し早くやるべきでした。

AQUOS sense4 lite 初期設定

AQUOS sense4 lite セット完了

スマホのセットが完了しました。

デバイス名「AQUOS sense4 lite」となっています。

AQUOS sense4 lite デバイス情報

楽天モバイル|公式サイトへ

AQUOS sense4 liteに非光沢保護フィルムを貼る

液晶画面のギラギラ防止に、非光沢(ノングレア)保護フィルムを貼りました。

毎回このメーカーの商品を購入しています。

いままで、色々な保護シートを試しましたが、このメーカーの物が「貼りやすく・剥がれない・耐久性」があります。

AQUOS sense4 lite ノングレアフィルム NGB-SH41A

ノングレア保護シート

ノングレアシートを貼ると、指紋防止にもなり画面の映り込みも防げます。

画面にザラザラ感があり指もスムーズに動き、手放せないアイテムになっています。

今回も、気泡なしで上手に貼ることができました。

AQUOS sense4 liteにクリアケースを付ける

Amazonで購入した物クリアケースです。

スマホにはクリアケースを付ける派で、スマホ保護と持ちやすくする為にそうしています。

これまでもクリアケースのおかげで、幾度もスマホ落下から守ってくれました。

AQUOS sense4 lite クリアケース

クリアケース 裏側

AQUOS sense4 liteへクリアケースを付けました。

サイズもピッタリでグリップ感もあり、バッチリのクリアケースでした。

カメラ部分は、切り抜かれています。

AQUOS sense4 lite クリアケース 装着

クリアケース 右側

上から「音量ボタン、Googleアシスタントキー、電源ボタン」になり、ケースを付けるとボタンは若干押しづらくなります。

というか、Googleアシスタントは全く使わないのですが、何のためにボタンまで作ったのでしょうか?

AQUOS sense4 lite クリアケース 右

AQUOS sense4 liteを使った感想

楽天モバイルAQUOS sense4 liteを実際に使ってみた感想です。

バッテリー持ちは本当によい

AQUOS sense4 liteのバッテリ持ちは、関心するほどよいです。

使ってみて分かったのですが、毎日充電する必要はなく2日おきで大丈夫でした。

散歩でラジコを1時間半にその他諸々で、1日3時間ほど使うのですがバッテリーは10%位しかが減りません。

さらに、USB Power Delivery対応で、充電時間がやたら速く終わり、バッテリー残量20%から90%までに充電するのに1時間ほどです。

バッテリーについては、SHARPの宣伝コピー「1週間以上持つ」というのも、あながち誇大ではありませんでした。

指紋認証はいまいち反応が悪い

AQUOS sense4 liteは指紋認証センサーが小さいので、指をちゃんと置かないと反応しません。

指の位置を変えると反応しますが、正直反応がよいとはとてもいえません。

やたら反応がよい時や、位置を変えたりしてもなかなか解除されない時があり、イラっとする時があります。

家でいじっている分にはよいと思いますが、外出先で直ぐに起動した場合はちょっとという感じです。

顔認証は素晴らしく反応がよい

AQUOS sense4 liteの顔認証は、素晴らしいほどに反応がよいです。

スマホを持ったら一瞬で解除され、すぐに起動しますのでとても重宝しています。

セキュリティーもしっかりしていて、マスク顔ではロック解除はされません。

帽子を被っている場合は、認証される場合とされない場合がありますが、帽子を外すと直ぐに認証されます。

カメラ性能の普通だと思う

AQUOS sense4 liteの、カメラ性能はごく普通だと思います。

静止画も動画も、そこそこ綺麗に撮れますので、普通に使うのであれば何の支障もありません。

価格を考えると、こんなもんだと思いますので、過度の期待はしない方がよいと思います。

画面は綺麗で見やすい

AQUOS sense4 liteは、SHARPのIGZOが採用されていますので見やすく綺麗です。

太陽の下でディスプレイを見ても、明るさを自動調整してきれますので、見にくいといったこともありません。

ディスプレイサイズは5.8インチで、大きくもなく小さくもなくちょうどよい感じのサイズです。

6インチのスマホもありますが、片手では操作しずらく重いので、5.8インチ位が個人的には好きです。

スピーカーは聞きやすい音質

AQUOS sense4 liteには、上下に2つのステレオスピーカーが搭載されています。

ラジコやYouTubeで聞いてますが、臨場感のあるサウンドで耳にしっくりくる音質です。

ただ、あくまでもスマホなので、素晴らしい音質と聞かれれば普通としかいえません。

イヤホンジャックも搭載されていますので、音楽やゲームを楽しむ時には便利かと思います。

おサイフケータイ対応機種で便利

楽天モバイルのAQUOS sense4 liteは、おサイフケータイ対応機種になっています。

楽天Edy、モバイルSuica、WAON、nanaco、iD、QUICPay、モバイルPASMOの電子マネーが利用できます。

コンビンや改札などでよく見る、スマホをかざすだけで支払いができ、一度利用したら楽チンすぎて手放せません。

なんといっても、両手をふさがれず片手ですむことです。

今までは、アプリのバーコードを表示して支払っていましたが、後ろに人が並んでいる時は気が引けたりしましたが、おサイフケータイを使うよになってから、支払い時にあわてることもなくなりました。

楽天モバイル|公式サイトへ

楽天モバイルのメリット

ここでは、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のメリットを見ていきましょう。

楽天モバイルならトリプル0円でスマホが持てます。

  • 初期費用0円
  • 3ヶ月間月額0円
  • 契約解除料0円

初期費用の事務手数料0円

楽天モバイルは、初期費用にかかる事務手数料が0円です。

他社では、スマホを新規契約する場合、判で押したように3,300円がかかります。

楽天モバイルなら契約時点で、すでに3,300円お得になります。

3ヶ月間無料で利用できる

楽天モバイルは「3カ月無料キャンペーン」により、最初の3ヶ月間無料で利用できます。

キャンペーンが、いつまで続くのかは分かりませんが、現時点でも実施されています。

大手キャリアの中で、3ヶ月無料なのは楽天モバイルだけなので、試しに使ってみるのもよいでしょう。

いつでも契約解除料0円で解約できる

楽天モバイルは、解約時の契約解除料が0円です。

いつでも解約できるので、他社乗換えや5Gへの乗換えもスグにできます。

解約手続きも、マイページから簡単にできますので、気軽に申込むことができます。

1GB以下なら月額料金0円でタダ

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 料金

楽天モバイルは、月間1GB以下までは月額料金は0円で持っているだけならタダです。

大手キャリアでは、飛びぬけた料金設定ですが実際にそうなっています。

料金は従量課金制になっており、使った分だけを支払うスタイルです。

楽天スマホはすべてSIMフリー

楽天モバイルのスマホは、全てSIMフリーになっています。

そのため、楽天モバイル以外の通信事業者のSIMカードも利用できます。

最初から、SIMフリーになっていますので、SIMロック解除の手続きも必要ありません。

楽天モバイル|公式サイトへ

楽天モバイルのデメリット

つづいて、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のデメリットを見ていきましょう。

問い合わせ電話は繋がらない

楽天モバイルの、お問合せ電話は繋がりづらいです。

オペレーターさんではなく、自動音声案内になりお決まりの文句が流れてきます。

まったく繋がらい訳でもなく、自分の場合15分ほどでやっと繋がりました。

ただ、オペレーターさんの対応は素早く親切な方でした。

口座振替は手数料が掛かる

楽天モバイルは、支払い方法を口座振替にすると手数料が掛かります。

毎月の引き落とし時に、110円の手数料が発生します。

ただ、クレジットカードを持っていない場合は、口座振替を利用できるのは便利かと思います。

回線エリアは自分で選べない

楽天モバイルには、楽天回線エリアとパートナー回線エリア(au)があります。

楽天回線エリアは無制限で使えますが、パートナー回線エリアは5GBまでしか使えません。

さらに、楽天回線エリア内でも、パートナー回線エリアに繋がることがあり、自分も実際にそうなりました。

無制限で使うには、楽天回線に固定することで、固定方法は次章で解説していますので参考にしてください。

楽天モバイル|公式サイトへ

楽天回線にバンド固定する方法

ここでは、楽天回線に固定する方法を解説しています。

以下は、AQUOS sense4 liteでのスクショですが、Androidスマホであれば設定は同様です。

➀「通信事業者」をタップする

楽天回線エリア 固定方法 1

➁ 「自動的に選択」左へフリック

楽天回線エリア 固定方法 2

➂ 自動選択を無効にする
「OK」をタップ楽天回線エリア 固定方法 3
➃ 「検索中」となります。
2~5分程待ちます。楽天回線エリア 固定方法 4

➄ 「Rakuten 4G」の「+」をタップ

楽天回線エリア 固定方法 5

➅ 「ネットワークに登録されました」
以上で設定完了です。楽天回線エリア 固定方法 6
メモ

以上で、楽天回線エリアに固定されましたので、容量無制限で使えます。

繰り返しになりますがパートナー回線の電波を掴むと、高速通信は月間5GBまでです。

回線固定は10分位で設定できるので、ぜひやってみてください。

楽天モバイル|公式サイトへ

楽天モバイルの通信速度を測定

楽天モバイルの通信速度を測定しました。

回線は「楽天回線エリア」になります。

➀ 下り:33.2Mbps 上り:14.9Mbps 測定時間:16:15

楽天回線エリア 下り33.2Mbps

➁ 下り:29.5Mbps 上り:16.6Mbps 測定時間:20:32

楽天回線エリア 下り29.5Mbps

➂ 下り:33.7Mbps 上り:19.0Mbps 測定時間:20:39

楽天回線エリア 下り33.7Mbps

➃ 下り:31.0Mbps 上り:15.4Mbps 測定時間:21:17

楽天回線エリア 下り31.0Mbps

➄ 下り:23.4Mbps 上り:19.9Mbps 測定時間:21:20

楽天回線エリア 下り23.4Mbps

メモ

楽天モバイルの回線速度ですが、正直思っていたより速いです。

下り速度「23.4~33.7Mbps」を計測しており、これなら動画もストレスフリーで視聴できます。

ただ、パートナー回線(au)に繋がると10Mbps前後しかでませんでした。

評判通りauに繋がると遅いというのは事実のようです。

楽天モバイル|公式サイトへ

楽天 AQUOS sense4 lite SIMの使い方

楽天モバイルAQUOS sense4 liteのSIMの使い方になります。

他社SIMや、デュアルSIMの利用方法になりますので参考にしてください。

UQ mobile SIMを使う方法

AQUOS sense4 liteでUQ mobileSIMを使う場合のAPN設定です。

スマホのAPN設定画面から、以下のAPN情報を入力ください。

APN情報
名前 uqmobile.jp
APN uqmobile.jp
ユーザー名 uq@uqmobile.jp
パスワード uq
認証タイプ CHAP
APNプロトコル IPv4/IPv6
APNタイプ default,mms,supl,hipri

AQUOS sense4 liteのスクショ画面になり、以下の設定で無事UQ mobileに繋がりました。

UQ mobile APN設定・AQUOS sense4 lite

AQUOS sense4 lite デュアルSIMの使い方

AQUOS sense4 liteはデュアルSIM対応ですが、nanoiSIMとeSIMとの組み合わせになります。

上の画像を見ると分かりますが、カードトレイは「nanoSIM、maicroSD」スロットになっています。

楽天でeSIMを契約すると、物理nanoSIM+eSIM+microSDの3つを同時に使用できることになります。

3通りの組合わせは以下の通りです。

  • eSIM:楽天モバイル
  • nanoSIM:他社SIM
  • microSD:データ保存

このように、デュアルSIMを利用する場合は、楽天モバイルではeSIMを契約する必要があります。

メモ

eSIMは、スマートフォンに内蔵されたスマホ一体型のSIMです。

そのため、SIMカードをセットする必要もなく紛失や破損の心配もありません。

楽天モバイル AQUOS sense4 liteのまとめ

楽天モバイルのAQUOS sense4 liteは、低価格で多くの機能が搭載されているコスパのよいスマホです。

2万円台で、おもに以下のような機能が利用できお得感があります。

  • 5.8インチIGZOディスプレイ
  • 超ロングバッテリー
  • デュアルSIM対応
  • おサイフケータイ対応
  • 上下2つのステレオスピーカー

今なら、本体価格25,001円が、楽天ポイント25,000円分で実質1円で購入できます。

楽天モバイルを検討している方は、AQUOS sense4 liteから始めてみるのはいかがでしょうか。

使い安くておすすめですよ!

楽天モバイル|公式サイトへ

ポケットWiFi

Posted by wifi-park