ドコモとデュアルSIMならココ!最強の組み合わせ7選を紹介!

PR

ドコモ(Docomo) デュアルSIM 組み合わせ

この記事では、ドコモとデュアルSIM最強の組み合わせ、おすすめ7選を紹介しています。

ドコモとデュアルSIMしたいけど、多くの格安SIMの中からどれを選べば良いか分からない…?

そんな方の悩みを解消するために、機能や料金プランに優れた格安SIM7社を厳選しました!

それぞれの格安SIMの特徴を順番にお伝えしていきますので、ドコモと理想的な組み合わせ先をぜひ見つけてください。

ドコモとデュアルSIM!最強の組み合わせ7選を紹介!

それでは、ドコモ(Docomo)とデュアルSIMで組み合わせる格安SIM7選を紹介します。

表では、組み合わせ先7社の最安プランと利用回線を確認できます。

ドコモ+
組み合わせた料金
ドコモ+
組み合わせ回線
ドコモ + LINEMO
おすすめ度5
ドコモ + 月990円/3GB~ ソフトバンク
(自社回線)
ドコモ + 楽天モバイル
おすすめ度4.5
ドコモ + 月1,078円/3GB~ 楽天モバイル
(自社回線)
ドコモ + UQモバイル
おすすめ度4.5
ドコモ + 月2,365円/4GB~ au
(自社回線)
ドコモ + IIJmio
おすすめ度4
ドコモ + 月850円/2GB~ ドコモ、au
(借り受け回線)
ドコモ + mineo
おすすめ度4
ドコモ + 月1,298円/1GB~ ドコモ、au、ソフトバンク
(借り受け回線)
ドコモ + NUROモバイル
おすすめ度3.5
ドコモ + 月792円/3GB~ ドコモ、au、ソフトバンク
(借り受け回線)
ドコモ + イオンモバイル
おすすめ度3.5
ドコモ + 月805円/0.5GB~ ドコモ、au
(借り受け回線)

ドコモのプラン概要おさらい

ドコモ

つづいて、ドコモ(Docomo)のプラン概要をおさらいしてみましょう。

ドコモ
料金プラン ・eximo
〜無制限:月7,315円
〜3GB:月5,665円
〜1GB:月4,565円
・ahamo
20GB:月2,970円
・irumo
0.5GB:月550円
3GB:月990円
6GB:月1,320円
9GB:月1,760円
・ギガライト/5Gギガライト
〜7GB:月6,765円
〜5GB:月5,665円
〜3GB:月4,565円
〜1GB:月3,465円
・ギガホ プレミアム
60GB:月7,205円
・5Gギガホ プレミアム
無制限:月7,315円
基本通話料 22円 / 30秒
通話オプション 5分通話無料オプション:月880円
かけ放題オプション:月1,980円
契約事務手数料 オンライン契約:無料
店頭契約:3,850円
 使用回線 ドコモ 4G、5G
≫ ドコモ公式サイトを見る

以上をふまえ、今からドコモのデュアルSIM最強の組み合わせ7選を紹介します。

組み合わせ①:ドコモ + LINEMO 月990円/3GB~

ドコモ(Docomo)+LINEMO

ドコモとLINEMOの併用は、ドコモの料金に+月990円/3GBから利用できます。LINEMOの概要は次のとおりです。

 LINEMOの概要
月額料金
(ミニプラン/スマホプラン)
3GB:990円
20GB:2,728円
基本通話料 22円 / 30秒
通話オプション 5分かけ放題:月額550円
かけ放題:月額1,650円
通話オプション
キャンペーン料金
5分かけ放題:7ヶ月間無料
かけ放題:7ヶ月間月額1,100円
契約事務手数料 無料0円
契約解除料 無料0円
SIMタイプ eSIM、SIMカード
使用回線 ソフトバンク 4G/5G
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:79.24Mbps

ドコモとLINEMOの組み合わせは、安くて速い格安SIMを使いたい方におすすめです!

ソフトバンクブランドの「LINEMO」は、ソフトバンクメイン回線を使い通信速度は抜群です。

LINEMOの料金プランは、3GB/月990円と20GB/月2,728円の2プランがあり、どちらもサブブランド最安値です。

通話料金も、キャンペーンにより5分かけ放題を、7ヶ月間無料で使えのるので電話代もお得になります。

くわえて、LINEMOはLINEギガフリーにより、LINEアプリ「トーク、音声通話、ビデオ電話」などが完全使い放題です。

LINEMOなら契約手数料0円なうえに、お得な申し込みキャンペーンを開催しています。

≫ LINEMOに申し込む

組み合わせ②:ドコモ + 楽天モバイル 月1,078円/3GB~

ドコモ(Docomo)+楽天モバイル

ドコモと楽天モバイルの併用は、ドコモの料金に+月1,078円/3GBから利用できます。楽天モバイルの概要は次のとおりです。

 楽天モバイルの概要
月額料金
(Rakuten最強プラン)
~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
~無制限:3,278円
基本通話料 22円 / 30秒
Rakuten Link利用で無料
通話オプション 15分かけ放題:月額1,100円
Rakuten Link利用で無料
契約事務手数料 無料0円
契約解除料 無料0円
SIMタイプ eSIM、SIMカード
使用回線 楽天モバイル 4G/5G
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:114.10Mbps

ドコモと楽天モバイルの組み合わせは、データ無制限で使いたい方におすすめです!

楽天モバイルの料金プランは、データ使用量に応じた3段階の料金システムです。

3GBなら月1,078円、データ無制限は月3,278円といったように、毎月の利用量によって柔軟な支払いができます。

通話料金も、通話専用アプリ「Rakuten Link」なら、他社携帯や固定電話に完全無料かけ放題です。

さらに楽天モバイルなら海外69の国と地域で、インターネットや電話を無料利用できます。

楽天モバイルは契約手数料0円なうえに、他社から乗り換えで楽天ポイント12,000ptプレゼント中です。

≫ 楽天モバイルに申し込む

組み合わせ③:ドコモ + UQモバイル 月2,365円/4GB~

ドコモ(Docomo)+UQモバイル

ドコモとUQモバイルの併用は、ドコモの料金に+月2,365円/4GBから利用できます。UQモバイルの概要は次のとおりです。

UQモバイルの概要
月額料金 ミニミニプラン
4GB:2,365円
トクトクプラン
~1GB:2,277円
~15GB:3,465円
コミコミプラン
20GB:3,278円
(10分かけ放題付き)
基本通話料 22円 / 30秒
通話オプション 毎月60分無料:月額550円
10分かけ放題:月額880円
かけ放題:月額1,980円
契約事務手数料 3,850円
契約解除料 無料0円
SIMタイプ eSIM、SIMカード
使用回線 au 4G/5G
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:110.43Mbps

ドコモとUQモバイルの組み合わせは、通信速度を妥協したくない方におすすめです!

ドコモも高速ですが、auブランドの「UQモバイル」は、auメイン回線を使い格安SIMナンバーの速度を誇ります。

UQモバイルの料金プランは高めですが、最人気の4GBプランは月2,365円で利用できます。

なんといっても、UQモバイルの人気の秘訣は、混雑時のお昼や夜間も高速利用できるところです。

さらに、UQモバイルならデータ容量を使い切っても、最大1Mbpsの速度でインターネットを利用できます。

UQモバイルは、申し込みキャンペーンによりau PAY最大10,000円相当を還元中です。

≫ UQモバイルに申し込む

組み合わせ④:ドコモ + IIJmio 月850円/2GB~

ドコモ(Docomo)+IIJmio

ドコモとIIJmioの併用は、ドコモの料金に+月850円/2GBから利用できます。IIJmioの概要は次のとおりです。

IIJmioの概要
月額料金
(ギガプラン/音声SIM)
2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
30GB:2,700円
40GB:3,300円
50GB:3,900円
基本通話料 11円 / 30秒
通話オプション 5分かけ放題:月額500円
10分かけ放題:月額700円
かけ放題:月額1,400円
契約事務手数料 3,300円
SIMカード発行手数料:433円~446円
契約解除料 無料0円
使用回線
(契約時に選択)
ドコモ 4G/5G、au 4G/5G
SIMタイプ eSIM、SIMカード
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:49.01Mbps

ドコモとIIJmioの組み合わせは、格安で使いたい方におすすめです!

IIJmioの料金プランは、2GB~20GBの8プランがあり、いずれも格安SIM最安級で付帯サービスも充実しています。

2GB/月850円から使え、20GB/月2,000円といったように、IIJmioなら格安利用できるメリットがあります。

回線は、ドコモとauの2キャリアから選べるので、auを選択すると「ドコモ+au」の組み合わせをできます。

ただ、通信速度はキャリアから回線は借り受けているため、高速通信は望めません。

IIJmioとの組み合わは、通信速度よりも料金重視する方に最適です。

≫ IIJmioに申し込む

組み合わせ⑤:ドコモ + mineo 月1,298円/1GB~

ドコモ(Docomo)+mineo

ドコモとmineoの併用は、ドコモの料金に+月1,298円/1GBから利用できます。mineoの概要は次のとおりです。

mineoの概要
月額料金
(マイピタ・デュアルタイプ)
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
基本通話料 22円 / 30秒
通話オプション 10分かけ放題:月額550円
かけ放題:月額1,210円
10分通話パック:月額110円
契約事務手数料 3,300円
SIMカード発行料:440円
契約解除料 無料0円
使用回線
(契約時に選択)
ドコモ 4G/5G、au 4G/5G、ソフトバンク 4G/5G
SIMタイプ eSIM、SIMカード
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:40.46Mbps

ドコモとmineoの組み合わせは、データ使い放題を格安利用したい方におすすめです!

mineoの料金プランは、1GB~20GBの4プランがあり、いずれもリーズナブル料金で使えます。

回線は、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから選べ、auを選択すると「ドコモ+au」の組み合わせを可能です。

なんと云っても、mineoには、月額385円の「パケット放題 Plus」があり、最大1.5Mbpsの速度でデータ使い放題です。

また、パケット放題 Plusは、10GB/20GBプランに契約すると無料利用できる特典があります。

mineoは、格安SIMの中でも独自サービスに定評があり、多くのユーザが利用中です。

≫ mineoに申し込む

組み合わせ⑥:ドコモ + NUROモバイル 月792円/3GB~

ドコモ(Docomo)+NUROモバイル

ドコモとNUROモバイルの併用は、ドコモの料金に+月792円/3GBから利用できます。NUROモバイルの概要は次のとおりです。

NUROモバイルの概要
月額料金
(バリュープラス・NEOプラン/音声SIM)
3GB:792円
5GB:990円
10GB:1,485円
15GB:1,790円
20GB:2,669円
40GB:3,980円
基本通話料 11円 / 30秒
通話オプション 5分かけ放題:月額490円
10分かけ放題:月額880円
かけ放題:月額1,430円
契約事務手数料 NEOプラン:無料0円
バリュープラス:3,300円
SIMカード発行料:440円
契約解除料 無料0円
使用回線
(契約時に選択)
ドコモ 4G/5G、au 4G/5G、ソフトバンク 4G/5G
SIMタイプ SIMカード
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:62.49Mbps

ドコモとNUROモバイルの組み合わせは、料金を抑えて使いたい方におすすめです!

NUROモバイルの料金プランは、3GB~40GBの6プランがあり、それぞれ格安利用できます。

3GB/月792円、40GB/月3,980円といったように、小容量から大容量まで割安になっています。

回線は、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから選べ、ソフトバンクを選択すると「ドコモ+ソフトバンク」の組み合わせが可能です。

ただ、キャリアから回線は借り受けているため、混雑時の昼と夜間は速度低下します。

NUROモバイルと組み合わせは、とにかく料金重視の方に向いています。

≫ NUROモバイルに申し込む

組み合わせ⑦:ドコモ + イオンモバイル 月803円/0.5GB~

ドコモ(Docomo)+イオンモバイル

ドコモとイオンモバイルの併用は、ドコモの料金に+月803円/0.5GBから利用できます。イオンモバイルの概要は次のとおりです。

イオンモバイルの概要
月額料金
(さいてきプラン/音声プラン)
0.5GB:803円

50GB:5,258円
基本通話料 11円 / 30秒
通話オプション 5分かけ放題:月額550円
10分かけ放題:月額935円
かけ放題:月額1,650円
契約事務手数料 3,300円
契約解除料 無料0円
使用回線
(契約時に選択)
ドコモ 4G/5G、au 4G/5G
SIMタイプ SIMカード
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:38.54Mbps

ドコモとイオンモバイルの組み合わせは、最適なデータ容量で使いたい方におすすめです!

イオンモバイルの料金プランは、0.5GB~50GBまでの15プランがあり、1GB刻みでプランを選べるのが特徴です。

0.5GB/月803円から使え、50GB/月5,258円まであり、あなたにピッタリなデータプランが見つかります。

回線は、ドコモ・auの2キャリアから選べ、auを選択すると「ドコモ+au」の組み合わせを可能です。

デメリットは、キャリアから回線は借り受けているため、通信速度が遅いところ。

イオンモバイルとの組み合わせは、最適なプランを安価で利用したい方です。

≫ イオンモバイルに申し込む

デュアルSIM運用方法iPhone・Android編

iPhoneとAndroidでデュアルSIM運用の組み合わせパターンを紹介します。

おもなデュアルSIMの組み合わせは、次の3通りがあります。

  1. nanoSIM(SIMカード) × eSIM(本体一体型SIM)
  2. eSIM × eSIM
  3. nanoSIM × nanoSIM

では、iPhoneとAndroidのデュアルSIM運用をそれぞれ解説します。

iPhoneのデュアルSIM組み合わせ

iPhoneでデュアルSIM運用する場合、SIMの組み合せは次のとおりです。

参照元:Apple 日本

デュアルSIMの組み合わせ デュアルSIMの種類
iPhone 13
iPhone 14
iPhone 15
iPhone SE(第3世代)
eSIM × 2
nanoSIM × eSIM
DSDV、DSDS
iPhone XR
iPhone XS
iPhone 11
iPhone 12
nanoSIM × eSIM

ご覧のようにiPhone 13~15シリーズ、iPhone SE(第3世代)シリーズは、eSIM×2やnanoSIM×eSIMでデュアルSIM運用が可能です。

ただ、iPhoneは、SIMカード×2のデュアルSIM運用はできないため、一方をeSIMにする必要があります。

したがって、ドコモとデュアルSIMする際は「ドコモ/nanoSIM×他社/eSIM」、「ドコモ/eSIM×他社/eSIM」の2とおりです。

AndroidのデュアルSIM組み合わせ

AndroidでデュアルSIM運用する場合、SIMの組み合せは次のとおりです。

以下の、デュアルSIM端末は、楽天モバイルで販売中や販売された機種をメインに紹介しています。

参照元:楽天モバイル

デュアルSIMの組み合わせ デュアルSIMの種類
Rakuten Hand 5G eSIM × 2 DSDV、DSDS
OPPO Reno3 A nanoSIM × 2 DSDV
OPPO Reno5 A nanoSIM × 2、nanoSIM × eSIM
OPPO Reno7 A nanoSIM × 2、nanoSIM × eSIM
OPPO A73 nanoSIM × eSIM
OPPO A55s 5G nanoSIM × 2、nanoSIM × eSIM
AQUOS zero6 nanoSIM × eSIM
AQUOS wish nanoSIM × eSIM
AQUOS sense4 lite nanoSIM × eSIM
AQUOS sense4 plus nanoSIM × 2
AQUOS sense6 nanoSIM × eSIM
AQUOS sense6s nanoSIM × eSIM
AQUOS sense7 nanoSIM × eSIM
Galaxy A23 5G nanoSIM × eSIM
Galaxy Z Flip4 nanoSIM × eSIM
Xperia 5 IV nanoSIM × eSIM
Xperia 10 IV nanoSIM × eSIM
Xperia 10 III Lite nanoSIM × eSIM
Redmi Note 11 Pro 5G nanoSIM × eSIM

以上のとおり、Androidは機種によってデュアルSIMの組み合わせパターンは異なります。

このことから、AndroidでデュアルSIM運用する場合「機種名+デュアルSIM」で検索してSIMの組み合わせ確認しましょう。

なお、デュアルSIM端末をお探しの方は、格安購入できる楽天モバイルを一度下見してみてくださいね。

≫ 楽天モバイルのスマホを見る

ドコモとデュアルSIMのデメリットは2つ

ドコモとデュアルSIM デメリット

最初に、ドコモとデュアルSIMのデメリット2つを紹介します。

2つのデメリットは次のとおりです。

  1. バッテリー消費がすこし早い
  2. 毎月2回線分の固定費が掛かる

それぞれ解説していきます。

デメリット①:バッテリー消費がすこし早い

デュアルSIM運用をすると、2つのSIMカードを同時使用するため、バッテリー消費がすこし速いです。

当サイトも実際にデュアルSIMをしていますが、シングルSIMより電池持ちは若干わるいです。

ただ、もの凄い減りならデュアルSIMする人は居なくなる訳で、体感で感じる程度になります。

デメリット②:毎月2回線分の固定費が掛かる

あたり前ですが、デュアルSIM運用すると毎月2回線分の固定費が発生します。

たとえば、ドコモ最安のギガライト1GB/月3,465円+LINEMO最安の3GB/月990を組み合わせた場合でも、毎月4,455円かかります。

なので、デュアルSIM運用する方は、利用目的がはっきりとしてから運用を始めましょう。

ドコモとデュアルSIMのメリットは5つ

ドコモとデュアルSIM メリット

つづいて、ドコモとデュアルSIMのメリット5つを紹介します。

5つのメリットは次のとおりです。

  1. スマホ1台で2つの電話番号を持てる
  2. 一方の通信障害をカバーできる
  3. 渡航時に海外SIMと組み合わせできる
  4. 楽天モバイルと組み合せなら通話料タダ
  5. 安い格安SIMと組み合わせできる

それぞれ解説していきます。

メリット①:スマホ1台で2つの電話番号を持てる

デュアルSIM最大のメリットは、スマホ1台で2つの電話番号を同時運用できる点です。

これにより、ドコモをプライベート用、他社をビジネス用といった、電話番号の使いわけがスマートに行えます。

くわえて、デュアルSIMならスマホ2台を持ち歩く必要がなく、荷物も軽くなりカバン中もスッキリです。

メリット②:一方の通信障害をカバーできる

2つ目のメリットは、デュアルSIM運用すると一方の通信障害をカバーをできます。

たとえば、ドコモ/自社回線+UQモバイル/au回線を組み合せた場合は、次のようなトラブルに備えられます。

仮に、ドコモ回線に通信障害が起きた場合、その間はau回線を使って電話やネットを利用可能です。

メリット③:渡航時に海外SIMと組み合わせできる

3つ目のメリットは、デュアルSIM端末なら渡航時に海外格安SIMと組み合せ可能です。

海外SIMは現地でも調達可能ですが、渡航前にAmazonで格安購入してSIMカードをセットしたとします。

これにより、ドコモの国際ローミングを利用するより、海外通信費を大幅節約できます。

メリット④:楽天モバイルと組み合せなら通話料タダ

ドコモと楽天モバイルを組み合わせると、通話料の完全無料を実現可能です。

楽天モバイルの通話専用アプリ「Rakuten Link」なら、他社携帯や固定電話にも完全無料かけ放題です。

したがって、ドコモを着信メインにすれば、大幅に通話料の節約をはかれます。

メリット⑤:安い格安SIMと組み合わせできる

デュアルSIM端末なら、いつでも条件のよい格安SIMと組み合せをできます。

安定のドコモをメインにして、料金やサービスが優秀な格安SIMを併用すると利用できるサービスも広がります。

現在は、月1,000円以下で使える格安SIMは多数あるので、デュアルSIMのコスパも良好です。

デュアルSIM最強の組み合わせブランド別編!

ここでは、ブランド別にデュアルSIMの最強組み合わせを紹介しています。

ドコモは本記事で紹介しましたので、それぞれのブランドは以下の記事をご覧ください。

まとめ

ここまで、ドコモとデュアルSIMの組み合わせ7選やデメリット・メリット紹介しました。

もう一度、ドコモとデュアルSIMのおすすめ一覧を見ていきましょう。

特徴 各社公式サイト
① ドコモ + LINEMO
おすすめ度5
3GB/月990円~
LINEアプリ完全使い放題!
≫ LINEMO 公式サイト
② ドコモ + 楽天モバイル
おすすめ度4.5
3GB/月1,079円~
Rakuten Linkで通話料無料!
≫ 楽天モバイル 公式サイト
③ ドコモ + UQモバイル
おすすめ度4.5
4GB/月2,365円~
格安SIM最速の通信速度!
≫ UQモバイル 公式サイト
④ ドコモ + IIJmio
おすすめ度4
2GB/月850円~
格安SIM最安値クラスの料金!
≫ IIJmio 公式サイト
⑤ ドコモ + mineo
おすすめ度4
1GB/月1,298円~
パケット放題 Plusで使い放題!
≫ mineo 公式サイト
⑥ ドコモ + NUROモバイル
おすすめ度3.5
3GB/月792円~
小容量から大容量まで割安!
≫ NUROモバイル 公式サイト
⑦ ドコモ + イオンモバイル
おすすめ度3.5
0.5GB/月803円~
1GB刻みでプランを選べる!
≫ イオンモバイル 公式サイト

以上の7社は、多くのユーザーが利用する格安SIMで、各社それぞれにメリットがあります。

なんといっても、デュアルSIMはうまく使いこなすと、シングルSIMで運用するより便利で機能性も充実します。

それでは、ドコモと組み合わせて、デュアルSIMのいいとこ取りしてお得なスマホライフを送ってください!

格安SIM

Posted by wifi-park