ゼウスWiFi(ZEUS WiFi) 評判

ページ目次

ゼウスWiFi|おすすめ3つのポイント

ゼウスWiFi おすすめ3つのポイント

ゼウスWiFiは、3大キャリア回線を使った人気のポケットWiFiになっています。

月間データ量は「20GB、40GB、100GB」3つから選べ、さらに容量を超過するとデータチャージができます。

20GBなら月額1,980円から利用でき、端末も全プラン無料レンタルされ、お得な価格設計になっています。

また、オリジナル端末「H01」は、液晶付きモバイルルーターで使いやすいと好評です。

ここからは、ゼウスWiFiのメリット・デメリットを解説しています。

Left Caption
ゼウスWiFiは、20GB・40GB・100GBから選べます!

≫ ゼウスWiFi|公式サイトへ

ゼウスWiFi|メリットは6つ

それでは、ゼウスWiFiのメリットと特徴を見ていきましょう。

6つのプランから選べる

ゼウスWiFiは、目的にあったプランがずーっと定額で利用できます。

2年契約のスタンダープランと契約期間無しのフリープランがあり、それぞれ20GB・30GB・100GBから選べます。

スタンダードプラン(2年契約)

  • 20GB
  • 30GB
  • 100GB

フリープラン(契約期間なし)

  • 20GB
  • 30GB
  • 100GB

詳しくは料金プランで解説しています。

3ヶ月間2,980円で使えるキャンペーン

ゼウスWiFiは、スタンダードプラン100GBが通常3,480円のところキャンペーンにより3ヶ月目まで、月額2,980円で利用できます。

ずーっと2,980円で使えると最高なのですが…そうも行きません。

この3ヶ月間はポケットWiFi100GBでは最安値での利用期間になります。

格安でデータ量をチャージできる「おかわりGIGA」

ゼウスWiFiは、月間契約容量を使いきるとデータを追加購入できます。

一般的なポケットWiFiは、データ量を超えると月末まで低速化で使うしかありません。

しかし、ゼウスWiFiはマイページからデータチャージでき、追加データを購入しれば快適にネットを続けられます。

チャージ価格は以下の通りです。

  • 2GB:500円
  • 5GB:1,000円
  • 10GB:1,800円

このように低料金でデータチャージできるので、パソコンの大きなアップデートや高画質動画で思わぬギガ数を使っても対応可能です。

ポイント

WindowsやMacの大規模アップデート中に低速化(128Kbps)になると最悪です。

はっきり言っていつまで経っても終わりません。

データチャージできるの大きなメリットです。

SoftBank・docomo・au回線が使える

ゼウスWiFiは、SoftBank・docomo・auの3大キャリア回線が使用できます。

これにより、広域エリアで電波を掴むことが可能になりました。

自分で操作することなく、端末が自動で電波を掴みに行きますので常に最適な通信環境が確保されます。

多くは、SoftBankの電波に繋がりますが、エリアによってdocomo・auにも接続されます。

このように3大キャリアの4GLTE回線を効率よく利用でき、ユーザーにはメリットしかありません。

ルーターは無料レンタルで翌日発送

ゼウスWiFiは、端末が無料レンタルされますので端末費用は無料0円です。

無料レンタルの場合、中古端末が貸し出されるポケットWiFiもありますが、ゼウスWiFiでは最新の新品端末が送られてきます。

端末発送は翌日

端末は、申し込み完了後の翌日に発送されます。

申し込み時に時間指定も可能で、発送後は登録メールアドレスへ「問合せ番号」が送られてきます。

なお、土・日・祝日は発送業務をしていません。

オリジナル端末H01は使いやすい

ゼウスWiFiは、多くのポケットWiFiがU2sやU3端末を採用している中、オリジナル端末の「H01」採用している珍しいポケットWiFiです。

U2s・U3も人気端末ですが、液晶ディスプレイがなくバッテリ残量か分かりづらい点があります。

その点「H01」最新液晶ディスプレイを搭載し、くわえて軽くて使いやすい端末になっています。

ポケットWiFiを初めて持つ人にもオススメのモバイルルーターです。

「H01」については端末スペックで解説しています。

Left Caption
以上が、ゼウスWiFiの特徴とメリットでした。

≫ ゼウスWiFi|公式サイトへ

ゼウスWiFi|デメリットは3つ

それでは、ゼウスWiFiのデメリットや注意点を見ていきましょう。

端末を壊すと機器損害金18,000円

ゼウスWiFiは「端末あんしんオプション」へ未加入の場合、端末を壊したり紛失すると18,000円の機器損害金が発生します。

交換費用18,000円を支払うと、新品またはリフレッシュ品が送られてきます。

レンタル端末の有償交換費用としては他社と同程度ですが、故障・破損・紛失すると端末交換費用が掛かること覚えておきましょう。

プラン変更はできない

ゼウスWiFiは「20GB・30GB・100GB」とありますが、プラン変更はできません。

30GBから100GBへ容量増やしたい、フリープランからスタンダードプランへ変えたいと言った場合は、1度解約してから新規申し込みとなります。

このようにプラン変更はできませんので、申し込み時には自分に最適なプラン選びが必要です。

支払いはクレジットカードのみ

ゼウスWiFiの支払い方法はクレジットカードのみです。

デビットカード、プリペイドカードも利用不可となっています。

また、契約名義とクレジットカード名義が同一であることが必要です。

Left Caption
以上が、ゼウスWiFiのデメリットと注意点でした。

≫ ゼウスWiFi|公式サイトへ

ゼウスWiFi|口コミ・評判

それでは、ゼウスWiFiのTwitterでの口コミや評判を見ていきましょう。

ゼウスWiFi速度32Mbps


どんなときもWiFiからの乗り換えた方で、サービス面や速度比較の口コミです。

ゼウスWiFi「32Mbps」どんなときもWiFi「33Mbps」になっておりどちらも高速ですね。

なお、どんなときもWiFiは2020年2~3月に起こした、大規模な通信障害で新規受付停止中です。

楽天モバイルよりゼウスWiFiは遅い

楽天モバイルとゼウスWiFiの2社利用している方の口コミです。

楽天は5GBしか使えず、ゼウスWiFiと契約されたようです。

この方の言う通り、楽天はパートナーエリア(au回線)では月間5GBの制限があります。

長野県・姨捨SAで38Mbpsを計測

長野自動車道にある姨捨SAで「38.69Mbps」を計測された方の口コミです。

光回線なみの速度で素晴らしいです。

これだけの速度が出ていれば超サクサクでしょうね。

ゼウスWiFi届いてすぐ使える

ゼウスWiFiと契約した方の口コミです。

届いた端末は、電源ONにするだけで設定は不要とのことです。

速度は「下り19.7Mbps・上り2.34Mbps」出ているのがわかります。

この方がおっしゃる通り、ゼウスWiFi「H01」端末は、U2sやU3と同じメーカー「uCloudLink」へ生産委託されています。

スタンダードプラン20GB 月額1,980円

2年契約のスタンダードプラン20GBへ申し込まれた方です。

端末発送も早く、接続もうまく行ったとの口コミです。

確かに、月額1,980円は安いですよね。

Twitter口コミ:まとめ

ゼウスWiFiの評判はおおむね良いようです。悪評は見られませんでした。

料金と並んで重要な通信環境も、ポケットWiFiとしてはかなり高速なのが分かります。

下り速度は「19.7~38.69Mbps」計測されており、この速度であれば動画も快適に視聴できます。

ゼウスWiFiオリジナル端末「H01」の性能によるところも大きいと思われます。

≫ ゼウスWiFi|公式サイトへ

ゼウスWiFi|料金プラン

ゼウスWiFiは、2年契約のスタンダードプランと、契約期間無しのフリープランが用意されています。

データ量は、20GB・40GB・100GBから選ぶことができます。

スタンダードプラン|2年契約

契約期間は2年で、自動更新がなく25ヶ月以降はいつでも解約できます。

100GBプランは通常月額3,480円が、3ヶ月目まで月額2,980円で利用できます。

20GB・40GBプランは、かなりお得な価格設定になっており他社を圧倒しています。

ゼウスWiFi|スタンダードプラン
月間データ量 20GB 40GB 100GB
月額料金 1,980円 2,680円 ~3ヶ月
2,980円

4か月~
3,480円
契約期間 2年(自動更新なし)
事務手数料 3,000円(初期費用)
初回月 日割り
端末費用 レンタル無料
端末補償 400円 / 月(オプション)
使用端末 H01
回線 docomo・au・SoftBank
海外利用 海外106ヶ国
支払方法 クレジットカード
初期契約解除制度 8日間(クリーングオフ)

フリープラン|契約期間なし

契約縛りのないプランになり、契約期間はありません。

いつでも違約金0円で解約できます。

月額料金は、スタンダードプランより高く設定されています。

ゼウスWiFi|フリープラン
月間データ量 20GB 40GB 100GB
月額料金 2,380円 2,980円 4,280円
契約期間 なし
事務手数料 3,000円(初期費用)
初回月 日割り
端末費用 レンタル無料
端末補償 400円 / 月(オプション)
端末発送 翌日発送(土日祝を除く)
使用端末 H01
回線 docomo・au・SoftBank
海外利用 海外106ヶ国
支払方法 クレジットカード
初期契約解除制度 8日間(クリーングオフ)

端末あんしんオプション|月額400円

ゼウスWiFi「端末あんしんオプション」は、月額400円の端末補償オプションです。

補償対象であれば、新品もしくはリフレッシュ品と無料交換してくれます。

加入条件は申込み時に加入し、契約途中での加入はできません。

補償対象

  • 破損
  • 水濡れ
  • 故障

補償対象外

  • 盗難
  • 紛失

補償内容は他社と同程度になっています。

ポイント

「端末あんしんオプション」未加入の場合は、端末交換代金は18,000円になります。

海外データプラン|利用料金

ゼウスWiFiは、クラウドSIM端末の採用により、国内だけではなく海外106ヶ国でもWiFiが利用できます。

使い方は、渡航先で端末の電源をONにするだけ、手続きや設定等は一切不要です。

利用方法は、渡航前に「マイページ」の「海外データプランの購入」からデータプランを購入ください。

利用プラン

  • 1日プラン 300MB:377円~
  • 7日プラン 1GB:968円~
  • 30日プラン 3GB:2,420円~

利用料金は、ほとんどの国で上の料金で利用できますが、高く設定されている国もあります。


ヨーロッパ

アイスランド、アイルランド、アルバニア、イギリス、イタリア、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オーランド諸島、オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、サンマリノ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、チェコ、デンマーク、ドイツ、トルコ、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、モナコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア

北アメリカ

アメリカ合衆国、カナダ、プエルトリコ、メキシコ

南アメリカ

アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、コスタリカ、コロンビア、チリ、ドミニカ共和国、ニカラグア、パナマ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、ボリビア

アジア

アラブ首長国連邦、イスラエル、インド、インドネシア、カザフスタン、カタール、カンボジア、サウジアラビア、シンガポール、スリランカ、タイ、ネパール、バーレーン、パキスタン、バングラディッシュ、フィリピン、ベトナム、マカオ、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ヨルダン、ラオス、韓国、香港、台湾、中国、中国

アフリカ

アルジェリア、アンゴラ、エジプト、ガーナ、ケニア、ザンビア、タンザニア、チュニジア、ナイジェリア、モーリシャス、モロッコ、西サハラ、南アフリカ

オセアニア

オーストラリア、グアム、サイパン(北マリアナ諸島)、ニュージーランド、フィジー

参照元:ゼウスWiFi

≫ ゼウスWiFi|公式サイトへ

ゼウスWiFi|端末スペック

ゼウスWiFiの採用端末は、オリジナル仕様のクラウドSIM端末「H01」になっています。

モバイルルーター|ゼウスWiFi H01

ZEUS WiFi H01

H01 仕様
サイズ 126 x 64 x 厚さ13mm
重さ 130g
液晶サイズ 2.4インチ
同時接続台数 10台
下りスピード 最大 150Mbps
上りスピード 最大 50Mbps
連続使用可能時間 10時間
インターフェイス Type-C USB
WiFi規格 2.4GHz IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 2,700mAh

ポケットWiFiの多くが「U2s・U3」端末を採用する中で、ゼウスWiFiはオリジナル規格の「H01」を採用しています。

H01は液晶画面付きで、使いやすさと操作性の良いモバイルールーターになっています。

≫ ゼウスWiFi|公式サイトへ

ゼウスWiFi|通信速度のテスト結果

それでは、ゼウスWiFiの通信速度のテスト結果を見ていきましょう。

ポケットWiFiを契約するうえで、料金と通信速度の2点は重要視されると思います。

そこで、ゼウスWiFiの通信スピードのテストを行いました。

以下のテスト結果は「契約回線:ゼウスWiFi、ルーター:H01」ユーザーによるものです。

主に、SoftBank・docomo回線に繋がり「27~35Mbps」のスピードが計測され「星4つ半」の評価となり合格点といえます。

YouTubeや動画配信サービスを快適に視聴するには「15Mbps」以上が必要です。

27Mbps 計測
27Mbpsを計測
29Mbps 計測
29Mbpsを計測
31Mbps 計測
31Mbpsを計測
35Mbps 計測
35Mbpsを計測
通信速度の目安
15~30Mbps 動画・ネットゲームもストレスなく楽しめる。
8~15Mbps 快適だが利用するサービスによっては満足できない。
1~8Mbps パソコンでは動画が止まる時がある。
~1Mbps 動画の視聴が困難。メールは出来る。
ポイント

ゼウスWiFiの通信速度は、ポケットWiFiとしては十分過ぎるスピードといえます。

下りスピードは最大35Mbpsを計測し、常時30Mbps↑↓でており通信環境は良好です。

これ以上のスピードが必要であれば、固定光回線を引くしかありません。

≫ ゼウスWiFi|公式サイトへ

ゼウスWiFi|解約方法について

ゼウスWiFiの解約方法や違約金について見ていきましょう。

更新

ゼウスWiFiは自動更新がないので、2年契約の満了後はいつでも無料解約できます。

解約方法

ゼウスWiFiの解約はマイページから手続きができます。

  1. マイページ」にログインする。
  2. 「ご契約情報」をクリック
  3. 「サービスを解約する」をクリック
  4. 必要事項入力し「解約」をクリック
  5. 解約手続き完了

解約締め切り日

当月25日までの申請は、当月末での解約になります。

26日以降の申請は、翌月末での解約になります。

端末返却方法

解約月の翌月14日までにレンタル品一式(4点)を返却する必要があります。

  1. 端末本体
  2. 個装箱
  3. 付属のUSBケーブル
  4. 取扱説明書

追跡可能な宅配便やゆうパックを利用し、送料は自己負担となります。

例:5月末解約なら6月14日までに返却

端末返却先

〒160-0022
東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル3階
株式会社HumanInvestment  ZEUS WiFi受付窓口

ゼウスWiFi|解約違約金

ゼウスWiFiの解約違約金は以下の通りです。

解約違約金
初回月~24ヶ月 9,500円
25ヶ月以降 0円

25ヶ月目以降は違約金0円でいつでも解約自由です。

このように、他社に比べても良心的な設定になっています。

≫ ゼウスWiFi|公式サイトへ

ゼウスWiFi|気になる点や良くある質問

ゼウスWiFiの気になる点やよくある質問についてです。

クラウドSIMって何?

ゼウスWiFiの端末はクラウドSIM採用により、ルーターにSIMカードは入っていません。

クラウドSIMは、クラウドサーバー上で管理されており、端末はクラウドサーバー上のSIMで動いています。

ゼウスWiFiだけではなく、現在ポケットWiFiではクラウドSIM端末が主流になっています。

通常ならSIMカードを挿れるのですが、ちょっと調子がくるう人も居るでしょうね。

クラウドSIMのメリットは、複数のキャリア回線が利用でき、海外でもそのまま使えることです。

デメリットは、端末の電源を入れてから電波を掴むまで1~3分がかかることです。

ゼウスWiFiの通信エリアは?

ゼウスWiFiの通信エリアは、3大キャリア「docomo・au・SoftBank」のサービスエリア内すべてで利用できます。

3社のサービスエリアは以下で確認できます。

端末あんしんオプションは加入すべき?

「端末あんしんオプション」は、月額400円で端末故障時に、無料で修理交換してくれるオプションです。

月額400円だと年間4,800円の支出になり考えてしまいますよね。

もう一度、補償内容を見てみましょう。

  • 補償対象:故障・破損・水濡れ
  • 補償対象外:盗難・紛失

このように、盗難・紛失は対象外になっており、あまりメリットを感じないオプションといえます。

他社では少し高いですが500円程で「盗難・紛失」までカバーしている業者もあります。

最近の端末は、普段使いしている分には簡単に壊れたりしません。

また、ゼウスWiFi「H01」端末にはメーカー保証が1年間付いています。

結論としては、加入してもメリットはありません。

なお、スマホよく落としたり、失くしたりする人は、備えに加入しておくと安心です。

容量超えると速度制限後のスピードは?

ゼウスWiFiは、それぞれ20GB・40GB・100GBの容量を超えると月末まで速度制限になります。

制限後の速度は「128kbps」になりメールはできますが、ネットや動画では使い物になりません。

しかし、ゼウスWiFiは他社と違い「データチャージ」ができますので速度制限を回避できます。

ポイント

128kbpsでは何もできませんので、さくっとデータチャージした方がよいです。

これが他社だとデータチャージができないので月末まで低速化のままです。

データ使用量の確認できますか?

データ使用量は、ゼウスWiFi「マイページ」から確認できます。

20GB・40GB・100GBで出きることは?

動画視聴時間

視聴時間を簡単にまとめてみました。

20GB 40GB 100GB
NETFLIX 66時間 132時間 330時間
YouTube 82時間 164時間 410時間
TVer 100時間 200時間 500時間
ZOOM 33時間 66時間 166時間

みなさんご存じの「YouTube」や動画配信サービス「NETFLIX、TVer」等が1ヶ月で視聴可能時間です。

「ZOOM」はオンラインミーティングの可能時間になります。

あたり前ですが、ギガ数が多いほど高速通信できる時間は長くなります。

プラン選びのコツは以下をご参考ください。

20GB

ネット・メール・SNSがメインで動画はたまに観る程度。

40GB

ネット・メール・SNSがメインで動画もちょくちょく観る。

100GB

ネットはもちろんの事、YouTubeや動画配信サービス等も多く利用したい。

ポイント

間違いないプラン選びは、今まで使っていた月間使用量を把握していることです。

それに少し余裕を持たせるとベストチョイスになります!

ゼウスWiFiのCMモデルは誰?

少し脱線しますが、ゼウスWiFiのCMモデルは誰…?を簡単にまとめました。

なお「ゼウスWiFi モデル」でググる人も多いようです。

ゼウスWiFiのCMモデルは、女優の「山本 舞香」さんです。

ゼウスWiFi|運営会社

サービス名:ゼウスWiFi
運営会社:株式会社Human Investment
所在地:〒305-0045 茨城県つくば市梅園2-7-3 つくばシティビル303
電話番号:0120-989-827
資本金:10,000,000円
ホームページ:https://humaninvestment.jp

メモ

会社設立は2010年3月1日で、事業内容は主にモバイルデータ通信事業・ブロードバンドサービスを手掛けています。

ゼウスWiFi|まとめ

ゼウスWiFiのメリットをおさらいしてみましょう。

  • docomo・au・SoftBank回線が使える。
  • オリジナル端末「H01」が無料レンタルされる。
  • 海外でそのまま使える。
  • データジャージができる。
  • 20GB、40GB、100GBから選べる。
  • 解約違約金が9,500円と安い。

このように、ユーザーにはお得なシステムになっており、コスパの良いポケットWiFiといえます。

プラン変更ができないデメリットもありますが、選んでもけっして損のないポケットWiFiといえます。

端末が届いて通信環境が悪ければ、8日間の初期解約制度を利用しましょう。

以上、ゼウスWiFiについてでした。

ゼウスWiFi公式サイトへ

8日以内ならクーリングオフOK

Posted by wifi-park