LINEMOとOCNモバイルONEを15項目で完全比較!どっちがいい!?

LINEMO OCNモバイルONE 比較

この記事は「LINEMO」と「OCNモバイルONE」を15項目で比較し、どっちがいいか分かりやすくまとめています。

簡単に2社の特徴を紹介します。

3GB/月990円~LINEアプリ使い放題のLINEMO

500MB/月550円~格安プランのOCNモバイルONE

LINEMOは、現在キャンペーンを開催し、3GB(ミニプラン)は半年間実質無料に、20GB(スマホプラン)ならpaypay最大10,000円分がもらえます。

2社の比較内容をくわしく知りたい方は引き続きこの記事を、両社の公式サイトをチェックする方は以下からどうぞ!

LINEMOとOCNモバイルONEの基本情報一覧

LINEMOとOCNモバイルONEの基本情報を一覧表にしましたので、違いをそれぞれチェックしてみてください。

以下の表では、2社のプラン内容や付帯サービス一覧が確認できます。

LINEMO OCNモバイルONE
運営会社 ソフトバンク NTTコミュニケーションズ
サービス開始 2021年3月17日 2013年8月29日
月額料金 3GB:990円
20GB:2,728円
500MB:550円
1GB:770円
3GB:990円
6GB:1,320円
10GB:1,760円
契約事務手数料 0円 3,300円
SIMカード手配料:433円
契約解除料 0円 0円
国内通話料金 22円 / 30秒 22円 / 30秒
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字
最低利用期間 なし なし
開始月料金 日割り 無料
SIM eSIM、SIMカード SIMカード
利用回線 ソフトバンク 4G、5G ドコモ 4G、5G
節約モード ✕ 未対応 ◯ 対応
データ繰り越し ✕ 未対応 ◯ 対応
データチャージ 1GB:550円 1GB:550円
テザリング ◯ 対応 ◯ 対応
Wi-Fiスポット ✕ 未対応 ✕ 未対応
メールアドレス ✕ 未対応 ◯ 対応:無料
留守番電話 ✕ 未対応 ◯ 対応:月額330円
国内通話オプション 5分かけ放題:月額550円
かけ放題:月額1,650円
10分かけ放題:月額935円
トップ3かけ放題:月額935円
かけ放題:月額1,430円
LINE年齢認証 ◯ 対応 ◯ 対応
申し込み方法 オンライン 店頭、オンライン
サポート オンラインチャット 電話、オンラインチャット
モバイルルーター販売 ✕ 未販売 ◯ セット販売
スマホ販売 ✕ 未販売 ◯ セット販売
キャッシュバック 最大10,000円分(paypay)
キャリア決済 ソフトバンクまとめて支払い ✕ 未対応
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード

LINEMOとOCNモバイルONEを15項目で比較

LINEMOとOCNモバイルONEを15項目で比較しましたので、気になる項目をそれぞれチェックしてみてください。

15の比較項目は以下の通りです。

それぞれについて解説していきます。

比較➀:料金プラン

LINEMOとOCNモバイルONEの料金プランの比較です。

LINEMO
(ミニプラン/スマホプラン)
OCNモバイルONE
(音声対応SIM)
月額料金 3GB:990円
20GB:2,728円
500MB:550円
1GB:770円
3GB:990円
6GB:1,320円
10GB:1,760円
使用回線 ソフトバンク ドコモ

LINEMOのデータプランは、3GBと20GBの2つになります。

人気の3GBは月990円で使え、容量の大きい20GBも月2,728円といったように、どちらもサブブランド最安値です。

参考までに、ドコモサブブランドのahamoは、20GBが月2,970円になっています。

一方、OCNモバイルONEのデータプランは、500MB~10GBまでの5つがあります。

500MB月550円から使え、最大10GBでも月1,760円といったように、格安SIMの中でも安さはピカイチです。

くわえて、初月の料金は無料になっています。

以上をふまえ、料金で選ぶなら、3GBと20GBはLINEMOがおすすめで、4GB~10GBならOCNモバイルONEがおすすめです。

比較➁:各種手数料(初期費用など)

LINEMOとOCNモバイルONEの各種手数料の比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
契約事務手数料 0円 3,300円
SIMカード手配料:433円
契約解除料 0円 0円
MNP転出手数料 0円 0円
SIMカード再発行手数料 0円 1,980円
eSIM再発行手数料 0円

LINEMOは、初期費用にあたる契約事務手数料は0円です。

一方、OCNモバイルONEは、初期費用に契約事務手数料3,300円+433円=3,733円が発生します。

解約や乗り換えにともなう「契約解除料」と「MNP転出手数料」は、2社ともに無料になっており解約等はスムーズに行えます。

SIMカード再発行手数料は、SIMを紛失や破損した場合に再発行する際の手数料になります。

以上のように、LINEMOなら契約事務手数料0円により、出費なしで契約できます。

≫ LINEMOなら契約事務手数料0円

比較➂:通話料とかけ放題

LINEMOとOCNモバイルONEの通話料金とかけ放題の比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
基本通話料 22円 / 30秒 22円 / 30秒
国内通話オプション 5分かけ放題:月額550円
かけ放題:月額1,650円
10分かけ放題:月額935円
トップ3かけ放題:月額935円
かけ放題:月額1,430円
キャンペーン料金 5分かけ放題:1年間無料
かけ放題:1年間月額1,100円
SMS送信料 3.3円 / 70文字 3.3円 / 70文字

基本通話料とSMS送信料は、LINEMOとOCNモバイルONEともに同額です。

通話料が安くなる、2社の通話オプションを見ていきましょう。

LINEMOは割安キャンペーンにより、5分かけ放題なら1年間無料、かけ放題は1年間月額1,100円になり、かなりお得になっています。

一方、OCNモバイルONEは3つのオプションがあり、10分かけ放題は月935円、かけ放題が月1,430円です。

2社ともに、かけ放題を利用する際に専用アプリは不要で、スマホの標準アプリから発着信ができます。

以上のように、LINEMOならかけ放題を1年間キャンペーン料金で使えます。

≫ 通話料がお得なLINEMO

比較➃:支払い方法

LINEMOとOCNモバイルONEの支払い方法の比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
支払い方法 ・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
キャリア決済 ソフトバンクまとめて支払い ✕ 未対応

LINEMOの支払い方法は、クレジットカードと口座振替に対応しています。

そのため、LINEMOならクレジットカードを持っていなくても、申し込み可能です。

キャリア決済にも対応していて、契約後であれば「ソフトバンクまとめて支払い」を利用できます。

一方、OCNモバイルONEの支払い方法はクレジットカードのみです。

なお、数ある格安SIMの中で、口座振替に対応しているのはLINEMOを含め数社になっています。

以上のように、LINEMOなら多彩な支払い方法が用意されています。

≫ 口座振替対応のLINEMO

比較➄:申し込み(乗り換え)キャンペーン

LINEMOとOCNモバイルONEの申し込み(乗り換え)キャンペーンの比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
キャンペーン ・PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン
(PayPay最大10,000円分)
・ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン
✕ なし

LINEMOは、3GBと20GBプランのいずれも申し込みキャンペーンを開催しています。

3GB(ミニプラン)は、新規契約と乗り換えともに、PayPayポイント990円分を6ヶ月間還元されます。これにより、ミニプランが半年間実質無料です。

20GB(スマホプラン)は、新規契約は3,000円分を、乗り換えなら10,000円分の、PayPayポイントをプレゼントされます。

一方、OCNモバイルONEは、現在申し込みキャンペーンは開催していません。

なお、いずれのキャンペーンも、予告なく変更・終了する場合があります。

以上のように、LINEMOなら新規と乗り換え問わず、申し込みキャンペーンを開催しています。

≫ LINEMOに申し込む

比較➅:LINE特典

LINEMOとOCNモバイルONEのLINE特典の比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
LINEアプリ データを消費しない データを消費する
LINEスタンプ 無料特典あり 特典なし

LINEMOは、「LINEギガフリー」により、LINEアプリが完全使い放題です。

これにより、データ量を気にせずに、LINEアプリ「トーク、音声通話、ビデオ通話」を利用できます。

くわえて、LINEMO20GB(スマホプラン)なら、「LINEスタンプ プレミアム」をキャンペーンにより実質無料で使えます。

LINE特典については、LINEMOとLINEは同じソフトバンクグループになりグループ還元策によるものです。

このように、お馴染みのLINEアプリが使い放題とあって、LINEMOはいま人気の格安SIMになっています。

一方、NTTグループのOCNモバイルONEは、ここでは出番なしです。

以上のとおり、LINEアプリを普段使いしている方は、LINEMOを選ぶとお得ですよ。

≫ LINEMOならLINE使い放題

比較➆:実際の通信速度

LINEMOとOCNモバイルONEの通信速度の比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
下り平均速度 46.15Mbps 35.46Mbps
上り平均速度 3.25Mbps 0.50Mbps
回線 SoftBank 4G NTT Docomo 4G
測定画像
(画像クリックで拡大)
LINEMOの通信速度 OCNモバイルONEの速度

料金プランと並んで重要なのが通信速度です。

上の表は、LINEMOとOCNモバイルONEの通信速度を5回計測した上り・下りの平均速度になります。

LINEMOは、SoftBank 4G回線を利用し、下り平均速度「46.15Mbps」、下り最大速度「55.39Mbps」を計測しました。

OCNモバイルONEは、Docomo 4G回線を利用し、下り平均速度「38.87Mbps」、下り最大速度「44.11Mbps」を計測しました。

以上のように、LINEMOの方が速いですが、どちらもキャリアメイン回線を使いますので、格安SIMの中でも抜群の速度を誇っています。

これが、一般的な格安SIMのようにキャリアから回線を借り受けている場合は、下り10Mbps前後がやっとです。

快適な動画視聴には、下り15Mbps以上必要ですが、LINEMOとOCNモバイルONEともに大幅にクリアしています。

比較⑧:eSIM

LINEMOとOCNモバイルONEのeSIMの比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
eSIM ◯ 対応 ✕ 未対応

LINEMOは、eSIMに対応し、申し込み時にeSIMとSIMカードのどちらか選べます。

これにより、eSIMと他社SIMカードを併用しデュアルSIM運用も可能です。

一方、OCNモバイルONEはeSIMに対応してません。

eSIMとは、スマホに内蔵された「本体一体型SIM」になり、従来のようにSIMカードを挿入する必要がありません。

開通手続きはオンライン上で完結し、契約後に発行されるプロファイルをインストールすると完了です。

以上のように、LINEMOは即日開通できるeSIMに対応しています。

≫ eSIMならLINEMO

比較⑨:テザリング

LINEMOとOCNモバイルONEのテザリングの比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
テザリング ◯ 対応 ◯ 対応

LINEMOとOCNモバイルONEともに、テザリングは基本契約に含まれ無料で使えます。

この2社のテザリングは、手続き不要で契約データ量まで制限なしで利用できます。

テザリング機能を利用すると、手元のスマホがWi-Fiルーター代わりになり、パソコン、タブレット等の周辺機器もインターネットへ接続できます。

つまり、スマホの通信エリア内は、テザリングによりネット接続できるため、持ち運びできるノートパソコン等は、お気に入りのスペースで作業ができます。

iPhoneとAndroidともに、テザリング機能は標準搭載されていますので、ぜひ利用してみてください!

以上のように、LINEMOとIIJmioともにテザリングが無料利用できます。

比較⑩:データ繰り越し

LINEMOとOCNモバイルONEのデータ繰り越しの比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
データ繰り越し ✕ 未対応 ◯ 対応

LINEMOはデータ繰り越しに対応していません。

一方、OCNモバイルONEは、「基本通信容量繰り越しサービス」により、余ったデータを翌月に繰り越しされます。

OCNモバイルONEのデータ繰り越し条件は以下の通りです。

例えば、10GBプランで2GB余った場合は、翌月は10GB+2GB=12GBのデータ量を利用できます。

繰り越したデータ量の利用期限は翌月末までになり、例としては、11月に繰り越したデータ量は12月末が有効期限です。

以上のように、OCNモバイルONEならデータ繰り越しにより効率的にデータ利用できます。

≫ データ繰り越し対応のOCNモバイル

比較⑪:利用エリア

LINEMOとOCNモバイルONEの利用エリアの比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
4Gエリア ソフトバンク 4G ドコモ 4G
5Gエリア ソフトバンク 5G ドコモ 5G
サービスエリア ソフトバンクサービスエリア ドコモサービスエリア

LINEMOは、ソフトバンクの4G/5Gエリアを利用します。

一方、OCNモバイルONEはドコモの4G/5Gエリアを利用します。

このように、2社ともに従来の4Gと最新5Gに対応しています。

5Gは、従来の4Gに比べ20倍近く高速通信しますので、5Gエリアの方はぜひ利用しましょう。

参考までに、5G人口カバー率は、auの90%がトップで、ソフトバンクが85%で続き、ドコモは70%の3番手です。

以上のように、LINEMOとOCNモバイルONEともに高速5Gに対応しています。

比較⑫:メールアドレス

LINEMOとOCNモバイルONEのメールアドレスの比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
メールアドレス ✕ 未提供 ◯ 無料提供

LINEMOは、メールアドレス未提供です。

一方、OCNモバイルONEは、「◯◯◯@△△△.ocn.ne.jp」のメールアドレスを、1契約につき1アドレスを無料提供されます。

参考までに、現在キャリアメールを利用している方は、この2社へ乗り換えても今のメールは利用可能です。

2021年12月からドコモ、au、ソフトバンクの3社は「キャリアメール持ち運びサービス」を開始し、乗り換え前のキャリアに月額330円を支払うと継続使用できます。

以上のとおり、OCNモバイルONEはメールアドレスを無料利用できます。

≫ メールアドレス無料のOCNモバイル

比較⑬:データチャージ

LINEMOとOCNモバイルONEのデータチャージの比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
データチャージ料金 1GB:550円 1GB:550円
チャージ方法 オートチャージ 手動チャージ

データチャージは、契約データ量を超過した際に、引き続き高速通信したい場合に利用します。

LINEMOは、1GB/550円データチャージでき、便利なオートチャージにも対応しています。

一方、OCNモバイルONEも1GB/550円でき、アプリやOCNマイページからの手動チャージできます。

なお、2社のデータ超過後の速度は以下の通りです。

LINEMOは、3GB(ミニプラン)は300kbps、20GB(スマホプラン)なら1Mbpsになり、1Mbpsの通信速度であれば、Web閲覧やSNSは可能で、必要以外はチャージ不要です。

対して、OCNモバイルONEの200kbpsなり、メールは可能ですがWeb閲覧は使い物になりませんので、データチャージをおすすめします。

以上のように、LINEMOとOCNモバイルONEともに、1GB/550円でデータチャージできます。

比較⑭:サポート体制

LINEMOとOCNモバイルONEのサポート体制の比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
電話サポート ✕ 未対応 ◯ 対応(フリーダイヤル)
オンラインチャット ◯ 対応 ◯ 対応

LINEMOは、オンライン専用ブランドになり、サポートや手続き等もすべてオンラインでのやりとりです。

対して、OCNモバイルONEは「OCNテクニカルサポート」で、フリーダイヤルでオペレーターさんの有人サポートを受けれます。

私も、サポートセンターに電話したことがありますが、女性オペレーターさんがテキパキと対応してくれました。

感想は、さすがNTTグループの格安SIMといえる内容でした。

このように、OCNモバイルONEのサポートは充実しており、質問や各種手続きもスムーズに進行します。

以上のとおり、いざという時に対人サポートがあると安心だという方は、OCNモバイルONEをおすすめします。

≫ サポート重視ならOCNモバイル

比較⑮:スマホセット販売

LINEMOとOCNモバイルONEのスマホセット販売の比較です。

LINEMO OCNモバイルONE
スマホ販売 ✕ 未販売 ◯ 販売

LINEMOは、スマホセット販売していません。

一方、OCNモバイルONEは、最新AndroidやiPhoneをセット販売しています。

Androidは、実質1円で購入できる機種もあり、各メーカーの最新Androidスマホをキャンペーン価格で購入できます。

iPhone12シリーズも取り扱っており、中古や未使用のiPhoneシリーズも格安で購入可能です。

OCNモバイルONEでセット購入したスマホは、ネットワーク設定済みになり、面倒なAPN設定も不要で届いてすぐに使えます。

以上のように、OCNモバイルONEなら格安でスマホセット購入できます。

≫ スマホセット購入ならOCNモバイル

LINEMOとOCNモバイルONEのメリットとデメリット

ここでは、LINEMOとOCNモバイルONEのメリットとデメリットを解説しています。

LINEMOのメリットとデメリット

最初に、LINEMOのメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

メリット デメリット
・3GBが月額990円
・契約事務手数料0円
・口座振替に対応
・paypay最大1万円分プレゼント
・高速5G対応
・eSIM対応
・LINEアプリ使い放題
・LINEスタンプの無料特典
・ソフトバンクメイン回線を使える
・データ繰り越しができない
・メールアドレス未提供
・スマホセット販売をしてない

OCNモバイルONEのメリットとデメリット

つづいて、OCNモバイルONEのメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

メリット デメリット
・3GBプランは月額990円
・5つのデータプランから選べる
・メールアドレスを無料提供
・データ繰り越しができる
・節約モードに対応
・高速5G対応
・スマホのセット購入ができる
・基地局最大のドコモ回線が使える
・契約事務手数料3,733円が掛かる
・eSIMに未対応
・乗り換えキャンペーンがない

【結論】LINEMOとOCNモバイルONEの比較!

ここまで、LINEMOとOCNモバイルONEの15項目を比較してきた結論になります。

どちらが良いのかカテゴリーごと点数を付けましたので、2社を選ぶ際の指標にしていただければ幸いです!

LINEMOの総合評価は92点

LINEMOを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「92点」です。

LINEMOの総合評価
料金プラン 評価5
通信速度 評価4.5
通話料金 評価5
特典・キャンペーン 評価5
付帯サービス 評価4
サポート体制 評価4
総合評価 92点

LINEMOがおすすめの人

LINEMOがおすすめの人は、速度重視やLINEアプリを普段使いする方です。

料金プランは、LINEMOの3GBは月額990円、20GBは月額2,728円といったように、サブブランド最安値になっています。そのうえ、初期費用の契約手数料0円です。

くわえて、LINEアプリはLINEギガフリーにより使い放題です。

かけ放題もキャンペーンにより、5分かけ放題なら1年間無料、かけ放題が1年間月額1,100円と、通話料を大幅節約できます。

通信速度は、ソフトバンクプラチナバンドを利用し、格安SIMでもピカイチの速さを誇っています。

キャッシュバックもあり、新規や乗り換えでpaypay最大10,000円分がプレゼントされます。

LINEMOのおすすめポイントは「3GB月990円」と「LINE使い放題」です!

LINEMOに申し込む

OCNモバイルONEの総合評価は90点

OCNモバイルONEを6カテゴリーでランク付けしました。総合評価は「90点」です。

OCNモバイルONEの総合評価
料金プラン 評価5
通信速度 評価4
通話料金 評価4
特典・キャンペーン 評価4
付帯サービス 評価5
サポート体制 評価5
総合評価 90点

OCNモバイルONEがおすすめの人

OCNモバイルONEがおすすめの人は、速度と料金どちらも譲れない方です。

料金は、格安SIMの中でもピカイチで、500MBを月550円から使え、最大10GBも月1,760円といったように、5つあるデータプランはいずれもコスパ抜群です。

くわえて、初月の料金は無料のため、月初に申し込むと1ヶ月分お得になります。

通信環境も、ドコモメイン回線を利用し高速通信しますので、ネットも動画もストレスフリーで楽しめます。

付帯サービスも充実しており、「メールアドレス無料、データ繰り越し、節約モード」等に対応し、格安SIM中でもトップクラスを誇っています。

端末セット購入する際も、Android1円スマホや最新機種が格安で用意されています。

OCNモバイルONEのおすすめポイントは「格安な料金プラン」と「付帯サービスの充実」です!

OCNモバイルONEに申し込む

LINEMOとOCNモバイルONEを他社と比較

LINEMOとOCNモバイルONEを他社と比較した記事一覧です。

LINEMO OCNモバイルONE
「LINEMO」「ワイモバイル」比較 「OCNモバイルONE」「UQモバイル」比較
「LINEMO」「UQモバイル」比較 「OCNモバイルONE」「楽天モバイル」比較
「LINEMO」「楽天モバイル」比較 「OCNモバイルONE」「ワイモバイル」比較
「LINEMO」「ahamo」比較 「OCNモバイルONE」「マイネオ」比較
「LINEMO」「マイネオ」比較 「OCNモバイルONE」「IIJmio」比較
「LINEMO」「IIJmio」比較 「OCNモバイルONE」「ahamo」比較
「LINEMO」「NUROモバイル」比較 「OCNモバイルONE」「NUROモバイル」比較

気になる格安SIMがあれば、それぞれの比較記事をチェックしてみてください。

ご自分に合った格安SIMが見つかるかもしれません。

いずれも、キャリアサブブランドや大手通信会社が運営する人気の格安SIMで、多くのユーザーが利用しています。

LINEMOとOCNモバイルONEの併用もおすすめ!

ここでは、LINEMOとOCNモバイルONEの併用について紹介しています。

LINEMO OCNモバイルONE
契約事務手数料 0円 3,300円
SIMカード手配料:433円
月額料金 3GB:990円 500MB:550円
SIM併用案 ➀ eSIM SIMカード
SIM併用案 ➁ SIMカード SIMカード

2022年7月2~5日に起きたKDDI(au)の大規模な通信障害で、デュアルSIMのメリットが一層注目されています。

LINEMOとOCNモバイルONEの併用案を簡単に解説します。

最初に契約事務手数料ですが、LINEMOなら0円、OCNモバイルONEは3,733円になり、合わせて3,733円で契約できます。

つぎに月額料金は、LINEMOは3GB月990円、OCNモバイルONEは500MB月550円の、合わせて3.5GBを月額1,540円で使えます。

SIM併用は、LINEMOはeSIMがありますので、OCNモバイルONEのSIMカード(物理SIM)と組合せが可能です。

以上のように、デュアルSIM運用すれば、月額1,540円で2社のSIMを併用でき、仕事用やプライベートといった2つの電話番号が持てます。

デュアルSIMのメリットは他にもあり、一方のSIMが通信障害になった時のカバーにもなります。

まとめ

ここまで、LINEMOとOCNモバイルONEを15項目で徹底比較してきました。

LINEMOは、ソフトバンクサブブランドになり、抜群の通信速度と料金はサブブランド最安値です。

一方、OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズ運営する、老舗格安SIMで速度と料金には定評があります。

以上をふまえ、好みや直感で選らんでも「失敗した・・・」「止めておけばよかった・・・」といったことはありません。

なぜなら、この2つは日本を代表する通信会社が運営する格安SIMで、一長一短もありますがどちらを選んでも失敗はしません。

すでに、この2社にフォーカスしている方は、しっかりと事前調査されいる証拠ですのでご安心ください。

それでは、この記事を参考に自分に合った方を選んで、お得かつ快適にスマホを利用してくださいね!

格安SIM

Posted by wifi-park