povoとデュアルSIM最強の組み合わせはココ!厳選7社を紹介!

PR

povo デュアルSIM 組み合わせ

この記事では、povoとデュアルSIM最強の組み合わせ先、厳選7社を紹介しています。

povoとデュアルSIMしたいけど、多くの格安SIMの中からどれを選べば良いか分からない…?

そんな方の迷いを解決するために、料金やサービスに優れた格安SIM7社を厳選しました!

それぞれの格安SIMの特徴を順番にお伝えしてますので、povoと最適な組み合わせ先をぜひ見つけてください。

povoとデュアルSIM!最強の組み合わせ7選を紹介!

povoとデュアルSIMで組み合わせる格安SIM7選を紹介します。

まずは、組み合わせる7社の最安プランと利用回線をご案内します。

povo+
組み合わせた料金
povo+
組み合わせ回線
povo + LINEMO
おすすめ度5
povo + 月990円/3GB~ ソフトバンク
(自社回線)
povo + irumo
おすすめ度5
povo + 月550円/0.5GB~ ドコモ
(自社回線)
povo + 楽天モバイル
おすすめ度4.5
povo + 月1,078円/3GB~ 楽天モバイル
(自社回線)
povo + ahamo
おすすめ度4.5
povo + 月2,970円/20GB~ ドコモ
(自社回線)
povo + mineo
おすすめ度4.5
povo + 月1,298円/1GB~ ドコモ、au、ソフトバンク
(借り受け回線)
povo + IIJmio
おすすめ度4
povo + 月850円/2GB~ ドコモ、au
(借り受け回線)
povo + LIBMO
おすすめ度4
povo + 月980円/3GB~ ドコモ
(借り受け回線)

povo2.0のプラン概要おさらい

povo2.0

つづいて、povo2.0のプラン概要をおさらいしてみましょう。

 povo2.0
データトッピング データ使い放題:330円 / 24時間有効
1GB:390円 / 7日間有効
3GB:990円 / 30日間有効
20GB:2,700円 / 30日間有効
60GB:6,490円 / 90日間有効
150GB:12,980円 / 180日間有効
基本通話料 22円 / 30秒
通話トッピング 5分以内通話かけ放題:月額550円
通話かけ放題:月額1,650円
契約事務手数料 無料0円
 使用回線 au 4G、5G
≫ povo公式サイトを見る

以上をふまえ、今からpovoのデュアルSIM最強の組み合わせ7選を紹介します。

組み合わせ①:povo + LINEMO 月990円/3GB~

povo+LINEMO

povoとLINEMOの組み合わせは、povoの料金に+月990円/3GBから利用できます。LINEMOの概要は次のとおりです。

 LINEMOの概要
月額料金
(ミニプラン/スマホプラン)
3GB:990円
20GB:2,728円
基本通話料 22円 / 30秒
通話オプション 5分かけ放題:月額550円
かけ放題:月額1,650円
通話オプション
キャンペーン料金
5分かけ放題:7ヶ月間無料
かけ放題:7ヶ月間月額1,100円
契約事務手数料 無料0円
契約解除料 無料0円
SIMタイプ eSIM、SIMカード
使用回線 ソフトバンク 4G/5G
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:76.24Mbps

povoとLINEMOの組み合わせは、キャリアブランドの高速SIMを使いたい方におすすめです!

auブランドのpovoとソフトバンクブランドのLINEMOは、どちらもキャリア主回線を通し抜群の通信速度を誇ります。

LINEMOの料金プランは、3GB/月990円と20GB/月2,728円の2プランがあり、どちらもサブブランドの中で安値です。

通話料金もキャンペーンによって、5分かけ放題を7ヶ月間無料で使えるので、電話代を節約したい方にもピッタリです。

くわえて、LINEアプリの「トーク、音声通話、ビデオ電話、VOOM」などが、LINEギガフリーにより完全使い放題!

LINEMOなら契約事務手数料0円なうえ、申し込みキャンペーンを利用してお得に申し込めます。

≫ LINEMOに申し込む

組み合わせ②:povo + irumo 月550円/0.5GB~

povo+irumo(イルモ)

povoとirumoの組み合わせは、povoの料金に+月550円/0.5GBから利用できます。irumoの概要は次のとおりです。

irumoの概要
月額料金 0.5GB:550円
3GB:2,167円
6GB:2,827円
9GB:3,377円
基本通話料 22円 / 30秒
通話オプション 5分かけ放題:月額880円
かけ放題:月額1,980円
契約事務手数料 無料0円(オンライン申し込み)
契約解除料 無料0円
使用回線 0.5GB:ドコモ 4G
3GB/6GB/9GB:ドコモ 4G/5G
(*0.5GBのみ最大速度3Mbps)
SIMタイプ eSIM、SIMカード
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:77.67Mbps

povoとirumoの組み合わせは、auブランドとドコモブランドをデュアルSIM運用したい方におすすめです!

ドコモブランドのirumoは、ドコモメイン回線を使用し、利用エリアも広く高速通信できます。

irumoの料金プランは、0.5GB~9GBの4プランがあり、0.5GBプランは月550円の業界最安値で使えます。

0.5GBプランを提供している格安SIMは、irumoにくわえ、LinksMate/月715円とイオンモバイル/月805円の3社のみです。

irumoの3GB~9GBプランは割高ですが、0.5GBプランはサブ回線や電話利用メインならコスパ抜群です。

irumoは契約事務手数料0円にくわえ、0.5GBプランは乗り換えでdポイント3,300pt還元されます。

≫ irumoに申し込む

組み合わせ③:povo + 楽天モバイル 月1,078円/3GB~

povo+楽天モバイル

povoと楽天モバイルの組み合わせは、povoの料金に+月1,078円/3GBから利用できます。楽天モバイルの概要は次のとおりです。

楽天モバイルの概要
月額料金
(Rakuten最強プラン)
~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
~無制限:3,278円
基本通話料 22円 / 30秒
Rakuten Link利用で無料
通話オプション 15分かけ放題:月額1,100円
Rakuten Link利用で無料
契約事務手数料 無料0円
契約解除料 無料0円
SIMタイプ eSIM、SIMカード
使用回線 楽天モバイル 4G/5G
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:104.06Mbps

povoと楽天モバイルの組み合わせは、データ使用量に応じて支払い方におすすめです!

楽天モバイルの料金プランは、3GBなら月1,078円、データ無制限なら月3,278円といったように、毎月の使用量によって決まります。

なんと云っても、楽天モバイルのメリットはデータ無制限をキャリア最安値で利用できることです。

通話料金も、専用アプリ「Rakuten Link」なら、他社スマホや固定電話へも完全無料かけ放題です。

くわえて「海外インターネット無料、楽メール無料付与、選べる電話番号サービス」など、魅力的なサービスを提供しています。

楽天モバイルは、契約事務手数料0円にくわえ、他社から乗り換えで楽天ポイント6,000ptを還元中です。

≫ 楽天モバイルに申し込む

組み合わせ④:povo + ahamo 月2,970円/20GB~

povo+ahamo

povoとahamoの組み合わせは、povoの料金に+月2,970円/20GBから利用できます。ahamoの概要は次のとおりです。

ahamoの概要
月額料金 20GB:2,970円
100GB:4,950円(大盛り)
基本通話料 22円 / 30秒
通話オプション 5分かけ放題:無料
かけ放題:月額1,100円
契約事務手数料 無料0円
契約解除料 無料0円
SIMタイプ eSIM、SIMカード
使用回線 ドコモ 4G/5G
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:105.70Mbps
※ahamoに関する注釈事項はこちら

povoとahamoの組み合わせは、高速通信とデータ容量を重視する方におすすめです!

まずpovoも速いですが、ドコモブランドの「ahamo」は、ドコモ主回線を通し格安SIM最速級の速度を誇ります。

ahamoの料金プランは、20GB/月2,970円のワンプランですが、大盛りオプションで大容量100GBを月4,950円で使えます。

通話料金も、5分かけ放題を無料で使えるので、月々の電話代を大幅に削減可能です。

さらに「海外インターネット無料(20GB迄)、Wi-Fiスポット無料、dポイント付与」といった、俊逸なサービスを提供しています。

ahamoは契約事務手数料0円なうえ、事前エントリーキャンペーンでさらにお得に申し込めます。

≫ ahamoに申し込む

組み合わせ⑤:povo + mineo 月1,298円/1GB~

povo+mineo

povoとmineoの組み合わせは、povoの料金に+月1,298円/1GBから利用できます。mineoの概要は次のとおりです。

mineoの概要
月額料金
(マイピタ・デュアルタイプ)
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
基本通話料 22円 / 30秒
通話オプション 10分かけ放題:月額550円
かけ放題:月額1,210円
10分通話パック:月額110円
契約事務手数料 3,300円
SIMカード発行料:440円
契約解除料 無料0円
使用回線
(契約時に選択)
ドコモ 4G/5G、au 4G/5G、ソフトバンク 4G/5G
SIMタイプ eSIM、SIMカード
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:41.23Mbps

povoとmineoの組み合わせは、データ使い放題を格安利用したい方におすすめです!

mineoは1.5Mbpsの速度でデータ無制限の「パケット放題 Plus:月385円」があり、10GB/20GBプランなら無料利用できます。

mineoの料金プランは、1GB~20GBの4プランがあり、リーズナブルな料金で多彩なサービスを使えます。

回線は、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから選べ、ドコモを選択すると「povo(au)+ドコモ」の組み合わせを可能です。

ただ、キャリアから回線を借り受けているため、混雑時の昼休みと夜間は速度低下します。

mineoは、付帯機能や独自サービスが充実していて、使いやすさには定評があります。

≫ mineoに申し込む

組み合わせ⑥:povo + IIJmio 月850円/2GB~

povo+IIJmio

povoとIIJmioの組み合わせは、povoの料金に+月850円/2GBから利用できます。IIJmioの概要は次のとおりです。

IIJmioの概要
月額料金
(ギガプラン/音声SIM)
2GB:850円
4GB:990円
8GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
30GB:2,700円
40GB:3,300円
50GB:3,900円
基本通話料 11円 / 30秒
通話オプション 5分かけ放題:月額500円
10分かけ放題:月額700円
かけ放題:月額1,400円
契約事務手数料 3,300円
SIMカード発行手数料:433円~446円
契約解除料 無料0円
使用回線
(契約時に選択)
ドコモ 4G/5G、au 4G/5G
SIMタイプ eSIM、SIMカード
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:49.06Mbps

povoとIIJmioの組み合わせは、とにかく安い格安SIMを使いたい方におすすめです!

IIJmioの料金プランは、2GB~50GBの8プランがあり、それぞれ業界最安クラスの料金で利用できます。

2GBを月850円から使え、20GBも月2,000円といったように、とにかく安いのが特徴で料金重視の方にピッタリです。

回線は、ドコモとauの2キャリアから選べ、安定のドコモを選択すると「povo(au)+ドコモ」の組み合わせをできます。

ただし、回線はキャリアから借り受けているため、通信速度はそれなりです。

IIJmioは格安SIMの老舗で、付帯サービスやサポートに定評があり安心して利用できます。

≫ IIJmioに申し込む

組み合わせ⑦:povo + LIBMO 月792円/3GB~

povo+LIBMO

povoとLIBMOの組み合わせは、povoの料金に+月980円/3GBから利用できます。LIBMOの概要は次のとおりです。

LIBMOの概要
月額料金
(なっとくプラン)
3GB:980円
8GB:1,380円
20GB:1,991円
30GB:2,728円
基本通話料 22円 / 30秒
通話オプション 5分かけ放題:月額550円
10分かけ放題:月額770円
かけ放題:月額1,430円
契約事務手数料 3,300円
SIM発行手数料:433円
契約解除料 無料0円
使用回線 ドコモ 4G
SIMタイプ SIMカード
通信速度
(参照元:みんそく)
下り平均速度:20.87Mbps

povoとLIBMOの組み合わせは、20GB~30GBを安く使いたい方おすすめです!

LIBMOの料金プランは、3GB~30GBの4プランがあり、とくに20GB/30GBプランは他社に比べても格安です。

ちなみに、格安SIMの中で20GBプランを月2,000円以下で使えるのは、今のところLIBMOしかありません。

LIBMOはドコモ回線を使うので「povo(au)+ドコモ」の組み合わせです。ただしドコモ5Gには非対応です。

なお、ドコモからの借り受け回線のため、混雑時の昼休みや夕方は速度低下します。

LIBMOは、生活応援キャンペーンにより、TLCポイント最大10,560ptをプレゼント中です。

≫ LIBMOに申し込む

デュアルSIM運用方法iPhone・Android編

iPhoneとAndroidでデュアルSIM運用の組み合わせパターンを紹介します。

おもなデュアルSIMの組み合わせは、次の3とおりです。

  1. nanoSIM(SIMカード) × eSIM(本体一体型SIM)
  2. eSIM × eSIM
  3. nanoSIM × nanoSIM

では、iPhoneとAndroidのデュアルSIM運用をそれぞれ解説します。

iPhoneのデュアルSIM組み合わせパターン

iPhoneでデュアルSIM運用する場合、SIMの組み合せパターンは次のとおりです。

参照元:Apple 日本

デュアルSIMの組み合わせ デュアルSIMの種類
iPhone 13
iPhone 14
iPhone 15
iPhone SE(第3世代)
eSIM × 2
nanoSIM × eSIM
DSDV、DSDS
iPhone XR
iPhone XS
iPhone 11
iPhone 12
nanoSIM × eSIM

ご覧のようにiPhone 13~15シリーズ、iPhone SE(第3世代)シリーズは、eSIM×2やnanoSIM×eSIMでデュアルSIM運用を可能です。

ただ、iPhoneは、SIMカード×2のデュアルSIM運用はできないため、一方をeSIMにする必要があります。

したがって、povoでデュアルSIMする場合「povo/SIMカード×他社/eSIM」、「povo/eSIM×他社/eSIM」の2パターンです。

AndroidのデュアルSIM組み合わせパターン

AndroidでデュアルSIM運用する場合、SIMの組み合せパターンは次のとおりです。

以下は、楽天モバイルで販売中や販売されたデュアルSIM機種をメインに紹介しています。

参照元:楽天モバイル

デュアルSIMの組み合わせ デュアルSIMの種類
Rakuten Hand 5G eSIM × 2 DSDV、DSDS
OPPO Reno3 A nanoSIM × 2 DSDV
OPPO Reno5 A nanoSIM × 2、nanoSIM × eSIM
OPPO Reno7 A nanoSIM × 2、nanoSIM × eSIM
OPPO A73 nanoSIM × eSIM
OPPO A55s 5G nanoSIM × 2、nanoSIM × eSIM
AQUOS zero6 nanoSIM × eSIM
AQUOS wish nanoSIM × eSIM
AQUOS sense4 lite nanoSIM × eSIM
AQUOS sense4 plus nanoSIM × 2
AQUOS sense6 nanoSIM × eSIM
AQUOS sense6s nanoSIM × eSIM
AQUOS sense7 nanoSIM × eSIM
Galaxy A23 5G nanoSIM × eSIM
Galaxy Z Flip4 nanoSIM × eSIM
Xperia 5 IV nanoSIM × eSIM
Xperia 10 IV nanoSIM × eSIM
Xperia 10 III Lite nanoSIM × eSIM
Redmi Note 11 Pro 5G nanoSIM × eSIM

以上のとおり、Androidは機種によってデュアルSIMの組み合わせパターンは異なります。

このことから、AndroidでデュアルSIM運用する場合「機種名+デュアルSIM」で検索してSIMの組み合わせ確認しましょう。

なお、デュアルSIM端末を探している方は、格安購入できる楽天モバイルを一度下見してみて下さい。

≫ 楽天モバイルのスマホを見る

povoとデュアルSIMのデメリットは2つ

povoとデュアルSIM デメリット

ここでは、povoとデュアルSIMのデメリット2つを紹介します。

2つのデメリットは次のとおりです。

  1. povoは180日以内に要トッピング
  2. バッテリー消費が通常より早い

それぞれ解説していきます。

デメリット①:povoは180日以内に要トッピング

povo2.0は、180日以内に1回トッピングしないと、利用停止後に契約解除の措置が取られます。

ただ、突然解約される訳ではなく、利用停止予定日の10日前にpovoから「利用停止予告」のメールが届きます。

その際は、最安のデータ使い放題330円(24時間有効)をデータトッピングしましょう。

デメリット②:バッテリー消費が通常より早い

デュアルSIM運用すると、スマホのバッテリー消費は通常よりも早くなります。

原因は、シングルSIMなら電波は1つしか掴みませんが、デュアルSIMは2つの電波にスタンバイしているためです。

大容量バッテリーの機種なら問題ありませんが、フル充電で1日しか持たない機種はデュアルSIMに向いていません。

povoとデュアルSIMのメリットは5つ

povoとデュアルSIM メリット

つづいて、povoとデュアルSIMのメリット5つを紹介します。

5つのメリットは次のとおりです。

  1. スマホ1台で電話番号を2つ持てる
  2. どちらかの通信障害に対応できる
  3. データ無制限のSIMと併用できる
  4. 通話料金の完全無料を実現できる
  5. 目的に合せたプラン作りができる

それぞれ解説していきます。

メリット①:スマホ1台で電話番号を2つ持てる

デュアルSIM運用すると、スマホ1台で電話番号を2つ持てるので利便性は高まります。

例えば、povoをプライベート用に、他社SIMを仕事用にといった、電話番号の使い分けをできます。

さらに、昨今は様々なサービスで、SMS認証を求められるので、そんな時も電話番号が2つあると何かと便利です。

メリット②:どちらかの通信障害に対応できる

通信トラブルは突然起きますが、デュアルSIM運用ならどちらかの通信障害に対応可能です。

例えば、povo/au回線+LINEMO/ソフトバンク回線の組み合わせなら、次のようなトラブルに備えられます。

もしもau回線に通信障害が起きた場合なら、その間はソフトバンク回線を使って電話やネットにアクセスできます。

メリット③:データ無制限のSIMと併用できる

メリットの3つめは、デュアルSIMならpovoとデータ無制限の格安SIMと併用可能です。

povoにはデータ無制限プランはありませんが、楽天モバイルならデータ無制限を月3,278円の格安利用できます。

また、mineoのように低速(最大1.5Mbps)ですが「パケット放題 Plus」を、月385円で使える格安SIMもあります。

メリット④:通話料金の完全無料を実現できる

povoと楽天モバイルのデュアルSIMなら、通話料の完全無料を実現できます。

楽天モバイルユーザーは、無料通話アプリ「Rakuten Link」の利用で、他社スマホや固定電話へも無料かけ放題です。

また、5分かけ放題であればahamoとLINEMO(7ヶ月間)なら、月額無料なうえに専用アプリ不要で使えます。

メリット⑤:目的に合せたプラン作りができる

デュアルSIM運用なら目的や用途に合せた最適なプラン作りをできます。

例えば、ahamoなら海外インターネット無料、LINEMOならLINEアプリ使い放題といったように、各社に独自のサービスがあります。

このように、自分の使いたいサービスとpovoを組み合わせると、使い勝手のよいデュアルSIMのできあがりです。

デュアルSIM最強の組み合わせブランド別編!

ここでは、ブランド別にデュアルSIMの最強組み合わせを紹介しています。

povoは本記事で紹介しましたので、それぞれのブランドは以下の記事をご覧ください。

デュアルSIM@4キャリア編
ドコモ ドコモとデュアルSIMならココ!最強の組み合わせ7選を紹介!
au auとデュアルSIM最強の組み合わせ!厳選7社を全解説!
ソフトバンク ソフトバンクとデュアルSIM最強の組み合わせ!厳選7社を紹介!
楽天モバイル 楽天モバイルとデュアルSIM最強の組み合わせ!厳選7社を全解説!
ワイモバイル ワイモバイルとデュアルSIM最強の組み合わせ!厳選7社を紹介!
UQモバイル UQモバイルとデュアルSIM最強の組み合わせ!厳選7社を紹介!
mineo mineoとデュアルSIM最強の組み合わせ!厳選おすすめ7社はココ!
irumo irumoとデュアルSIM最強の組み合わせ!おすすめ7社を厳選紹介!

まとめ

povoとデュアルSIM最強の組み合わせのまとめです。

お伝えしたとおり、デュアルSIMは通信障害対策にもなり、電話番号を2つ持てるなど多くのメリットがあります。

そこで、もう一度povoとのデュアルSIM7選を確認してみましょう。

特徴 各社公式サイト
① povo + LINEMO
おすすめ度5
3GB/月990円~
LINEアプリ完全使い放題!
≫ LINEMO 公式サイト
② povo + irumo
おすすめ度5
0.5GB/月550円~
安心安定のドコモブランド!
≫ irumo 公式サイト
③ povo + 楽天モバイル
おすすめ度4.5
3GB/月1,078円~
Rakuten Linkで通話料無料!
≫ 楽天モバイル 公式サイト
④ povo + ahamo
おすすめ度4.5
20GB/月2,970円~
ドコモブランドの最速格安SIM!
≫ ahamo 公式サイト
⑤ povo + mineo
おすすめ度4.5
1GB/月1,298円~
パケット放題 Plusで使い放題!
≫ mineo 公式サイト
⑥ povo + IIJmio
おすすめ度4
2GB/月850円~
格安SIM最安値クラスの料金!
≫ IIJmio 公式サイト
⑦ povo + LIBMO
おすすめ度4
3GB/月970円~
20/30GBを格安利用できる!
≫ LIBMO 公式サイト

以上の7社は、数ある格安SIMの中で多くのユーザーが利用する人気の7社です。

それでは、povoと組み合わせて、デュアルSIMのいいとこ取りして快適なスマホライフを送ってください!

格安SIM

Posted by wifi-park